マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ニムト:ジュニア6 nimmt! Junior

6ニムトとゆう有名なゲームがありますが、これはそのジュニア版。

6歳の息子と嫁さんの3人でプレイしました。


通常、本家の6ニムトではカードを取ったらダメなんですが

このゲームは、その逆で、カードを沢山取ったものが勝ちです。


マイナスよりプラスにすることで、

小さな子にもわかりやすく勝てるようにしており

そのへんの発想はさすがです。

子供は増えたら勝ちって思考やから。


本家6ニムトでは、数字が書いてあるのですが、

このゲームは、数字ではなく、動物になっております。

絵にすることで、これまた子供が理解しやすいようになってます。


また手札がないってのも、5、6歳は手札を持つのが苦手ってのを

ちゃんとわかった作りになってます。


場には4つの小屋カードがあり、

自分の番ではカードを1枚引いて、それをどれかの小屋の横に並べて置くだけです。


で、カードには6種類の動物が描かれていて

6種類の動物をそろえる最後のカードを置いた者が

その小屋の横の並んだカードを全部もらえるってのがルールです。


こんな風に本家6ニムトと同じように列状に置いていきます。


基本的に、その絵の動物が置いてある列には、同じ絵のカードは置けないんですが

全部、置けない時は、どこにでも置くことができます。


あと、絵には2種類や3種類の動物が描かれたカードもあり

そのカードに書かれた動物全てが列になければ、その列に置けます。

例えば2種類の動物が描かれていたら、1種類がかぶっても置けるのです。

置いたら、複数の種類のカードの動物は全部、6種類の1つとしてカウントします。

(もちろん、かぶってる動物はカウントしません)


以上のルールにより

引取れる列は必ずしも6枚にはならず、多くなったり少なくなったりします。


本家の6ニムトは、

どの列に置くか、そのためにどのカードを出すかってゆう

ちょっと複雑な思考のゲームですが、

このゲームは、見た目は似ていても

どの列に置くかだけを考えるゲームになってるので

考えるポイントは、本家より非常にシンプルになっています。


なので、本家6ニムトよりは運の要素がかなり大きく

幼児にも勝つチャンスがあるとゆーわけです。


ただし、大人は、引いたカードが6種類目じゃない時は、

なるべく自分の番に6種類目の動物がくるような枚数の場所を

考えて置く戦略をとりますが


幼児は運に頼りきっていて

早く6種類そろうようにだけ考えて置いていくので

それで幼児が負けることは多いです。


一応、うちの子にも、

「今、その場所に置いたら

自分の番が周ってくるまでに誰かがそろえる可能性が高くなるから

ちょうど自分の番がきた時に、そろうような所に置いた方がいいで」

と、教えたのですが、


うちの子、頑固やから、

「僕はここで、いいの!」って意地はっちゃって

それでも勝つこともあるから、面白いんだけど。


でも、ちょっとずつ

ん、ここに置くと、誰かに先に6種類そろえられてしまうんちゃうの

って思考を覚えていけば

本家の6ニムトをやれる日も近いと思います。


本家の6ニムトもルール自体は簡単で、恐らく6歳でもできるんだけど

勝つには、もうちょい複雑な思考が必要なわけで


とゆーわけで、大人と小さな子供が6ニムト風なゲームを楽しみたいなら、

または本家の6ニムトをプレイする前の練習用としてなら最適なゲームです。

うちの子は楽しんでました。

でもやっぱ、大人はちょっと物足りないかな。


全員、8歳以上なら、当然、本家をプレイしたらえーんやで。


最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:レモネード
マイボードゲーム登録者
  • 4興味あり
  • 7経験あり
  • 0お気に入り
  • 9持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルニムト:ジュニア
原題・英題表記6 nimmt! Junior
参加人数2人~5人(20分前後)
対象年齢5歳から
発売時期2009年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 120
    名に参考にされています
    投稿日:2018年12月07日 21時43分

    6ニムトとゆう有名なゲームがありますが、これはそのジュニア版。6歳の息子と嫁さんの3人でプレイしました。通常、本家の6ニムトではカードを取ったらダメなんですがこのゲームは、その逆で、カードを沢山取ったものが勝ちです。マイナスよりプラスにすることで、小さな子にもわかりやすく勝てるようにしておりそのへんの発想はさすがです。子供は増えたら勝ちって思考やから。本家6ニムトでは、数字が書いてあるのですが、このゲームは、数字ではなく、動物になっております。絵にすることで、これまた子供が理解しやすいようになってます。また手札がないってのも、5、6歳は手札を持つのが苦手ってのをちゃんとわかった作りになっ...

    レモネードさんの「ニムト:ジュニア」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク