マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 4人~6人
  • 13分~50分
  • 7歳~
  • 2017年~
131
名に参考にされています
2017年04月08日 23時20分

パッケージにある通り、運50%ぐらいのゲームとなっています。
どちらかというと、他プレイヤーの出方を見て、カードを推理するゲームになっています。


▼ゲームの概要

深海魚がテーマです。キンメダイって深海魚だったはずです。確か。

カードは大きく2つに分かれ、深海魚が描かれている5色のカードと、キンメダイやホタルイカを擬人化したカードが7枚あります。


それぞれをよく混ぜて、今回のゲームで「親」になるプレイヤーを選んだらゲームスタートです。

「親」はゲーム中変わりません。他のプレイヤーを「子」と呼びます。

さて、ゲームの目的ですが、「親」と「子」で目的が異なります。ただ、いずれかのプレイヤーが目的を達したらそのプレイヤーの勝ちとなります。

ゲームではラウンド毎に区切られ、各ラウンドでは各プレイヤー1枚ずつカードを得ていくことになるのですが、「子」はそれらの数字の合計が21ぴったりになることが目的です。

「親」の目的ですが、擬人化したカードを3枚集めたら勝ちます。ルールからは正しく判別できませんでしたが、21ぴったりになっても勝つようです。


ざっとした流れですが、最初に「子」は5色のカードの山から2枚ずつ引きます。1枚を親に渡します。

渡された親はそのカードに擬人化されたカードを加えて、よく混ぜます。

ここで、親はその混ぜたカードから1枚、表を「子」のプレイヤーに向けてめくります。「親」は見れません。

「子」はそれに応じて、そのカードがほしいかどうか、手元の数字カードで表します。一番大きい数字を出したプレイヤーがカードをもらえるのですが、この時、「親」は自分で取ることを選ぶことが出来ます。

このようにしてゲームを進め、各プレイヤーが1枚ずつ手に入れたら、ラウンドが終了して、同様に続けます。(今度から残ったカード1枚+引いた1枚になります)

目標を達成したプレイヤーが出たら、そのプレイヤー勝者となります。


▼プレイの感想

作者のデザイナーズノート(のようなもの)を読む限り、子供が一番楽しめるように作られたということです。
そのため、複雑な処理を可能な限り外し、わかりやすくしているようでした。ただ、カードの数字の合計は一部特殊なカードがあり、それが分かりにくくなっていました。

とはいえ、それによってゲームに変化を付けようとしているのは分かりましたので、それはそれでありだったのかな…

私が遊んだ感じとしては(大人としては)、駆け引き要素が軽く、選択肢が少なく感じました。

勝負どころはすぐにやってくるので、そういったところで、どう見るか、というのはあると思います。




0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
atcktさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 5興味あり
  • 7経験あり
  • 3お気に入り
  • 15持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルキンメダイ!(キングメーカー問題!)
原題・英題表記KINMEDAI
参加人数4人~6人(13分~50分)
対象年齢7歳から
発売時期2017年~
参考価格1,000円
クレジット
ゲームデザインyupika
アートワークシチマロ(Shichimaro)
関連企業/団体Dilettante
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

atcktさんの投稿

会員の新しい投稿