イントリーゲIntrige

※作品説明文が登録されていないため最も読まれているレビューを表示しています

きれいな細かい絵だったので勝手に大箱イメージしていたのですが、中箱でした。

4人で遊びました!

ゲームの概要

終了条件は、5ラウンド+収入フェーズが終わったとき。
勝利条件は、終了時に一番お金を持っていた人です。

それぞれ自国の城を持っていて、4種類の専門家を雇う枠があります。給料は、1000円、3000円、6000円、10000円です。
自国には4種類×2人の専門家がいます。これは後に他国に派遣するものです。
手持ちのお金を1000×2、5000×2、10000×2持って、スタートです。

↑わたしは青緑っぽい国。敵国は青の国、黒の国、白の国です。


スタートプレイヤーから順に、時計回りに手番が移ります。

手番では3つのフェーズを行います。

①収入フェーズ:専門家を他国に配置している場合、銀行から収入がもらえます。

②雇用フェーズ:他国から専門家が雇用してーって来ていたら、雇用します。
・雇用を依頼している国と交渉を行い、賄賂を受け取ったりすることができます。
・賄賂の代わりに約束した内容通りに雇用してもいいですし、雇用しなくてもかまいません。
・1つの国の1つの専門科目ごとに1人の専門家しか必要ありません。すでに雇っている科目で雇用依頼が来た場合や同時に2人以上来た場合、雇用しない専門家は島流し(ゲームから除外)になります。

↑いろんな国にいろんな専門家が派遣されている様子。左上の箱は島。島流しにあった専門家たちが暮らしている。。


ここでの交渉、裏切りがこのゲームのコアです!


③派遣フェーズ:他国に自国の専門家2人を派遣します。


終了時にお金を数えている様子。ちなみに1位で15万2千円でした。


感想

全員で同じ専門に対して8人の専門家があるものの枠は4つなので、必ず島流しにあう専門家は発生します。
友情破壊ゲームとは言うものの、仕組み上裏切られる人が高頻度で出てきてしまうようにできているので、1回1回の裏切りにそこまで精神的な負担はないかもしれません。

ゲーム中ずっと会話・交渉が続くので、苦手な人はけっこう疲れてしまうかもしれません。


どこかと同盟のような形で専門家を派遣しあって互いに栄えたり、あまり人気のない国にとりあえず専門家を派遣して長く稼いだりと、メンバーと雰囲気によっていろんな作戦が取れると思います。

いつ裏切られるかわからないので、未来に手に入る収入よりも、即時に手に入る賄賂はとても強いと思いました。


コンポーネントは色がとてもきれいです!青色の発色がとても良い!

上記レビューの投稿者
  1. まつなが
  • 興味ある(11人)
  • 経験あり(29人)
  • お気に入り(11人)
  • 持ってる(23人)
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルイントリーゲ
原題・英題表記Intrige
参加人数3人~5人(45分前後)
対象年齢14歳から
発売時期1994年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインシュテファン・ドラ(Stefan Dorra)
アートワークエッケルト・フライターク(Eckhard Freytag)クレメン・マッソン(Clément Masson)イアン・パロヴェル(Ian Parovel)
関連企業/団体アミーゴ シュピール+フライツァイト(Amigo Spiel + Freizeit GmbH)クレイニオ クリエーションズ(Cranio Creations)F.X. シュミット(F.X. Schmid)

レビュー 2件

  • 101
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月19日 11時19分

    きれいな細かい絵だったので勝手に大箱イメージしていたのですが、中箱でした。4人で遊びました!ゲームの概要終了条件は、5ラウンド+収入フェーズが終わったとき。勝利条件は、終了時に一番お金を持っていた人です。それぞれ自国の城を持っていて、4種類の専門家を雇う枠があります。給料は、1000円、3000円、6000円、10000円です。自国には4種類×2人の専門家がいます。これは後に他国に派遣するものです。手持ちのお金を1000×2、5000×2、10000×2持って、スタートです。↑わたしは青緑っぽい国。敵国は青の国、黒の国、白の国です。スタートプレイヤーから順に、時計回りに手番が移ります。手...

    続きを読む
  • 68
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月03日 15時51分

    ひっどい(褒め言葉)裏切りゲームです。ルール自体は結構簡単ですが、交渉かなりシビアな交渉ゲームなので苦手な人は苦手かもしれません。他人の城に働かせる役職が被ってしまうと、たとえ賄賂を支払ったとしても片方は島流しになってしまうので、大金をはたいても裏切られたり、相手の足元をみて交渉をふっかけたり…あくまで「ゲーム」だということを忘れずに。裏切られても現実まで引きずらないようにお気をつけください。

    続きを読む

リプレイ 1件

  • 53
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月19日 12時54分

    リトルケイブで4人イントリーゲ。友人たち(スタートプレイヤーから順に) 青あしおさん:こういうゲームが好き。いろんな交渉術を操る。 白高田さん:状況をよく見てあまり交渉先を広めすぎず淡々と丁寧に進めるタイプ。 緑まつなが:即時現ナマ主義。ディプロマシーであしおさんがいろんな裏切り行為をする様を見ているため、警戒傾向。 黒高橋さん:まずは人を信用してどんどん交渉を進める。裏切られても果敢にチャレンジ。優しい。ゲームの進行序盤 あしおさん、高田さんでお互い専門家を抱えだす。 あしお「高田さん、1万円の関係を結びましょう!」それをみて、まつなが高橋さんが同じように専門家を相互派遣。1万円の関係...

    続きを読む

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール・インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿