マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 10分~20分
  • 8歳~
  • 2019年~

太陽と月の王国Relicさんのレビュー

69
名に参考にされています
2020年10月24日 01時24分

基本的には大富豪と同じゲーム進行なのですが、「第二手札」と「付け足しルール」という2点のみで、ゲームをダイナミックかつスリリングなものにすることに成功しています。

カードプールは1が1枚、2が2枚…10が10枚の計55枚。ジョーカーも追加可能です。

配られたカードを見る前に、その中から6枚のカードを以下のような形で伏せたまま盤面に置きます。

   A

  B C

 D E F

この6枚が「第二手札」となります。最初はDEFを公開し、D・Eを使い切ればBを、E・Fを使い切ればCを表にして手札として使用できるようになります。

手札でもあるので、A~Fも使い切る必要があります。


大富豪と同様にゲームが進行します(最初は1が最強、10が最弱)。

ただし、たとえば9のペアが出されたとき、通常の大富豪では8以下のペアを要求されるのですが、「付け足しルール」により9を1枚もしくは2枚出すことも許されています。

1枚付け足したときは9のスリーカードとなるので、次のプレイヤーは8以下のスリーカードか、9を付け足すことが求められます。

付け足しが連続して4枚になれば革命となり、即座に場が流れて革命を起こした人からリスタートです。

この「付け足しルール」によって、ゲーム中4回~6回程度の革命が入り乱れます。

第二手札は公開情報であるので、極力第二手札の消費を優先しつつ、偏りのないカードの消化を求められます。

どんなに弱い手札でも、付け足しルールによって常に活躍する目が存在します。

「なぜこんなに単純なのに、こんなに面白いんだろう」と感心してしまうゲームです。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Relicさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 15興味あり
  • 37経験あり
  • 10お気に入り
  • 27持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル太陽と月の王国
原題・英題表記Taiyo to Tsuki no Oukoku
参加人数2人~5人(10分~20分)
対象年齢8歳から
発売時期2019年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿