マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~8人
  • 15分前後
  • 14歳~
  • 2016年~

コードネームYONさんのレビュー

135
名に参考にされています
2018年04月20日 18時22分

偶数人数がいいですね。

2組に分かれて、それぞれスパイマスター1人と現場諜報員1人~を決めます。

さまざまなコードネームのカードを5×5に並べます。

スパイマスター2人が、それぞれの味方のエージェントのコードネームに関連するヒントを単語と枚数で伝えます。

そこから現場諜報員がエージェントを推理して、当てていくゲームです。

ターン制でより先に味方のエージェントをすべてオープンできたチームが勝ちです。

 

説明は難しいけど、手番でやることは1種類ずつしかありません。

①スパイマスターなら、エージェントのコードネームに関連する単語と枚数を言う。

②現場諜報員なら、スパイマスターが示すエージェントを推理する。

 

スパイマスターが大変で、ちょっと長考しがち。

それを防ぐ用の砂時計も入ってるんですが、

まあ長考したい気持ちもわかるので、

使ったことはありません。

 

スパイマスターとしては、

できれば3枚以上のコードネームに関わるヒント(単語)を言いたいんです!

でも本当にコードネームがバラッバラなんです!

そして暗殺者(それを諜報員にオープンされたら即負け決定)が、

本当に邪魔なんです!

コードネームはランダムに並べているというのに!

 

スパイマスターが無理やりひねり出したふわふわしたヒントから、

諜報員として、ちゃんとエージェントをオープンできたときの爽快感!

 

めちゃくちゃ悩みます。

何度やってもずっと難しいなー難しいなーって思ってます。

でもそれがおもしろいんだろうなって感じです。

なんだかんだ定期的にやってます。

スパイマスターやるの大変だけど好き。

パーティゲームだけど、ゲーム中はシリアスな雰囲気になります。

ボードゲームやってるー!って思う頭の使い方で好きです。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
YONさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 660興味あり
  • 2930経験あり
  • 732お気に入り
  • 1453持ってる
プレイ感の評価
運・確率7
戦略・判断力51
交渉・立ち回り8
心理戦・ブラフ28
攻防・戦闘1
アート・外見3
作品データ
タイトルコードネーム
原題・英題表記Codenames
参加人数2人~8人(15分前後)
対象年齢14歳から
発売時期2016年~
参考価格3,240円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

YONさんの投稿

会員の新しい投稿