マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

カサブランカCasablanca

スパイゲームの古典。お金しだいでどの国の言うことでも聞くスパイを操ってシグマファイルを運び出す。

  松田道弘著『ボード・ゲーム』(注1)に「シグマ・ファイル」というゲームが載っている。その名前のゲームも存在する(3-4人用)が、入手難である。別名で全く同じゲームが「コンスピラシー」(3-4人)と、この「カサブランカ」(2-8人)である。4人くらいが最適。

 松田道弘氏の文章では、「金銭次第でどちらの国にもやとわれるような、きわめて優秀なスパイの集団を使って、盤上でかけひきのゲームをやってみたらいったいどんな結果が生まれるだろうという興味深い命題を、みごとに具体化してくれたのが『シグマ・ファイル』という英国製の独創的なブラフのゲームです。」

 プレイヤーはそれぞれ1つの国を担当する。盤上にいる8人のスパイは特定の国に所属しない。プレイヤーは盤上にいるスパイのどれでも動かすことができる。盤の中央にある書類ケースを自国のマスまで運んだらそのプレイヤーの勝ちである。

 プレイヤーはスパイに書類ケースを運ばせたり、他のスパイを抹殺させたりすることができる。ところがこの行動に他国から待ったがかかる。待ったがかかったとき自国の思いどおりにスパイが動くかどうかは贈った賄賂の額の多少で決まる。スパイが動くのはお金しだいなのである。

(注1) 筑摩書房 <松田道弘あそびの本>、1981年、140頁

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. malts_ymalts_y
マイボードゲーム登録者
  • 4興味あり
  • 15経験あり
  • 3お気に入り
  • 12持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルカサブランカ
原題・英題表記Casablanca
参加人数2人~8人(30分~40分)
対象年齢10歳から
発売時期1982年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 1件

  • 105
    名に参考にされています
    投稿日:2017年04月02日 17時39分

    プレイヤーはそれぞれ1つの国を担当する。盤上にいる8人のスパイは特定の国に所属しない。プレイヤーは盤上にいるスパイのどれでも動かすことができる。盤の中央にある書類ケースを自国のマスまで運んだらそのプレイヤーの勝ちである。プレイヤーはスパイに書類ケースを運ばせたり、他のスパイを抹殺させたりすることができる。ところがこの行動に他国から待ったがかかる。待ったがかかったとき自国の思いどおりにスパイが動くかどうかは贈った賄賂の額の多少で決まる。 ■準備書類ケースを盤の中央に置く。プレイヤーはゲームを通じて$10,000を使うことができる。お金は各自が紙と鉛筆で管理する。■手番にできることは次のうち...

    malts_yさんの「カサブランカ」のルール/インスト

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿