マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ラストダンスは私にSave the Last Dance for Me

レーティングの登録/分布

  • ラストダンスは私にの画像
  • ラストダンスは私にの画像
  • ラストダンスは私にの画像
  • ラストダンスは私にの画像
  • ラストダンスは私にの画像
  • ラストダンスは私にの画像

姫を狙うか、王子を探すか!?アグレッシブに手札が入れ替わる新感覚パーティーゲーム!

このゲームは 4 枚のカードを 1 枚ずつ順番に出していき、最後の 1 枚に「姫」カードと「王子」カードを持っていた 2 人のプレイヤーが勝利となるゲームです。

まず始めに、各プレイヤーにカードを 4 枚配ります。
このとき「姫」カードを持っているプレイヤーは、「姫」カードを全員に見えるように持たなければいけません。
つまり、手札を見れば誰が「姫」カードを持っているのかは一目瞭然というわけです。

次に各プレイヤーは手札から 1 枚カードを選び、自分の前に裏向きで置きます。
全員がカードを置いたら「姫」カードを持っている人から順番にカードを表向きにして、カードに書かれている効果を実行していきます。

カードには様々な効果が書かれています。
例えば、指定したプレイヤーとランダムで手札を 1 枚交換する「勝気な貴公子」、指定したプレイヤーとお互いの手札を全て交換する「魔法使い」、問答無用で「姫」を奪い去ることができる「隣国の王子」など、相手とカードを交換する手段は無数にあります。

「姫」はすべてのプレイヤーの注目を浴びて、さながら舞踏会のお姫さまのようにプレイヤーの手札を行ったり来たりすることになるでしょう。

一方で「王子」は、「姫」のように常に所在が判明している訳ではありませんが、「王子」を狙う効果を持ったカードも存在します。
全員に目を閉じてもらい「王子」を持っているプレイヤーに手を上げさせる「王子の執事」や、指名した人が「王子」を持っていた場合、「王子」を奪う事ができる「公爵令嬢」などがその一例です。

全員が 1 枚ずつカードを出し、それを 3 周した後、最後の 1 枚は全員で一斉にカードを表向きにして置きます。

このとき、「姫」と「王子」を持っていたプレイヤーが勝利となります。

以上がこのゲームの簡単な流れになります。

このゲームは 4 人から 8 人まで遊べますが、いくつかのカードはプレイヤーの数が一定以上いる場合にのみ追加されます。

例えば、プレイヤーの数が 6 人以上のときに追加される「玉子(たまご)」。
「玉子」は「偽王子」と呼ばれる効果を持っており、ゲーム中では「王子」と同等に扱いますが、最後の 1 枚に持っていても勝利とはなりません。

このカードが入ることにより、「王子の執事」を使った際に 2 人のプレイヤーが手を上げた、「公爵令嬢」での指名に成功し、「王子」を手に入れたと思ったら「玉子」だった、などということが起きるようになり、より場は混乱することでしょう。

プレイヤーの人数が 7 人以上のときには「革命家」が追加されますが、このカードの効果は、「王子」と「玉子」を強制的に交換させるというものです。

「玉子」を持っているときに「王子」狙いで使うことはもちろん、「王子」の居場所を突き止めたいときにも使えます。
無論、どちらかは「玉子」ですが。

このように、遊ぶ人数によって追加されるカードの存在により、また違った展開を楽しめます。

数多の妨害を振り切り、最後に「姫」と「王子」を手にするのは誰か。
ぜひ一度、遊んでみてください。

ゲームマーケット
2018秋
ラストダンスは私に

配布された 4 枚のカードを一枚ずつ使用して手札を交換していき

オープンカードで狙われやすい「姫」と潜伏している狙われにくい「王子」を奪い合い

最後の 1 枚に「姫」か「王子」を持っていた 2 人のプレイヤーが勝利!

この作品は、出展者によってゲームマーケット公式サイトと相互リンクされています。

https://gamemarket.jp/game/102841
マイボードゲーム登録者
  • 155興味あり
  • 244経験あり
  • 56お気に入り
  • 160持ってる
テーマ/フレーバー
世界観/基本テーマ
舞台の時代背景
地域や文化圏など
その他のコンセプト
メカニクス
得点や資源等の獲得ルール
作品データ
タイトルラストダンスは私に
原題・英題表記Save the Last Dance for Me
参加人数4人~8人
プレイ時間5分~15分
対象年齢8歳から
発売時期2018年~
参考価格1,800円
クレジット
ゲームデザイン
アートワーク
関連企業/団体
レーティング
レーティングを行うにはログインが必要です
10点の人0
9点の人0
8点の人2
7点の人1
6点の人6
5点の人2
4点の人2
3点の人2
2点の人0
1点の人0
プレイ感の評価
運・確率7
戦略・判断力7
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見8
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 7件

100名
3名
画像
充実
お姫様の婚約者は、今日の舞踏会で姫とラストダンスを踊った男に決まる!王道胸キュンストーリー!!でもお姫様には、幼き日に一度だけ会った小国の王子が心に残っていたのです有力貴族や色んな国の王子がお姫様を狙う中、小国の王子とお姫様はラストダンスを踊れるのか?!という、甘酸っぱいス...
続きを読む(約1年前)
国王
ヨージロー
ヨージロー
115名
1名
様々なカードを用いて、「姫」と「王子」を奪い取り、勝利をつかむゲームです。一般的なカードを使ったアナログゲームとは違い、「姫」のみ誰が持っているかを毎回公開しながら進めます。「王子」の偽物「玉子」が厄介です。「玉子」は「王子」のふりをすることができるため、「王子と自分の手札...
続きを読む(約2年前)
国王
ぽん
ぽん
70名
2名
6人で遊んで「玉子」こと偽王子ありで遊びました。展開が早くとても楽しいゲームです。
続きを読む(2年以上前)
国王
Kaya3
Kaya3
215名
1名
数あるカードのうち、姫と王子を持っている人が勝者!でもターンの終わりに二人とも揃っていたらラストダンス!あなたの勝ち!というゲームなのですが、「犯人は踊る」じゃないですけど簡単に姫と王子が手元にあるままターンが終わる事がなかなかないです笑全員一枚他の人に渡すとか、指名された...
続きを読む(2年以上前)
国王
うな
うな
213名
1名
充実
ラブレター的と仰っているかたもいらっしゃいますが、自分の印象としては「犯人は踊る」っぽいかなと思いました。手札4枚で順番にカードを公開して効果を解決し、最終的に姫・王子を持っているプレイヤーが勝利します。犯人は踊ると違うのが、毎回カードを選びなおさなくて良い点ですね。毎回カ...
続きを読む(3年弱前)
国王
ましゃ
ましゃ
146名
2名
ラブレターみたいな感覚で出来て人が死なないワイワイできるゲームですインストも簡単に出来ますし一回が短くて、自分の行動に納得できなくてもう一回やろうってなるゲームでボードゲームあまりしない人からよくする人子供まで誰でも楽しめそうな感じでした。姫か王子を最後まで持っていたら勝ち...
続きを読む(3年弱前)
国王
マツゲ
マツゲ
340名
2名
充実
3ラウンドが終了した時点で「姫」「王子」のどちらかを持っていた2人が勝利します。しかし、姫は表にして持っていなければならないので居場所はバレバレです(そのルールに気付かずにフツーに裏で持ってプレイしていましたが、ラウンドのスタートは基本「姫」スタートなので結局バレます)。カ...
続きを読む(約3年前)
国王
Cameloora
Cameloora

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

137名
1名
充実
手札は4枚ですが、3ラウンドしかありません。つまりプレイするカードは3枚。その3枚で何をプレイするか。特に2枚目のプレイ(つまり3枚目に何を残すか、そして2枚目のプレイからどう上手くつなげるか)が重要な気がします。戦略やコツとはちょっと違いますが、それとは別に、特殊勝利とし...
続きを読む(3年弱前)
国王
ましゃ
ましゃ

ルール/インスト 1件

670名
0名
画像
充実
【ゲームの概要】プレイヤーは4枚のカードを1枚ずつ順番に出していき、最後の1枚に「王子」か「姫」を持っていた2人が勝利となるゲームです。【ゲームの準備】プレイする人数に合わせて以下を参照し、カードを準備します。準備したカードをよくまぜ、1人4枚になるように裏向きに配ります。...
続きを読む(3年以上前)
国王
青春工房白百合
青春工房白百合

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿