マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

バルパライソValparaíso

なんか思っていた展開と違う

 

バルパライソという街でプレイヤーは市民を使って交易を行い、資源やお金や勝利点をいい感じに変換させていくゲームになります。ただ、ラウンド開始時にアクションを行う順番をあらかじめ決めるので、他プレイヤーと思いがけない駆け引きが発生します。

 

※以下、細かいルール説明は省きます。

 

準備としては

ボードを広げてボードに書いてあるA~Eそれぞれにタイルを配置します。

ボードの真ん中にある港の箇所にプレイヤーの船と人を置きます。ボード端にはアクションカードが並べます。

各プレイヤーはマイボードと自分のアクションカードがあります。そして、各々任意の資源3つを持ちます。

 

進行としては

準備フェイズ…この後に行う行動フェイズで行いたいアクションを順番に並べます。

マイボードにカードを置く位置の指定があります。

5金払えば、準備できるアクションカードが増えます。

 

行動フェイズ…準備したアクションを全員見えるように公開します。

スタートプレイヤーから手番順に1番目に用意したアクションを行っていきます。

それでも、いいのですが後の順番に用意したアクションを行ってもいいです。ただし、別途お金が必要になります。または5金払って増やしたアクションを行ってもいいです。

どのアクションカードを行うのか順番を決めたのに選択肢があるように出来ています。

 

アクション内容は色々あるのですが、特徴的なアクションをかいつまんで紹介すると

・人の移動……自分のコマをそれぞれ移動さできます。関税所や交易所などに移動できます。ちなみにプレイヤーの関税所を通り過ぎるとそのプレイヤーに2金を支払います。

・建造……10金支払って自分のコマがある位置で家を立てます。これによって関税所を作ったり交易所を建て、港でお家を建て収入源を増やしたりできます。

・貿易……自分のコマがある交易所で貿易できます。貿易は自分のコマとその家の数だけ「何か」を行うことができます。その前に他のプレイヤーのコマや家にお金を支払います。

「何か」というのは、単純に資源を得る内容もあれば金や資源を勝利点に変えるなど色々あります。そして、その「何か」を行ったら次に行う貿易の「何か」が変わるシステムになっています。

・船に資源を摘む、船が移動する。船が摘んだ資源を支払ってアクションカード得る。資源を払って人のコマを増やす、資源を金に変える。等々のアクションがあります。

 

全プレイヤーが用意したアクションを使い切ったらラウンド終了の処理です。

港に家を建てたプレイヤーが色々得て、自分の家がない箇所に居るコマ1つ以外のコマを港に戻します。自分のアクションカードを除外して勝利点を得るというのもあります。

 

そして次のラウンドに移行します。

 

18点を得たプレイヤーが現れたラウンドでゲーム終了します。

余った資源や金が勝利点になってアクションカードが勝利点に変換されて一番点数の高いプレイヤーの勝利です。


遊んでみた感想としては、アクションを躊躇う駆け引きが良い!

このゲームの特徴であるアクションを行う順番というのは序盤では特に思うことはないのですが、ゲーム後半につれて「このアクションを行うタイミングでこういう状況になっていたらいいな」という欲が出てきます。そして、面白いのが各プレイヤーのアクションを行う順番を見て同じことを考えていることがわかったのは一興でした。

ただ、やりたいことが同じだとわかるとアクションを行う順番を変える、もしくは相手が折れて変えるのを待つか?という躊躇が生まれます。相手のアクションの順番がわかってから、どうやって自分を優勢にしていくのかを思考するのが面白くできています。

 

だけど、個人的に思うところは所々ラウンド終了の処理が直感的に理解しがたい箇所があります。「自分の家がない箇所に居るコマ1つ以外のコマを港に戻す」ここには書かなかったのですが「スタートプレイヤーは基本的に時計回りに移動しますが、港に最後家を建てたプレイヤーが次のラウンドのスタートプレイヤーになる。ただし、連続でスタートプレイヤーになるようなことはない」おそらく、ゲームのテストプレイ段階で酷いことにならないために付け加えられたルールのような気がするのですが、腑に落ちなくて気に入らなかったです。もう少し単純であってほしかったです。

 

ですが、アクションカードを行う順番のジレンマと、レビューでは伝えづらい代替アクションというジレンマもあって良かったです。

 

評価:☆8

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:82BG@19秋GM(土日)出展
マイボードゲーム登録者
  • 7興味あり
  • 16経験あり
  • 1お気に入り
  • 7持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルバルパライソ
原題・英題表記Valparaíso
参加人数2人~5人(45分~90分)
対象年齢12歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 217
    名に参考にされています
    投稿日:2019年02月24日 23時13分

    なんか思っていた展開と違う バルパライソという街でプレイヤーは市民を使って交易を行い、資源やお金や勝利点をいい感じに変換させていくゲームになります。ただ、ラウンド開始時にアクションを行う順番をあらかじめ決めるので、他プレイヤーと思いがけない駆け引きが発生します。 ※以下、細かいルール説明は省きます。 準備としてはボードを広げてボードに書いてあるA~Eそれぞれにタイルを配置します。ボードの真ん中にある港の箇所にプレイヤーの船と人を置きます。ボード端にはアクションカードが並べます。各プレイヤーはマイボードと自分のアクションカードがあります。そして、各々任意の資源3つを持ちます。 進行としては...

    82BG@19秋GM(土日)出展さんの「バルパライソ」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク