マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 120分~140分
  • 14歳~
  • 2012年~

ディセント:第2版みなもさんのレビュー

233
名に参考にされています
2019年06月21日 20時29分

固定メンツで定期的に遊べるなら非常にコスパの良いゲーム。
数か月おきに集まってクリアまで2年ぐらいかかりました。 タイミングが合わなくて半年近く空いたりしたこともあっての2年なので集中してプレイできれば実際はそんなにかからないはずです。多分。
私は2~3話以降から吟遊詩人(これは拡張のキャラかもしれません。)で途中参加。

敵役のオーバーロード側(1人)VS冒険者側(1~4人)で別れて戦闘を通してシナリオを進めていく感じです。勝敗によって後の分岐が変わります。重要アイテムを取られると後の展開が厳しくなるという事もあります。
雰囲気としてはTRPGのタクティカルコンバットに近い形ですが、ゲームバランス的にはかなりガチ目の戦闘になっていると思います。ゲーム全般に言えることですがこのゲームは特にバランス調整大変だったろうなと思わずにいられません。

シナリオ毎の勝敗結果だけをみれば冒険者側の圧勝で終了しましたが内容は本当に紙一重の勝利ばかりでした。ライフ1点差とか残り1ターン差とか使い処がわからなすぎてプレイヤーも殆ど忘れていた特殊能力を使っての逆転勝利とかオーバーロードが一人の冒険者に集中して仕掛けた洗脳を気合のダイスで全て回避とか。

毎回、各プレイヤーが自分の役割をタイトに突き詰めての勝利なのでゲームが終わった後の飲みは非常に良い気分です。負けた時は私らの反省会を肴にオーバーロードが美酒に酔いしれます。

ボードのマップは非常に綺麗で、これらをシナリオ毎につなぎ合わせて構成して遊ぶ、といった感じです。フィギュアも沢山付属しているためセットアップの時点からテンション上がります。





進めていくに従い経験値やお金が入るのでレベルアップで新しいスキルを獲得し、所定のタイミング(シナリオの幕間とか)でアイテムを買ったりします。ここら辺は非常にRPG的です。


重ゲーの部類に入ると思いますが1シナリオ当たりのプレイ時間は2~3時間ぐらいでプレイヤー同士であーでもないこーでもないといいながらプレイするのでダレる事もありません。

重厚な雰囲気のファンタジーゲームがやりたいのであれば非常にお勧めできます。


フィギュアは持ち主が塗ってます。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Feiron33
みなもさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 74興味あり
  • 96経験あり
  • 31お気に入り
  • 132持ってる
プレイ感の評価
運・確率6
戦略・判断力9
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘5
アート・外見5
作品データ
タイトルディセント:第2版
原題・英題表記Descent: Journeys in the Dark (Second Edition)
参加人数2人~5人(120分~140分)
対象年齢14歳から
発売時期2012年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿