マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 60分前後
  • 10歳~
  • 2011年~

ランカスターteedesukoさんのルール/インスト

646
名に参考にされています
2017年05月08日 12時02分

・ゲームの簡単な世界観

1413年、あらたにイングランドの王になった野心あふれるランカスター家のヘンリー5世はイングランドの統一とフランスの征服を目指しています。プレイヤーは貴族の1人にになり若き国王の真の支持者になるのです。


・テーブルの準備

ゲームボードを広げる

議会ボード(法律置くやつ)

ストックボード×2

対応する州に貴族タイルを2〜3人では2枚、4人では3枚、5人では4枚置く

議会の準備

法律カードを番号ごとに分けて切る

上が0になるように重ねる

山札の上から1枚ずつ議会ボードの上段左から3枚置く

下段にも同じように置く

紛争の準備

国王の恩恵タイルを6枚表向きで置く(3人プレイ時には「兵力向上タイル」を除外する)

紛争カードから2または4人プレイ時は2と10、3人では9と10、5人では2と3を除外する

残りのカードを混ぜて紛争カード上段に2枚並べる

ボード上に伏せて山札とする


・各プレイヤーに配る物

城ボード×1

拡張タイル×6

ついたて×1

騎士駒×2(兵力1と兵力2)

投票マーカー×1

金貨×2

従者駒×2

投票タイル×2(賛成と反対)

ついたてを組み立てて金貨、従者駒、投票タイルを内側に置く

投票マーカーを城ボードの上に置く

拡張タイル1枚を配置して残りは伏せて山にして右側に置いておく

残った騎士駒はボード上のストック置き場に置く


・ゲームの目的

騎士団の育成、議会での法律、貴族、紛争などを用いて多くの権力点を獲得する。


・ゲームの流れ

このゲームはラウンド制で各ラウンドにはフェイズ1〜3がある

フェイズ1:騎士の配置(ワーカーの配置)

置ける所は州、紛争、城

紛争に置いた場合を除きここでは何も起こらない

時計回りに騎士駒1つずつ全員が騎士を置ききるまでやる

フェイズ2:議会

法律の投票と施行をする

既存の法律(上段)が協議中の法律(下段)に押し出される

法律によっていいことが起こるのでそれを目標とする

フェイズ3-1:報酬 州

騎士駒を処理していく

貴族に来てもらうか州ごとの報酬を得るかお金を払って両方得るかを選ぶ

フェイズ3-2:報酬 城

城に置いた駒、拡張タイル、食事中の来客からの報酬を得る

フェイズ3-3:報酬 紛争

合計兵力によっての権力点を得る

フランスに勝てば騎士駒が帰ってくる

負ければ留め置かれて続けて負ければ騎士駒を返してもらうのにお金がかかる

次ラウンドの準備

紛争タイル、法律タイルを置く

・ゲームの終了条件

5ラウンドでゲーム終了

騎士団兵力の合計、城拡張タイルの数、食事中の来客数、によって権力点を得る。


・詳しいゲームの進行

フェイズ1:騎士の配置

中庭から騎士駒を州、城、紛争のどこかに置く

1-1:州

最低兵力以上の騎士駒を置ける(州によって違う)

騎士駒と従者駒を一緒に置いてもいい(従者駒は1兵力に数える)が最低兵力は騎士駒だけで満たさなければならない

合計兵力が上回ればすでに置かれている敵の騎士駒をはじき出し置くことができる

はじき出された騎士駒は中庭に戻り即座に再度使用可能(従者駒はストックに戻る)

1-2:城

自分の空いている騎士スペースに1個だけ置ける

拡張済みの騎士スペースは騎士駒を置いてあるのと同じ効果

1-3:紛争

複数の紛争に参加することが可能

3スペースの空いている一番上のスペースを専有する

すでに置かれている紛争では自分の騎士にさらに重ねて置くことで兵力を増強できる

紛争では先着6騎士駒に国王の恩恵即時報酬がある

騎士駒の兵力向上、金貨or従者駒を得る、貴族タイルを得るから選んで早い者勝ち(選んだタイルは裏返す)

次のラウンドでまた全部選べるようになる

※紛争に置かれた合計兵力がフランスの兵力より小さかった場合は騎士駒が返ってこないもしくはお金がかかるので注意


フェイズ2:議会

下段左の法律から投票する(法律の内容については後で説明する)

投票マーカーを裏向きで自分の前に置いたあと投票マーカーを秘密裏に握る→全プレイヤー同時にテーブルの上にそれを置いた後公開する

各投票タイルと投票マーカーを1票として数える

引き分けの場合は承認

使用された投票マーカーをストックに戻す

承認された場合は上段左の法律を除外して左にずらし新たな法律を右に置く

棄却された法律は除外する

2番目、3番目の法律も同じようにする

※投票マーカーは次ラウンドに持ち越しはできない、使わなかった分は全部ストックに戻す

承認された法律が施行される


フェイズ3:報酬

州→城→紛争の順に処理する

3-1:州

A〜Iの順番に処理する

貴族タイル1枚を得るかその州の報酬か3金払って両方を得るかを選ぶ

※同じ貴族タイルを得ることはできない

サリー州(I)の特別ルール

どの報酬を選んでもスタートプレイヤーを選択できる

新たな手番順が即座に適用される

3-2:城

スタートプレイヤーから順番に処理する

城に置いた騎士駒と配置済みの拡張タイルから好きな順番で報酬を得る

そのあと食事客(自分を含む)から投票マーカーを得る

※最終ラウンドでは投票マーカーは受け取らない

3-3:紛争

紛争そのものの勝敗

合計兵力がフランスの兵力以上場合イギリスの勝利

フランスの兵力未満だったらフランスの勝利

各プレイヤーの貢献度

兵力合計の大きい順、同数の場合は後から置いた(下にいる)プレイヤーが上位になる

権力点の割当

イギリス勝利の場合紛争カード上部の点数を貢献上位プレイヤーから高い順に得る

紛争カードを取り除き騎士駒は中庭に帰ってくる

フランス勝利の場合

一番大きい勝利点は誰ももらえない

2番目の点数から貢献上位プレイヤーが得る

紛争カードは下段に移動して騎士駒も順番をそのままに一緒に移動する

2回目の戦闘にイギリスが勝利した場合は1回目の戦闘と同じ処理をする

2回目の戦闘にフランスが勝利した場合は1回目と同じ処理をした後騎士駒はフランスの捕虜になる。プレイヤーは手番順に1兵力ごとに1金支払って騎士駒を中庭に戻す

戻らなかった騎士駒はストックに戻る

紛争カードはゲームから除外される

※騎士駒が1個も置かれなかった紛争はイギリスの敗北として下段に移動する

・次のラウンドの準備

紛争

2枚を上段に置き国王の恩恵タイルを表向きにする

議会

新たな法律を下段左側から順に3枚置く


ゲームの終了と最終得点計算

騎士団の兵力合計最多

最多8権力点、2位4権力点

同点の場合は従者駒所有数で決着

拡張タイル最多

最多8権力点、2位4権力点

同点の場合は金貨所有数で決着

食事中の来客 貴族タイルの数/権力点

1/0、2/1、3/3、4/6、5/10、6/15、7/21、8/28、9/36

※騎士団兵力合計と拡張タイルの同点判定後も1位が複数いる場合は12権力点を分ける

※2位が複数いる場合は4権力点を分ける

※端数切り捨て


1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • makoppiki
teedesukoさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 119興味あり
  • 243経験あり
  • 77お気に入り
  • 164持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力12
交渉・立ち回り8
心理戦・ブラフ5
攻防・戦闘7
アート・外見2
作品データ
タイトルランカスター
原題・英題表記Lancaster
参加人数2人~5人(60分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2011年~
参考価格6,800円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿