マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ラットルボーンRattlebones

"ぼくのかんがえたさいきょうのダイス"を作れ!

なんとも不気味な"ラットルボーン"のダイスフェスティバルに招待されてしまった!星や株券を集めたり、列車に乗ったりして遊んで点数を稼ぎながら、パーク内を徘徊するラットルボーンを誰よりも早く見つけよう!

プレイヤーのやることはとてもシンプルで、「ダイスを振る」「コマを動かす」「ダイスの目を変える」だけ。出た目が数ならコマを動かし、止まったマスの目とダイスの目を変えるかどうかを選択することができる。変える目は様々な種類があり、「振り直し」「泥棒」「コイン」「スター」「列車」など15種類、これらを組み合わせて自分流の最強ダイスを作る。
得点の要素が「スター」「列車」「株券」「ギャンブル」「得点」と5種類あり、一つにツッパるのか、満遍なく狙うのか。毎回変わるマスのせいで、戦略は様々。

悩ましいのはダイス目で1だけ変えられないこと。また、1の目を出すとスコアトラック上の逆からラットルボーンが1マス近づいてくること。そして、1が意外とよく出る!まさに、ゲーム終了の足音が徐々に近づいてくるドキドキ感。また、序盤の得点の動きにくさと、終盤の大逆転可能なダイスの空気感、近づいてくる終了の音がとてもダイスを振るだけのゲームとは思えないヒリヒリ感。
何回かプレイすることで一定のダイス構築戦略は建てられるが、止まるマスも出る目も全てはダイス次第。思い通りに行かないもどかしさもあり、ダイスゲーならではパーティ感もあり、盛り上がりも大きい楽しい作品。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 色弱ぼーら色弱ぼーら
マイボードゲーム登録者
  • 46興味あり
  • 71経験あり
  • 16お気に入り
  • 27持ってる
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルラットルボーン
原題・英題表記Rattlebones
参加人数2人~4人(15分~30分)
対象年齢14歳から
発売時期2014年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 96
    名に参考にされています
    投稿日:2018年08月18日 00時59分

    ダイスを改造して点数を稼ぐだけ。ぼくのかんがえたさいきょうのさいころ、をつくるゲーム。まず箱絵が怖いwラットルボーンとは「ヒョロガリさん」という意味の英語スラングだそーです。ルパン三世みたいな体格の人の事ですね。そんなラットルボーンさんがテーマパークを開いたらしいので、遊びにいってみよー!そんでついでに(オイ)ラットルボーンさんにも会おう、というゲーム。各自に3個ダイスが与えられています。特殊なダイスで、各「面」が取り外し可能になっていて、ゲーム中に別の「面」を付け替えていく事になります。最初は1~6の普通のダイスで、時計回りに進むだけの周回すごろくです。すべてのマスにはアイコンがあり、...

    夏木なつきさんの「ラットルボーン」のレビュー
  • 168
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月25日 19時24分

    手持ち3つのダイスを駆使して、いかに勝利点を稼ぐかが、ミソとなっています。このゲームは、ダイスビルディングシステムとなっており、ダイス面を自分でカスタマイズしながら、ゲームを進めるのが特徴。1の面は変更不可の固定となりますが、2~6の面を、止まったマスに描かれたパーツに取り替えられます。たとえば、2の面を金貨が1枚貰える面に変えてしまうなど。他にはないダイスビルディングが気になった人は、要チェックです。

    ラミティさんの「ラットルボーン」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク