マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 15分前後
  • 12歳~
  • 2017年~

フェイバリットマーケットatcktさんのレビュー

134
名に参考にされています
2017年06月24日 23時32分

ツイハイになって、文化祭を成功させよう! というゲームです。あ、ハイッパ―ツイッタラーのことです。ツイハイ。Not ツイ廃。

基本的にお客であるキューブを動かすアクションカードが複数公開されているので、それに対して2アクション行って、お客コマを動かす、というのがメインになります。


▼ゲームの概要

まず盤面を写真のように組み立てます。文化祭にやることと、それのスタッフのカードを重ねておきます。
これら2枚のカードはランダマイザ―となっており、毎回違うセットで遊べるようになっています。

その後に中央にキューブを置き、ポーンを3つ、指定に沿って配置します。ポーンは生徒会長、食いしん坊、文学少女を表しており、ゲーム中移動します。アクションカードにはこれらのポーンを基準にして動かすカードもあり、これらのいる場所がそれなりに重要です。

ツイートカードを混ぜて、3枚表向きに並べます。

各プレイヤーはサマリカードから1枚引き、裏面にある出し物を3つをこっそり担当します。

他にリツートカードをスタートプレイヤー以外に配ったら準備完了です。


手番には2回アクション出来ますが、同じツイートカードには1度しかアクション出来ません。

ツイートカードは3枚表向けられており、その内、1つを選んで、いいねを押します。ゲーム的に言うと、そのカードの下部に書かれたアクションが発生します。
主にお客キューブを動かすものです。中央から指定のアイコン(出し物のカードに描かれています)に移動させたり、ポーンを移動させ、そこに対応してキューブを移動させたり。

こうして2アクションしたら、ツイートが1つ流れて(最下部が捨て札に)、新たに1枚引かれます。手番ではさらに流すことも出来、他のプレイヤーにしてほしくないアクションはどんどん消してしまうことも出来ます。

これを助けるのがリツイートカードです。捨て山に置かれているカードをリツイートして、新たにめくられたカードとして置くことが出来ます。

これを繰り返して、中央のお客キューブがすべて移動したらゲーム終了です。

担当する出し物に来たお客の数を数えて得点とし、3種類あるボーナスを合計したら、得点の合計が高いプレイヤーが勝利します。


▼プレイの感想

世にもまれなSNSをテーマにしたゲームです。こんなに普及しているのにゲームが無いのが逆に不思議でした。

ゲームはアクションを選ぶタイプのゲームですが、基本的にテーマを楽しむ面を大きくとられている感じを受けました。
また、ツイートをいいねする、リツイートするのをゲームにうまく落とし込んでおり、なんとなく、そうしている感じがありました。

ゲームはテキストを読んだりしないと淡々とアブストラクトのように進んでしまいますので、その辺り、フォローしつつ楽しむゲームかなと思いました。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
atcktさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 8興味あり
  • 20経験あり
  • 1お気に入り
  • 26持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルフェイバリットマーケット
原題・英題表記Favorite Market
参加人数2人~4人(15分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2017年~
参考価格2,500円
クレジット
ゲームデザインイマイゆきちゃん(Yukichan)
アートワークアラレちゃん
関連企業/団体らっくむーびー(Luck Movies)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

atcktさんの投稿

会員の新しい投稿