マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 10分~30分
  • 8歳~
  • 2021年~

こねこのままでモフラ、B、Cのリプレイ日記(2021年4月22日)

35名 が参考
2名 がナイス
16日前

口コミでは、いっきにネコが伸びちゃう(いっきに失点しがち)というコメントを多く見かけたので、スグ終わっちゃうのかなと思っていました。


けれど3人プレイと、5人プレイをしてみたら、かなりプレイ感が異なりました



〈前提情報〉

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※詳しいルールは、他の方の投稿などを覧ください


使用するカードは最大で54枚。

1以上1枚ずつの連番で、人数×9枚使用。


必ず1人1枚ずつ出して、全員が出し終えたら誰かがトリックを取る(=ネコの伸縮タイム)。これを9回繰り返すことを1ラウンドとする。


ネコの伸縮タイムでは、引き取ったカードを全部みてメモリを調整する。出すカードの種類は次の3種類。


・ノーマルカード(何も起きない)

・猫カード(ネコを伸ばしてしまう)

・魚カード(ネコを縮める)


誰かのネコが10メモリまで伸びきってしまった時点で、ゲームが即終了する。

1ラウンドで終わらなかったら2ラウンド以降もプレイする。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


■3人プレイ時の様子

使用カード数:1~27(3×9)=27枚

結果:表を参照。

噂と違った。いっきにネコが伸びると恐れていたが取り越し苦労。伸びたとしても3メモリ程度だった。


その結果、3ラウンド目の2ターン目くらいで、ようやくゲームが終了した。


でも間延びする感じではなく途中まで良い勝負ができた。最後まで皆あきらめることなく挑み続けられた印象。


2人目のプレイ次第で、誰が引き取るか確定しやすかった。しかし悲しむことはない。

なぜなら大ダメージを受ける可能性が低いからだ。


例えば、先手の2人に猫カードを出されたとしても、その合計数はMAXでも4にしかならない


猫カード1ネコ~3ネコまである。中でも3ネコ(=3メモリ伸びてしまう)は、確か102040の3枚にしか含まれていない。


3人プレイ時で40は使用しないし、何人プレイ時でも親は3ネコを出すことが禁止されている。


だから自分が魚カード(ネコを縮める)を持っていて、カードを引き取れれば軽傷で済ますこともできる。


3人プレイは、こうした駆け引きがしやすいように感じられた。


確かに4人以上でやった方が誰が取るか分からなくて面白そうだけど、3人での楽しみ方を見出だせるゲームとなった。


■5人プレイ時の様子

結果:表が追加できないので以下に記す。

モフラ=5メモリ

Dさん=4メモリ→winner

Eさん=10メモリ→loser

Fさん=6メモリ

Gさん=7メモリ

噂通りだった。みんなが強気に出ると、いっきに伸びてしまう。仮に4人が2ネコを出したら8メモリ増えることとなる。


さすがにそんな状況は無かったが、5メモリくらい増えることは数回あった。


猫カード1~3増えるのに対し、魚カード1サカナというカードしかないためメモリを減らすのは困難。

そのため自分が魚カードを出して引き取れたとしても、救いようがない時もしばしば。


2ラウンド目の4ターン目くらいでゲームが終了した。


同席したプレイヤーは、魚カードのシステムは不要と言っていた。

私は大人数プレイ時に魚の効果を強くできたら良いのではと思った。ネコが縮む動きも見たいから!笑


☆★☆総括☆★☆

3人、5人プレイ時ともに運要素が強めなのでは?という声は聞かれた。

そうかもしれないけれど同ジャンルのゲームでは、アルアルというか標準的な感じもした。


既に出たカードの数を覚えておけば記憶力で攻めることができる場面もあるだろうし、


引き取ると決めた際に、絶妙な数を出しておけば、他プレイヤーに「あの数字より下は持っていないんだな?」と勝手に思い込ませることもできる。他プレイヤーを騙す楽しみ方もあるように思える。


これだけ語っといて、最も優勢だった感情は、ネコ達にメロメロ!笑


なんて可愛いボードゲーム!

カード同士がくっつきやすいのは、たぶんカードに描かれた肉球の仕業だと思う(笑)


ネコ達の胴が、伸び縮みするのを見てるだけて癒される!


私は、もぅそれだけで充分です( ´-`)

メンバー勝利点勝者
モフラ
モフラ
10
B
B
5
C
C
3
この投稿に2名がナイス!しました
ナイス!
ビッチュウ
まめまめ堂
仙人
モフラ
モフラ
ゲスト
B
ゲスト
C
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 18興味あり
  • 37経験あり
  • 9お気に入り
  • 38持ってる
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力5
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見4
作品データ
タイトルこねこのままで
原題・英題表記Remain Kitten
参加人数3人~6人(10分~30分)
対象年齢8歳から
発売時期2021年~
参考価格2,300円
クレジット
ゲームデザインまめまめ堂(Mamemamedo)
アートワークまめまめ堂(Mamemamedo)
関連企業/団体まめまめ堂(Mamemamedo)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

モフラさんの投稿

会員の新しい投稿