マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人用
  • 15分~30分
  • 12歳~
  • 2017年~

the dead:beloved oneばななさんのレビュー

65
名に参考にされています
2020年08月01日 19時18分

ソロプレイ専用のゾンビゲーム。
袋入りのコンポーネントはステータスボード1枚と、その上で主人公のHP/MPを示すために使うキューブが2個。
カードが48枚とキャラクターコマ2枚、以上。というとてもシンプルな内容。

カード48枚の内訳は、手札として主人公の移動や回復に使うカードと、主人公とゾンビが歩く道のりとなる場所カード、及び時間経過や脱出拠点を表すカード。

まず説明書の手順に従って場所カードに時間経過と脱出拠点カードを混ぜ(道のりの前半で夜になり後半で昼もしくは脱出拠点カードが出るようになる)、その場所カードの山から常時7枚が開示され、その上を主人公とゾンビが歩いていく。

主人公は昼に歩き出しその間はゾンビの歩みは遅いが、途中で夜になると一気にゾンビの歩みが早くなる。
主人公の移動/回復を担うカード9枚のうち手札は3枚で(無くなった時点で補充)、開示されている道のり上その手札をどの順で使うかに戦略が必要となる。


主人公がゾンビに追いつかれたり、体力を全て使い果たしたらゲーム終了。追いつかれずに脱出拠点までたどり着ければ脱出成功してゲーム終了。最後に得点計算を行う。

開示されていく場所カードもそれによって使い分けたい得られる手札も、いつ脱出拠点が出てくるかも全てが運だし、なかなか脱出は難しい。
しかしそもそもこの追ってくるゾンビは元妻という世界設定がゲームの雰囲気を盛り上げ、脱出したら終わり!ではないどんな終わり方をしても切なく味わい深いラストを演出しているのがすばらしく思った。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
ばななさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 22興味あり
  • 6経験あり
  • 2お気に入り
  • 11持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルthe dead:beloved one
原題・英題表記the Dead:Beloved One
参加人数1人用(15分~30分)
対象年齢12歳から
発売時期2017年~
参考価格1,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

ばななさんの投稿

会員の新しい投稿