マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 60分前後
  • 10歳~
  • 2018年~

フォービドゥン・スカイ白州さんのレビュー

320名
1名
0
約1ヶ月前
レーティングが非公開に設定されたユーザー

6/10

パンデミック作者による「禁断の◯◯」シリーズ第3弾。最近、第4弾も発表されたね。

禁断の島も砂漠もプレイ済みだが、どうしてもパンデミックがチラつくので、まぁ、安定な面白さの協力ゲーム(でも、パンデミックと比較すると・・・)だよね〜みたいな感じだった。

このゲームもそうなのだろうと、そこまで期待せずにプレイしたのだが、第3弾をつくるだけあって、基本は、島や砂漠と同じだが、結構違う独特なシステムも入っているところが面白い。

まずは、無駄にこだわっているコンポーネント(笑)

ロケットを直して脱出することを目指すのだが、なんと、電池が入っており、ロケットを直すと光るw

ゲームを遊ぶだけなら、ぶっちゃけいらないが、やはりアナログで光ったりすると、さすがにワクワクさせてくれる(笑)

次に島や砂漠と比べて、だいぶ難易度があがっているゲームバランス。

前作はちょっと気をつけていれば、そう簡単にゲームオーバーにならない仕様だった記憶があるが、今回のゲームは、「禁断の空」のタイトル通り、舞台が空なので、タイルからはみ出す行為(例えば、風が吹いて押し出されるとか)で、ダメージをくらうので、今までと気をつける部分が結構増える。

それと合わせて、タイルにはロケットに電気を供給するための電線も通っているため、電気が通るタイルにいると、ダメージを受けるとこちらもくらってしまうので、そこらへんのマネジメントも大事になってくる。

そして、この風のダメージと電線のダメージは、同一ではなく、それぞれにHPとして用意されているのも特徴で、まとまってないだけよさそうに見えるが、だいたい片方だけものすごい勢いで減っていくので、余計難しくなっている感はある。

特に風が脅威で、風の方向はくるくる変化するし、タイルを置くためには、必然的にタイルの端っこに移動することになるので、常に危険が隣り合わせである。

だが、風がふくのも引き運によるものなので、運の比率が結構高めの鬼畜ゲーと感じた。

決して、運だけの無理ゲーではないが、だいぶ左右されるのは間違いない。

悪いゲームではないのだが、今、わざわざやる必要があるか?と言われると、正直、微妙なところなので、この評価。

パンデミックデザイナーのゲームが好きなら、機会があったら、やってみるのもいいんじゃないでしょうか。

この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
ぽんた
白州
白州
シェアする
  • 44興味あり
  • 52経験あり
  • 7お気に入り
  • 31持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

白州さんの投稿

会員の新しい投稿