そんな顔してどうしたの?Why the long face?

※作品説明文が登録されていないため最も読まれているレビューを表示しています

最初見た時には正直出オチ感満載でしたが、かなり盛り上がれる顔芸のパーティーゲームです。

ルールはとてもシンプルで、様々な種類の動物カードを6枚並べてサイコロを振り、出目と同じ顔真似をしてクイズ形式で当てるだけ。

ただし、似たような表情をしたものがかなり混ざっているので「これとこれ同じじゃん!」とセットアップ中からザワついたり、誰かが勝手に自主練をはじめ、うっかり変顔を晒してしまったりとゲーム開始前からもう既に面白いw

初対面の方々ばかりのボドゲ会で、しかも女性が私しかいない中、勢いで変顔をやり遂げましたが、人を選ぶゲームである事は間違いないので、その点にだけは注意が必要かも知れません。

いい年した大人同士で真剣に遊びましたが、子供と遊んでもとても喜んでくれそうだなと思います♪

上記レビューの投稿者
  1. まま
  • 興味ある(4人)
  • 経験あり(22人)
  • お気に入り(7人)
  • 持ってる(19人)
コンセプトテーマ
コンセプトテーマ未登録
メカニクス
メカニクス未登録
会員が付けたタグ
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルそんな顔してどうしたの?
原題・英題表記Why the long face?
参加人数3人~8人(20分前後)
対象年齢6歳から
発売時期2016年~
参考価格2,500円
クレジット
ゲームデザインペネロペ・テイラー(Penelope Taylor)
アートワークムツミ・カワゾエ(Mutsumi Kawazoe)
関連企業/団体蒼猫の巣 出張所

レビュー 1件

  • 69
    名に参考にされています
    投稿日:2016年12月30日 15時10分

    最初見た時には正直出オチ感満載でしたが、かなり盛り上がれる顔芸のパーティーゲームです。ルールはとてもシンプルで、様々な種類の動物カードを6枚並べてサイコロを振り、出目と同じ顔真似をしてクイズ形式で当てるだけ。ただし、似たような表情をしたものがかなり混ざっているので「これとこれ同じじゃん!」とセットアップ中からザワついたり、誰かが勝手に自主練をはじめ、うっかり変顔を晒してしまったりとゲーム開始前からもう既に面白いw初対面の方々ばかりのボドゲ会で、しかも女性が私しかいない中、勢いで変顔をやり遂げましたが、人を選ぶゲームである事は間違いないので、その点にだけは注意が必要かも知れません。いい年し...

    続きを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール・インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿