マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2020年~

パンデミック:ホットゾーンBoardwalk - ルールまとめさんのルール/インスト

52
名に参考にされています
2020年09月16日 10時39分

パンデミック:ホットゾーン 【ルール/サマリー】


ウィルスから北米大陸を救え!

パンデミックのコンパクト版 

『パンデミック:ホットゾーン』のルールまとめです。


▼より詳しいルールはコチラから▼

https://boardwalk.wiki/game/pandemic-hot-zone-north-america/



【ゲームの準備】


ゲームボード

・テーブルの中央に広げます。

・「アウトブレイクマーカー」をボード右上の[0]の位置に置きます。

・「感染率マーカー」をボード左上の[2]の位置に置きます。


病原体コマと治療薬マーカー

・色別に分け、ゲームボードの近くに置き、サプライとします。


役割カードとコマ

・各プレイヤーはランダムに役割カード1枚を受け取ります。

・その役割カードに対応したコマを取り、アトランタに配置します。

・使用しない役割カードとコマは箱に戻します。


リファレンスカード

・各プレイヤーはリファレンスカードを受け取ります。


都市カードとイベントカード

・都市カード24枚とイベントカード4枚をシャッフルし、各プレイヤーに2枚ずつ配り、手札とします。

(2人プレイの場合は、3枚ずつ配ります)

・手札は自分の前に表向きにしておき、常に公開しておきます。

・手札の上限は6枚です。手札が7枚以上になった場合は、即座に捨て札にするかイベントカードを使うかして6枚にします。


エピデミックカード

・プレイヤーに配り終えて残ったカードを、できる限り均等な3つの山に分けます。

・それぞれの山にエピデミクカードを1枚ずつ加え、それぞれシャッフルします。

・その3つの山を最も枚数が少ない山が下になるように重ねます。この時、決してシャッフルしてはいけません。

・完成した山札は、ボード左下の山札置き場に置きます。この隣は捨て札置き場になります。


感染カード

・全てシャッフルして裏向きの山札とし、ボード左上に置きます。

・感染カードの山札からカードを2枚引き、その都市にその色の病原体コマを3個ずつ配置します。

・次に、もう一度2枚引き、その都市にその色の病原体コマを2個ずつ配置します。

・最後に、もう一度2枚引き、その都市にその色の病原体コマを1個ずつ配置します。

・こうして引かれた6枚のカードは、山札の下側にある捨て札置き場に、表向きにして置きます。


スタートプレイヤー

・手札の都市の中で、最も人口が多い都市を持つプレイヤーがスタートプレイヤーとなります。


危機カード

・選択ルールで使用するカードです。



【ゲームの目的】

・3種類全ての治療薬を開発すること。


【ゲームの流れ】

・スタートプレイヤーから時計回りで順番に手番を行います。

・手番では次のステップを順番に行います。

 1. 4つのアクションを実行する

 2. プレイヤーカードを2枚引く

 3. 感染カードを引く

・これを繰り返し、人類が勝利するか敗北するとゲームは終了します。



1. 4つのアクションを実行する

・プレイヤーは各手番に最大で4アクションを実行できます。

・同じアクションを複数回実行することもできます。


A:自動車または船による移動

・自分のコマを、白線でつながった隣接する都市に移動します。


B:直行便による移動

・自分の手札から都市カード1枚を捨て札にし、その都市へ移動します。


C:チャーター便による移動

・自分の手札から今いる都市のカード1枚を捨て札にし、好きな都市へ移動します。


D:感染者の治療

・自分がいる都市の病原体コマ1個を取り除き、サプライに戻します。

・その色の治療薬が開発済みの場合、その都市のその色のコマ全てを取り除きます。


E:知識の共有

・ほかのプレイヤーと同じ都市にいる場合、そのプレイヤーに「カードを渡す」か「カードを受け取る」ことができます。

・受け渡しができるのは、両プレイヤーがいる都市のカードのみです。

・手札の上限は常に6枚という点に注意してください。


F:治療薬の開発

・このアクションはアトランタにいる場合のみ実行できます。

・手札から同じ色の都市カード4枚を捨て札にすることで、その色の治療薬を開発します。

・開発したら、その色の治療薬マーカーを、ボード右下のスペースに置き、開発済みということを示します。

・開発した後も、都市にあるコマはそのまま残り、感染カードによってコマは置かれ続けます。


《3種類の治療薬を開発した場合》

・即座にゲームに勝利します。



2. プレイヤーカードを2枚引く

・アクションを実行した後、プレイヤーカードの山札からカードを2枚引きます。

・その中にエピデミックカードが含まれていた場合、《エピデミックの処理》を行います。

・エピデミックカードを引いた代わりに、追加でプレイヤーカードを引くことはしません。

・もし山札が尽きて2枚引くことができない場合、プレイヤーはゲームに敗北します。山札が0枚になった時点では問題ありません。


《エピデミックの処理》

・即座に次のステップを順番に解決します。

・2枚ともエピデミックカードだった場合は、順番に2回処理します。

・解決したエピデミックカードは箱に戻します。


1) 上昇

・感染率マーカーを1つ右に進めます。

・感染カードを引く枚数が増えていくことになります。


2) 感染

・感染カードの山札の一番下のカードを引いて公開し、その都市にその色の病原体コマ3個を配置します。

・その都市に同じ色の病原体コマが4個以上が置かれることになった場合、《アウトブレイク》が発生します。

・引いた感染カードは感染カードの捨て札に置きます。


3) 増加

・感染カードの捨て札のカード全てをシャッフルし、感染カードの山札の上に重ねます。

・これまで病原体コマが置かれた都市が、今後続けて感染していくことになります。



3. 感染カードを引く

・現在の感染率と同じ枚数の感染カードを1枚ずつ公開します。

・公開されたカードの都市にその色の病原体コマ1個を配置します。

・その都市に同じ色の病原体コマが4個以上が置かれることになった場合、《アウトブレイク》が発生します。

・病原体コマを配置するときに、病原体コマが足りずに配置できない場合、プレイヤーはゲームに敗北します。

・感染が終わったら、そのカードは感染カードの捨て札置き場に置きます。

・もし感染カードの山札が尽きた場合は、捨て札をシャッフルして新たな山札を作ります。



《アウトブレイク》

・1つの都市に4個目の同じ色の病原体コマが置かれる場合、その色のアウトブレイクが発生します。

・アウトブレイクが発生した都市には4個目のコマは置きません。

・アウトブレイクマーカーを1つ下のスペースに進めます。

・アウトブレイクが発生した都市に隣接する全ての都市に、アウトブレイクした色の病原体コマを1個ずつ置きます。

・すでにその色のコマが3個置かれている都市に、アウトブレイクによりコマを配置する場合、アウトブレイクが連鎖します。

・連鎖した場合、さらにアウトブレイクマーカーを1つ進め、そこから隣接する都市にコマを置いていきます。

・1回のアウトブレイクとその連鎖の解決中に、同じ都市に重複してコマを置くことはありません。

(2つの都市でアウトブレイクが行き来してしまうため)


手番の終了

・感染カードの解決の後、手番は終了し、左隣のプレイヤーの手番になります。



ゲームの勝敗

[勝利条件]

・3種類全ての治療薬を開発したとき、ゲームに勝利します。

[敗北条件]

・次の場合、プレイヤーはゲームに敗北します。

 1.アウトブレイクマーカーが最後のスペースに達した場合

 2.病原体コマを配置する際、コマが足りなくなった場合

 3.プレイヤーカードを2枚引く際、山札が尽きてプレイヤーカードを引くことができない場合




【その他】


イベントカード

・ほかのプレイヤーの手番でも使用することができます。

・イベントはアクションではありません。

・ほかのカードの解決中や、感染の処理中にイベントカードを使うことはできません。


危機カード

・危険で予測不可能な危機カードを使い、ゲームの難易度を上げることができます。


● ゲームの準備

・7枚の危機カード全てを裏のままシャッフルします。

・エピデミックカード3枚を加える際に、次の難易度に応じた枚数の危機カードを加えます。

 標準レベル:各山に危機カード1枚ずつ

 英雄レベル:各山に危機カード2枚ずつ

・使用しない危機カードは、裏のまま箱に戻します。


● ゲームのプレイ

・危機カードを引いた場合、効果を解決します。

・その場で解決するものと、場に残り続けるものがあります。

・エピデミックカードと同様に、その分のプレイヤーカードを引き直すことはしません。

・エピデミックカードと同時に引いた場合は、危機カードを先に解決します。危機カード2枚を同時に引いた場合は、任意の方から解決します。 

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
パンデミック:ホットゾーン
パンデミック:ホットゾーンの通販
病原体の感染拡大から北米を救え!多人数協力型ボードゲーム
残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 2,860(税込)
Boardwalk - ルールまとめさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 47興味あり
  • 74経験あり
  • 14お気に入り
  • 107持ってる
プレイ感の評価
運・確率5
戦略・判断力5
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルパンデミック:ホットゾーン
原題・英題表記Pandemic: Hot Zone – North America
参加人数2人~4人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2020年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Boardwalk - ルールまとめさんの投稿

会員の新しい投稿