マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 4人~10人
  • 20分~30分
  • 10歳~
  • 2016年~

にゃんとまいむ! -猫とぼくらの意思疎通-Ryuya Iwateさんのルール/インスト

84
名に参考にされています
2016年12月13日 12時47分

【ゲームの概要】
 チーム対戦型ジェスチャークイズゲームです。
一人ずつ代わりばんこに出題者役をします。
出題者は「にゃーにゃー」鳴きながら、ジェスチャーでお題を伝えます。
他のプレイヤーは、全員回答者です。早い者勝ち、どんどん答えて当てましょう。
出題者は上手にお題を伝えられたら、回答者は答えを当てたら得点です。より多くの得点を取れたチームの勝利です。


【準備】
チーム分けカードを人数分用意します。(例:5人で遊ぶ場合は1~5の数字が書かれているカードを使い、8人の場合は1~8と書かれているものを使います)
チーム分けカードをシャッフルし、1人1枚配りチーム分けをします。そしてカードに書かれている数字の順番に席替えをします。
『レッドカリカ①』を引いた人が最初の出題者となり、
(偶数人数でのプレイの場合)常に出題者の左隣のプレイヤーが審判役となります。
(奇数人数でのプレイの場合)レッドカリカ③のカードを引いたプレイヤーが審判役となり、審判役はレッドカリカチームだけで持ち回りとなります。

審判役は、タイマーを90 秒にセットします。
巾着袋にお題カードをすべて入れて、軽く混ぜたら、出題者の前に置きます。


【プレイの流れ】
① 出題者が巾着袋を受け取ったら、審判役はすぐにタイマー(90秒)をスタートさせます。
出題者は、巾着からお題カードを1枚引きます。
お題カードには、2つのワードが書かれています。
レッドカリカチームはカリカリのイラストの横に書いているワードがお題となり、ニボシの横に書いているワードはNG ワードです。
グリンニボチームは、その逆です。
出題者はお題とNG ワードを確認したら、審判役にお題カードを渡します。


② 出題者は、身振り手振りや表情、そして猫語を駆使して、お題を表現しましょう。
猫語は「にゃー」「んにゃ?」「ふにゃにゃー」「にゃーご」「ごろにゃん」など自由に使って下さい。
低い声で重さや暗さを伝えたり、高い速さや軽さを伝えたり、リズムや勢いを伝えたり、猫語は工夫次第でいろいろと伝えられます。声を出さないより、出した方が確実に伝わります。積極的に声をだしてみましょう。

出題者は次の行為は禁止となります。気を付けて下さい。
 ・字を書く(空中などに書くのもNG)
 ・猫語以外をしゃべる
 ・お題そのものを指差す(例:「時計」というお題に対し、時計そのものを指差す)

もしお題が難しい場合は、お題カードを捨て札として、新しいお題カードを引き直すことができます。ただし手番中に2回までしか引き直しはできません。


③ 回答者は、思いついた時点で何回でも回答ができます。
正解が出たら、審判役は正解したプレイヤーの前にお題カードの表面を上にして(お題が書かれている面)置きます。NG ワー
ドを答えたプレイヤーには裏面を上にして(お魚のイラストが描かれている面)置きます。


④ 出題者はお題を正解してもらえたり、NGワードを答えられたりしても、時間切れするまでは何枚でもお題カードにチャレンジできます。時間切れしたら即座にチャレンジをやめてください。出題途中のお題カードは捨て札置き場に行きます。


⑤回答者全員の前に置かれた(表向きになっている)お題カードの総
数(正解数)が、出題者の得点となります。
(例:4 枚表になっていたら4点)きんちゃく袋の中から、出題者が獲得した得点分の枚数のカードをとり、出題者の前にお魚ポイント面を上にして置きます。
回答者は、もし手元に表向きになっているお題カードがあれば、その枚数分、巾着袋からカードを取り、お魚ポイント面を上にして前に置きます。そして表向きになっているお題カードをすべてひっくり返しお魚ポイントにします。NGワードを回答した人に与えたお魚ポイントもそのまま得点として残ります。

     正解  NGワード
出題者  1点   0点
回答者  2点   1点


⑥ 巾着を次プレイヤーの前に置き、出題者役と審判役が変わります。そして終了条件が満たされるまで①から繰返します。


【終了条件】
プレイ人数によって、終了条件が変わります。

4人プレイ 全員が2回ずつ出題者役を終えたら

5、7、9人プレイ   全員が1回ずつ出題者役を終えた後、グリンニボマーカーの「2」を持ったプレイヤーだけがもう一度出題者役を行い、終えたら

6、8、10人プレイ 全員が1回ずつ出題者役を終えたら
終了条件を満たした時点で、チームごとにお魚ポイントを合計します。

合計お魚ポイントの高いチームの勝利です。

【より楽しく遊ぼう】
・慣れてきたら制限時間を90秒にしてみよう。テンポが上がりより刺激的になります。
・お子様が出題者役をする場合は、お題を巾着からランダムで1枚引くのではなく、複数枚引いた中から選ばせてあげましょう。


【猫語のポイント】
・正解に近い答えが出た場合「にゃ!にゃ!にゃ!(回答者を指さしながら)」
・「運命」のようなお題の場合、「にゃにゃにゃにゃーん(ベートーベンの運命のリズムで)」
・猫語でお題のイントネーションを伝えることは推奨していません、ただしジェスチャーがとても苦手な方や、どうしても伝えらえず1分以上こう着した場合に限り使用を許可しても良いです。(プレイヤー間で協議して自由に決めてください)
・無言よりも、猫語を使った方が確実に伝わります。とにかく出し続けてみましょう。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Ryuya Iwateさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 7興味あり
  • 15経験あり
  • 6お気に入り
  • 14持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルにゃんとまいむ! -猫とぼくらの意思疎通-
原題・英題表記Nyantomime -Neko to bokura no ishisotsu-
参加人数4人~10人(20分~30分)
対象年齢10歳から
発売時期2016年~
参考価格2,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク