マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

バケツくずし3D Bucket King 3D

7/10

2002年ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート作品「バケツくずし」の3D版。

基本的には縛り前提の大富豪みたいな感じでカードを出し、パスをすると、出していたカードに描かれていた動物と同じ色のバケツを崩されてしまう。

バケツは最初15個持ってスタート(最近は人数が多くなって10個スタートのルールもあるが、個人的には、15個オススメ)して、0になったら脱落。

一定の人数が脱落したら、一番バケツを持っていた人の勝ち。

このゲームで面白いところは、ゲームの最初に手札が配られて、それでバケツのピラミッドをつくるところ。

パスをすると、その色のバケツを指でデコピンみたくふっとばさないといけないので、手札にない色はできる限り上の方に置いておくほうで、リスクをへらすことができる。

ただし、ここのバランスが重要で、いくら最初強いからといって、全部一番下に置くと、手札を出し続ける中、ずっと強いというのは、よほど運がよくないとありえないので、パスするところはしっかりパスしないと、一気にバケツがなくなるので、ここらへんの調整が面白い。

特に一番下の段の真ん中は、吹っ飛ばすと、2つのピラミッドに分かれてしまい(しかも1個しか残せない!)、大ダメージがあるので、とても重要。逆にそこを狙うのはかなり有効。

バケツの組み方やいつパスするかの判断、相手の何色のバケツを狙うかなど、それなりの戦略性はあるが、数字が1〜8とかなり離れているので、手札で弱めの数字ばっかりくると、どうしようもない感があるのは欠点。あと、隣の人しか攻撃できないので、バケツを一番多いプレイヤーを攻撃できない仕様もあり、大人数でやるのはそこまで向いていないゲームかな。

という感じで欠点もあるといえばあるが、パーティーゲームとして考えると悪くはないし、ビギナーズラックもちょうどいい感じなので、ここらへんはプレイヤーの求めるゲーム性による。

2002年ノミネートの「バケツくずし」は2D版で、純粋に色の置き方しか気にしなかったが、今作は、3D版なので、くずし方によっては、2Dではくずれないところがくずれてしまうので、ハプニング性が入っているのは個人的に面白いと思うが、逆にそこが気に入らない人も出てくるかもしれない。(といってもよほど変に打たない限りないが)

イラストは2002年のをずっとやっていたので、そっちに愛着があって、3D版のは正直微妙な感じ。まぁ、ピック・ア・ドッグとかと同じイラストなので、そっちが好きな人はアリかな。

ちなみにバケツくずし2というのもあるが、バケツがそもそも少ないので、こっちは4段ピラミッドしかつくれず、個人的には本家のバケツくずしか3D版なら、5段ピラミッドで対決できるので、オススメ。

あと、3D版は、1の数字カードが他の数字のカードの色を変えられる効果を持っており、1のハズレ感が若干解消されているのはいい。本家にも採用できるので、持っている人は試してみるといいかも。

いろいろ書いたが、まとめると、3Dのバケツの立体感はなかなかのものなので、そっちに惹かれる人は3D、立体感やアクションを抜かした純粋なゲームしたいなら本家、バケツくずし2は、ぶっちゃけ5段ピラミッドできないので、個人的にはなしといった感じ。

個人的ランキングなら、バケツくずし=バケツくずし3D>バケツくずし2(個人的にはなし)。

ただ、現在、本家、2、3D、どれも入手が簡単にできないので、見つけたら、2でも、とりあえずプレイしてみるといいと思う。

基本が大富豪で、それにピラミッド要素を入れたライフゲームになっているので、日本人にはやりやすいゲームだと思うので、初心者にもオススメできる名作。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:白州
マイボードゲーム登録者
  • 7興味あり
  • 43経験あり
  • 5お気に入り
  • 26持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルバケツくずし3D
原題・英題表記Bucket King 3D
参加人数2人~6人(20分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2014年~
参考価格3,600円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 124
    名に参考にされています
    投稿日:2018年11月07日 17時49分

    7/102002年ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート作品「バケツくずし」の3D版。基本的には縛り前提の大富豪みたいな感じでカードを出し、パスをすると、出していたカードに描かれていた動物と同じ色のバケツを崩されてしまう。バケツは最初15個持ってスタート(最近は人数が多くなって10個スタートのルールもあるが、個人的には、15個オススメ)して、0になったら脱落。一定の人数が脱落したら、一番バケツを持っていた人の勝ち。このゲームで面白いところは、ゲームの最初に手札が配られて、それでバケツのピラミッドをつくるところ。パスをすると、その色のバケツを指でデコピンみたくふっとばさないといけないので、手札にな...

    白州さんの「バケツくずし3D 」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク