マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ギャングスターGangster

ギャングたちを、行かせて、さらって、湖に捨てる。シカゴの街を巡るギャング同士の権力闘争

ほとんど毎日誰かが行方知れずになり、住民は爆弾の炸裂する音にもすっかり慣れてしまった1930年代のシカゴ。それぞれのギャングを率いるプレイヤーは、各自の部下を街に派遣して勢力を競い合い、シカゴの帝王となることを目指します。

手番では自分の車で街を移動したり、街の各区画に部下を配置したり、あるいは敵の配置した部下をトランクに詰め込んでさらってしまうこともできます。
各区画はどれだけの部下を派遣したかによって手に入る勝利点が変わるので、最も多くの点を得るために他プレイヤーの部下をさらい、各自にとって有利な状態へ盤面を調整していくことはとても重要です。

ところで、さらった人間はどうなるのでしょう? プレイヤーはギャングです。当然ただで返すなどと言う優しさを見せる必要はありませんし、トランクの容量にも限りがあります。
シカゴの街がそんな悪党のために用意する選択肢はとてもシンプルです。東に広がるミシガン湖。プレイヤーが港まで車を飛ばせばすぐさまトランクの中は空になり、中に詰められていたギャングは湖上に浮かぶゴミとなります。

ゲームは1ラウンド(=1日)×3回を行い最も多くの点を獲得したプレイヤーが勝利します。
シックなデザインにシンプルなシステム。本当に10歳にやらせていいのか悩ましいテーマではありますが、内容的には遊びやすい中量級の陣取りゲームとなっています。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 大石大石
マイボードゲーム登録者
  • 3興味あり
  • 15経験あり
  • 4お気に入り
  • 11持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘2
アート・外見1
作品データ
タイトルギャングスター
原題・英題表記Gangster
参加人数2人~5人(90分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2007年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 130
    名に参考にされています
    投稿日:2018年08月19日 15時00分

    テーマはちょっと人を選びそうな感じですが、内容的には手駒を配置してマジョリティを競う、オーソドックスな陣取りゲームです。手番でやることは基本的に車の移動か駒の乗降だけとシンプル。ランダム要素もあるので理詰めがちがちの厳しいゲームにはならず、攻撃的なやり取りが多い割りにはわいわいと楽しく遊べます。個人的に、このゲームの存在を知って即買おうと思った理由は人の配置した手駒をトランクに詰め込んで湖にポイするところ。実にスマートで悪っぽくて、いかにも無慈悲なギャングって感じがとても興味をそそられました。これがやくざのゲームだったらこうはならないんだろうなと、銃で撃ち合って直接盤上から駒を排除するよ...

    大石さんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク