マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 20分~30分
  • 10歳~
  • 2015年~

プララーヤせーけさんのレビュー

192
名に参考にされています
2019年09月10日 00時21分

簡素にいうならば、水没する島でお宝を集めて船で脱出するゲーム。

プレイヤーが手番でお宝を拾得するたびに、山札からカードを引き取得した場所に置いていきます。
もし山札から引いたカードが海だった場合、どんどん島が小さくなり、やがて全てが海に飲み込まれます。
脱出できなかったプレイヤーはゲームオーバー。
そのため島が沈みゆくたびに、どこで船に乗り脱出するかの選択を強いられます。

船は全員分が用意されていますが、乗るためには硬貨が必要になります。
最初こそ低コストですが、二番手、三番手と脱出者が増えるたびに、そのコストも上昇!
島から出たいのに、船を買うコストが足りない!なんてことも良くあります。

インカの黄金であれば、最後の一人になれば以降はお宝を独り占めというリスクに応じたリターンがありますが、
このゲームは脱出者がお邪魔者になるため、それほど島に留まり続けることのリターンは高くないと感じました。

ある程度のスコアが稼げたら、適当なところで逃げるが吉だと思います。

島は序盤からバンバン沈みだすこともあれば、序盤は全く沈まないのに終盤で一気なんてことも多々あります。
その気まぐれな展開にハラハラし、次々と海が広がっていくさまは視覚的にもヒヤヒヤさせられます。

初見でも盛り上がること請け合いですし、プレイの度に違う展開が見れて楽しいゲームです。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
せーけさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 34興味あり
  • 125経験あり
  • 30お気に入り
  • 104持ってる
プレイ感の評価
運・確率6
戦略・判断力7
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見5
作品データ
タイトルプララーヤ
原題・英題表記Pralaya
参加人数2人~5人(20分~30分)
対象年齢10歳から
発売時期2015年~
参考価格2,200円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿