マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

キングス・フォージKing's Forge


鍛冶屋となって、王様に工芸品を献上します。
いち早く4つ献上したプレイヤーが勝つ、サイコロを使ったゲームです。


▼ゲームの概要

サイコロを5つ持ったらスタートです。

手番では、サポートカードが4枚、表を向いている中から、1枚選んでサイコロを消費して、恩恵を得ます。

これを全員がパスするまで行ったら、順番にサイコロをすべて振っていきます。
工芸品カードで対応するカード(工芸品に描かれたサイコロの目以上の出目とその数)があればそのカードを取れます。
ただし、同じラウンド内では、よりよい出目とセットを作った他のプレイヤーに取られる場合もあります。

こうして1ラウンド終了です。

サポートカードは戻して、増えたサイコロはそのままにして、次のラウンドを行います。工芸品は常に3種類になるように、維持されます。

サポートカードには、サイコロを増やすもの、他の色に変換するもの、出目を変更するもの等があり、その場合場合によってほしいものが変わるようにできています。

またサポートカードは全部で50枚程度あり、その中から13枚程度だけを1ゲームで使います。色々な展開を楽しめるようになっています。

これは工芸品カードも同じで、毎回変わるようにできています。

誰かが4枚目の工芸品カードを手に入れたらゲームが終了し、そのプレイヤーが勝ちます。


▼プレイの感想

サイコロを運がそこまで強くないけれど、そのための準備はしっかり必要となるゲームでした。

とはいえ、ゲームは刻々と進みます。時には運に大きく頼って、相手より前に出ることも必要です。安全ばかり見ていたら出遅れてしまいます。

余談ですが、工芸品でかなり難易度の高いカードが数枚だけあります。今回、それの最難関があったのですが、これは含めない方がいいなと思いました。ゲームが無駄に長引くだけかなと思いました。

それを除けば、分かりやすい構築発展形のダイスゲームです。

このサイズである利点は「何回も色々なパターンで遊べる」といったところでしょうか。
そのためにも、工芸品カードは「とても作りにくいカード」は横によけておいた方がいいように思いました。

じゃらじゃら振るのが好きな人には、うってつけのゲームです。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:atckt
マイボードゲーム登録者
  • 29興味あり
  • 73経験あり
  • 17お気に入り
  • 43持ってる
プレイ感の評価
運・確率6
戦略・判断力4
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘1
アート・外見2
作品データ
タイトルキングス・フォージ
原題・英題表記King's Forge
参加人数2人~4人(60分前後)
対象年齢14歳から
発売時期2014年~
参考価格6,500円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 130
    名に参考にされています
    投稿日:2018年05月21日 01時04分

    鍛冶屋となって、王様に工芸品を献上します。いち早く4つ献上したプレイヤーが勝つ、サイコロを使ったゲームです。▼ゲームの概要サイコロを5つ持ったらスタートです。手番では、サポートカードが4枚、表を向いている中から、1枚選んでサイコロを消費して、恩恵を得ます。これを全員がパスするまで行ったら、順番にサイコロをすべて振っていきます。工芸品カードで対応するカード(工芸品に描かれたサイコロの目以上の出目とその数)があればそのカードを取れます。ただし、同じラウンド内では、よりよい出目とセットを作った他のプレイヤーに取られる場合もあります。こうして1ラウンド終了です。サポートカードは戻して、増えたサイ...

    atcktさんのレビューを読む
  • 125
    名に参考にされています
    投稿日:2017年03月12日 17時31分

    綿密な資源のやりくりで4色のダイスをとにかく増やして運命のダイスロールで点数を獲得!人事を尽くして天命を待つゲーム。ダイスが100個くらい入っている。マジで。ゲームは2フェイズに分かれています。第1フェイズでは、4色のダイスを資源(ワーカー)として、ダイスの数を増やしたり、第2フェイズでのダイス目を操作する特殊能力を得たりします。動きとしては、ワーカープレイスメントのように、先着順にアクションカードを選択して、アクションを実行してダイスや能力を得ます(写真の左上)ダイスの価値は黒<緑<赤<青の順で高くなります。アクションカードでは、たとえば黒のダイスを1つ使って黒のダイス3つ獲得するカー...

    だいもん(@economic_wars)さんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 1件

  • 429
    名に参考にされています
    投稿日:2016年11月05日 00時23分

    プレイヤーは鍛冶屋となり、新たな鍛冶屋を募集する王が提示した工芸品を制作して宮廷お抱えの鍛冶屋になることを目指します。【ゲームで使用するコンポーネント】ゲームボードダイス:工芸品を作るための素材。金属(黒)、木(緑)、宝石(赤)、魔法(青)、図書館(白)=オールマイティ、墓地(紫)=特定のダイス目を無効化図書館(白)と墓地(紫)はラウンド終了時にストックに戻します。工芸品カード:制作対象の工芸品が描かれたカード。その工芸品を作るための最低値のダイス目が描かれています。その色かつその出目以上のダイスが必要です。採集カード:実行可能なアクションが描かれたカード。1枚に付き上段と下段があり、使...

    atsさんのルール/インストを読む

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク