マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 15分~30分
  • 12歳~
  • 2018年~
211
名に参考にされています
2018年07月01日 22時22分

  無茶苦茶長くなったので、簡単にまとめるとパケ買いしたら  酷い目にあった話。以上。


  パッケージ見て買って、コンポーネント見て買った事を後悔した作品。

  

  買った週にプレイしてインストとプレイで1回づつ後悔したから都合3回は後悔した作品。


  あまり凄かったので登録申請までしてレビュー書きます。ここまで感情をゆさぶられたゲームも正直500種類以上遊んできてなかなか無かった。

  

  某通販サイトで送料無料のために追加で購入。私は大喜利系のパーティーゲーが好きなので期待して購入しました。なんでも漢字の知識を学びながら楽しめるとかでかなり期待が持てる文面がサイトに載っていました。


  そんで、翌日に届いたので開けてみるとしょぼいコンポーネント&A4ペラ2枚の説明書が入っており、2度見しました。2000円弱したよね!?とこの時点でだいぶ嫌な予感が脳裏を過ぎり走りの大騒ぎでした。


  そんなしょぼいと断言するコンポーネントですが、内容は以下の通り。


  ボールペン×6

  フェルトペン

  ASKULのメモ用紙

  発表用の半紙のようなメモ用紙

  お題カード

  サイコロ


  以上。

  

  うーん、 せめて値段を特定してしまう状態で入れんでくれといいたい。


  しかし、コンポーネントの良し悪しはゲームの面白さとは直結し得ない。というのは常識なところがあるのでゲーム会に持ち込みプレイする運びに。


  次の問題、説明書が読みにくい上に校正がされていない。

  あまりに読みにくくて私は途中で投げ出していたので、代わりに他の方が読みながらインストをして頂きました。


  しかし、インストが難航して30分以上かかる大変な状態に。 というのも、校正をしてないと思われるくらいに内容がアレ。箇条書きがまさかの②から始まっていたり、前の項の文が次の項の開始になっている2重表記があったりで一度見直したら気づくミスがとかく多い。また、ルールの説明の途中でお題の説明が始まるため、初見は混乱するような構成になっているのも分かりにくさに拍車をかけてしまっている印象。

  ちなみに肝心の内容は、

  親がお題提示、子がお題を元にして回答を提出、親がこの回答から気に入ったものを清書して発表する。これを親を時計回りに変えて、一周する。楽しんだ人が勝者。


  以上。ゲーム内容はこれだけなんですが、理解するまでにかなり時間をとられました。


  次にプレイです。

  まず、作者が言うこだわりの筆記用具ですが、初使用でまさかのインク出ないペンが2本ある。

  うーん、これは萎えた。提案用紙もポストイットみたいなメモなのでイマイチ盛り上がらなかった。元号決めるのにブレインストーミングの多数の案のうちの1枚みたいな出し方してるから仕方なし。しかし、清書用のフェルトペンとメモは書きご心地が良かったとの意見もあり、発表自体は盛り上がることが出来た。

  

  最後にこのゲームのガッカリした理由を述べるけども、それは、売り文句との相違点。通販サイトの紹介文曰く、漢字の知識を学びながら遊べるとあったが、説明書を読むと親がスマホで意味を調べて子に教えて素晴らしい提案を出せるように場を盛り上げろと書いてある。

  私はてっきり漢字にまつわるトリビア+お題が沢山入ってる思っていたが、実際入っていたのは元号と名前のよく使われる字からお題の使わなければならない1字がサイコロで決められるように6字づつ振り分けられた紙が10枚程度のみ。そこに漢字の意味は記されてはいなかった。これは、看板に偽りありとしか言いようがないのでは無いだろうか?漢字の知識を提供しながらお題を遊ぶ人に示してこそ、掲載した紹介文を謳う権利があると私は思う。


  説明書の最後にみんなでお題を決めて、遊んで欲しい&何かを発表するときにはこのキットを使ってほしいと記されていた。つまり、ボドゲではないと述べていた。その情報は先に仕入れられなかったのが私の敗因である。

  購入後に知ったが、説明書はネットで公開されていたようなので先に調べておけば良かった。そうすれば買わずに済んだのに…。

  

  しかし、ここまで長文の説明を書いたのは大鎌戦役以来なので、そういう意味ではすごい作品…?なのかも、しれない。手に取るのは勧めないけど。

  

  

  

  

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Arugha_Satoru
kanamatanさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 2興味あり
  • 1経験あり
  • 0お気に入り
  • 1持ってる
テーマ/フレーバー
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル漢字で大喜利!!誰でもお披露目キット
原題・英題表記Kanji de Ogiri
参加人数3人~6人(15分~30分)
対象年齢12歳から
発売時期2018年~
参考価格1,900円
クレジット
ゲームデザイン東京なかよしデザイン(Tokyo Nakayoshi Design)
アートワーク未登録
関連企業/団体東京なかよしデザイン(Tokyo Nakayoshi Design)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

kanamatanさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク