マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 20分前後
  • 5歳~
  • 2009年~

ニムト:ジュニアいかっぱさんのレビュー

204名
4名
0
3ヶ月前

8歳娘と6歳息子と遊びました。

放課後さいころ倶楽部にも登場する人気のカードゲーム ニムト6nimmt!のジュニア版です。

ニムト自体が、8歳から遊べるので子供とも遊びやすいゲームではありますが、駆け引きを楽しむ要素も強く、幼児と大人が真剣勝負をするのは無理があります。

こちらのジュニア版は5歳から遊べるように、数字をなくし、絵柄を6種類そろえるとカードを獲得でき、カードが多い人が勝ちといった理解しやすいルールとなっています。
本家は、カードを多く獲得した人が負けなので、より幼児に受け入れやすいルールです。

ただし、本家同様にカードを多く獲得したら負けのアドバンスルールもあります。

5歳から遊べる通常ルールでは、手札はなく山札から順番に一枚ずつ配置していきます。
配置ルールは2つ。
①その列にまだ置かれていない種類のカードのみ、置くことができます。
②4つの列すべてに引いた種類の牛カードが置かれている場合、任意の列にそのカードを置くことができます。 

1つの列に6種類すべての牛が置かれたら、その列の牛カードをすべて獲得できます。

山札がすべてなくなったらゲーム終了で、牛カードを1番多く獲得した人の勝ちです。

上級者ルールでは、手札として3枚ずつ配り、配置したら山札から補充します。
配置ルールは通常ルールと同じです。

勝者は牛カードを一番多く獲得した人ですが、ニムトに近づけて、一番少ない人が勝ちにすることもできます。

プロプレイヤールールは、ぐっとニムトに近づきます。
配置ルールもこれまでのルールと異なります。

①その列のいちばん右に置かれているカードに、いまプレイしようとするカードの牛が少なくとも1つ描かれていな ければなりません。 

②手札のカードがどの列にもプレイするこ とができない場合、 列を1つ選び、その列のカードをすべて取って自分の前に置きます。
そして空いた列に手札のカードを1枚プレイします。 

列の6枚目(列カードを含めて)のカードをプレイしたら、いまプレイしたカードを除いて、その列の牛カードをすべて取ります (列カードは残ります)。
いまプレイしたカードは列カードの次のカードになります。

獲得した牛カードの枚数が最も少ないプレーヤーが勝者になります。 

通常ルール(5歳以上むけ)だと、手札がなく山札からめくったものを配置していくので、めくり運がかなり強くなります。
とはいえ、どこに置くかは考える必要があるので、確かに5歳くらいの子にはちょうど良い難易度です。

上級者ルールは手札がありますが、配置ルールは変わらないので、通常ルールが理解できれば6歳といわず5歳くらいから遊べると思います。 

ニムトと大きく異なる点としては、獲得枚数が多い方が勝ち!という点です。
子供には『カード獲得=良いこと』のほうが理解しやすく、楽しめます。

6歳になった頃から、スリルを味わう面白さが理解でき、負けても楽しめればよいとわかってきたので、『カード枚数=マイナス点』で遊ぶようになりました。  

プロプレイヤールールからは、配置ルールも変わり、ゲームの印象ががらっと変わります。
遊び慣れると、このルールが一番面白いとのことです。
やはり通常ルールや上級者ルールだと、簡単でわかりやすくはありますが、6枚目のドキドキは味わえず物足りない感はあります。 

プロプレイヤールールは、ニムトと比較し、カードが絵柄で数字でない分、選択肢は少なく戦略性では劣りますが、小さい子も遊べるという点で、まさにジュニア版ニムトです。
大人も十分楽しいゲームに変わります。

ルール選択は、ルール理解だけではなく、駆け引きを楽しめるかどうかで決める方がよいと思います。 

まずは、上級者ルールでマイナス点の獲得というルールに慣れて、それが楽しめたら、プロプレイヤールールの配置ルールに慣れてもらう。
そういったステップがあるのは、子供むけゲームとして非常に優秀ですね。
そして、ニムトへ。 

 

この投稿に4名がナイス!しました
ナイス!
おとん
ChezLien 半蔵門
とりうみ
じむや
仙人
いかっぱ
いかっぱ
シェアする
  • 16興味あり
  • 35経験あり
  • 3お気に入り
  • 44持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

いかっぱさんの投稿

会員の新しい投稿