マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 1999年~
116
名に参考にされています
2018年07月11日 22時00分

6/10

かなり知名度は低いものの、クニツィアの2人ゲーム「ロストシティ」「ショッテントッテン(バトルライン)」と並ぶ3部作と呼ばれるほどの完成度の高いカードゲーム。

ルールはバトルラインに似ているが、バトルラインよりもさらにシンプルで、11枚のタイルを取り合う。

タイルには色か数字が書かれており、数字は1〜5、5色ある色のタイルには5が書かれていて、これが得点。もちろんこれが多い方が勝ち。

カードは1〜5が5色で2枚ずつあり、全部で50枚。手番には、8枚の手札の中から1枚出すだけ。

ただし、数字のタイルには同じ数字、色のタイルには同じ色でないと出すことができない。

あとは手札が0になるまでやって、バトルラインみたいに、それぞれのタイルで合計が多い方が勝ちで、得点としてタイルを得る。

ちなみに数字のタイルの1や2は数字が低いため、得点が低いが、先に2枚とった方がボーナスタイル5点をゲットできるため、無視してはいけないようになっているのが面白い。

バトルラインのようにいくつかの役を覚える必要がないので、より手軽に始められるのもいい。

さらに、3人の三つ巴戦や4人のペア戦でも、もしかしたら2人のときよりも面白いと言われたりするので、かなり優秀なゲームだと思う。

カウンティングも全てのカードは公開されているのでそんなに苦でもないし、はじめに数枚抜かれているので、カウンティングが全てでないところも好印象。

という感じで、褒めてきたものの、シンプルすぎるがゆえに、勝ってもそこまでよっしゃ!といった嬉しい感情が他のゲームより薄く感じたり、ゲーム全体に地味な印象を受けたので、個人的にはこの評価とした。

なんか言葉では表せなかったが、何かが足りない気がしたゲーム。

ただ、普通に安定したゲームが好きな人であれば、もっと高評価なゲームだとは思うので、興味のある人やクニツィア好きの人、バトルラインやロストシティが好きな人はやってみてもいいと思う。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
白州さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 0興味あり
  • 2経験あり
  • 0お気に入り
  • 4持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力4
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルカール大帝の騎士 / タビュラ・ラサ
原題・英題表記Knights of Charlemagne / Tabula Rasa
参加人数2人~4人(20分前後)
対象年齢8歳から
発売時期1999年~
参考価格2,415円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白州さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク