マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

深海のイールThe Swarm

ゲーム名称:深海のイール (Der Schwarm) 2008年  BGG6.4

デザイナー:ヴォルフガング・クラマー(Wolfgang Kramer)

デザイナー:ミヒャエル・キースリング(Michael Kiesling)


原作小説のあるボードゲーム。

興味のある方はタイトルで検索してWikiを!


ゲームとしては、砕氷船で氷を砕き、探検して中央にいるイールの女王まで基地とネットワークをつなげるネットワーク陣取り系


船アクションで移動した分のタイルを獲得して、探検家アクションで探検してネットワークをつなげていく。

ラウンド終了ごとに、イールの女王とつながった基地とネットワーク分のポイントが入る。


ゲーム終了時にはそのネットワークのポイントと、ゲームボードに4つの大陸があるが、なん大陸につなげたかでボーナス得点もある。


また、ネットワークは相手のネットワークを利用することはできないが、上書きする事はできる。

しかし、上書きの条件として、前のつながりを維持した上で、上位のイールタイルを置かなければいけない。


イールタイルには2方向のL字型と直線、3方向のト字、4方向の十字があり、前のつながりを維持した状態で上位のタイルを置かなければいけない。

ただし、4方向のタイルはそれ以上がないため、上書きすることができなくなる。


また、自分のタイルも上書きすることができ、ポイントを上乗せする事もできるっぽい。(説明書の得点例に2つ自分のブイタイルが乗っていたので)

自分の所持ゲームではないので、詳細が間違ってたらごめんなさい。ルール確認ができないんやー。


そして、このゲームの肝は、アクションをカードで行い、そのカードの取得はラウンドのはじめにランダムで公開配置され、それをドラフトしていく。


一番近いところは無料だが、1つ遠くなるごとに1金かかる。というタイプのドラフト。


ただし、ここで支払うのはお金では無く勝利点。

最初に20勝利点持ってスタートするが、1ラウンド目が始まるころには一桁になってるんですけどw

そして、2ラウンド目のドラフトが終わっても勝利点が増えないw


このドラフトは本当に熱いですよ。


基本的に探検系のアクションと、妨害系の2アクションあるが、やはり妨害系は後回しになりがちで、いらないんじゃ・・・って思うけど、この妨害カードがあるからこそドラフトの失点が熱くなる。


そして、このゲームはネットワーク接続自体も充分面白かったけど、やっぱりドラフトが一番面白いかな?と思っていましたが、

ゲームが終わって色々感想戦をしてみると、ネットワーク陣取りの部分がすごい熱く思える。


先ほども言ったように、上書きはできるものの、防御もできるため、やはり先に配置してつなげて行きたいが、アクションカードはドラフトなのでそれも合わさってかなりのガチの熱量を感じます。


さらには船の存在がネットワークとしても扱われるため、船の存在も考えるとこのゲームの可能性がすごい見えてきます。


2大陸とイールの女王まではつなげやすくなってるが、問題はその後か。

ネットワーク陣取りは自分の好きなゲームエンジンなので、リプレイして真価を見たいですが、かなり深そうですよ。


深海だけにね・・・!(

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:ひめくり
マイボードゲーム登録者
  • 6興味あり
  • 4経験あり
  • 0お気に入り
  • 4持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル深海のイール
原題・英題表記The Swarm
参加人数2人~4人(75分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2008年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 96
    名に参考にされています
    投稿日:2019年01月27日 21時27分

    ゲーム名称:深海のイール(DerSchwarm)2008年BGG6.4デザイナー:ヴォルフガング・クラマー(WolfgangKramer)デザイナー:ミヒャエル・キースリング(MichaelKiesling)原作小説のあるボードゲーム。興味のある方はタイトルで検索してWikiを!ゲームとしては、砕氷船で氷を砕き、探検して中央にいるイールの女王まで基地とネットワークをつなげるネットワーク陣取り系船アクションで移動した分のタイルを獲得して、探検家アクションで探検してネットワークをつなげていく。ラウンド終了ごとに、イールの女王とつながった基地とネットワーク分のポイントが入る。ゲーム終了時にはそ...

    ひめくりさんの「深海のイール」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿