スウィーツ!Sweets!

おいしいスウィーツがいっぱい!かんたんカワイイ、セットコレクションタイプのカードゲーム

【ストーリー】
ここは、最近人気のスウィーツ店。
どれもとってもおいしいと評判ですが、マナーにはかなりうるさいという噂も・・・!?
色々なスウィーツを好きなだけ食べて、おなかも心もいっぱいにしちゃいましょう!

【ゲーム概要】
「スウィーツ!」は、場からのカードの入手と交換をうまく繰り返しながら同種類のスウィーツを揃え、タイミングよく食べて満足度を上げていく、セットコレクション・タイプのカードゲームです。
簡単なルールとちょっと考えさせられる戦略性で、子供と大人が一緒に楽しく遊べます。

【ゲームの目的】
おいしいスウィーツをたくさん食べておなかをいっぱいにしましょう。
ただし、ここはマナーにうるさいお店です。
スウィーツを食べる時には、同じ種類のスウィーツを決められた数まとめて食べなければなりません。
また、一人が取り置きしておけるスウィーツの数も決められています。
紅茶を飲んで一休みしながら、誰よりもスウィーツを味わっちゃいましょう!

【ゲームの準備】
全てのスウィーツカードをよく切り、各プレイヤーに3枚ずつ配ります。
残ったスウィーツカードは山札として重ねて中央に置きます。
その後、山札の上から5枚を、場札として表にして並べます。
ティーカップカードを各プレイヤーに1枚ずつ配ります。

【ゲームの進め方】
・プレイヤーは自分の番に以下の4つのアクションから一つを選んで実行します。
A. 場札のカード1枚を取る。 ※手札が5枚以上の時は、スウィーツカードは取れません。
B. 山札の一番上のカードを取る。 ※手札が5枚以上の時は取れません。
C. 2枚以上のカードを同じ枚数の場札と交換する。
D. 手札のスウィーツを食べる。
・山札が無くなるまで繰り返し、最後に各プレイヤーが1回ずつ「D」のアクションを行います。

【得点計算】
各プレイヤーは、自分が食べたカードの★の数を数え、その合計数が得点となります。
合計得点が最も高いプレイヤーの勝ちです。
同点の場合は、食べたスウィーツカードの枚数が多いプレイヤーが勝ちとなります。

【ソロ(1人)プレイ】
アクションを取るたびに、山札の一番上のカードが捨て札として無くなっていきます。
山札が無くなるまでの間に、どれだけスウィーツをたくさん食べて満足度を上げられるかに挑戦します。
獲得した得点によって、ランク(S~C)が決まります。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. yamato_contactyamato_contact
マイボードゲーム登録者
  • 9興味あり
  • 29経験あり
  • 1お気に入り
  • 24持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルスウィーツ!
原題・英題表記Sweets!
参加人数1人~4人(15分前後)
対象年齢7歳から
発売時期2016年~
参考価格2,000円
クレジット
ゲームデザインイイダテツヤ
アートワークイイダミカ
関連企業/団体YAMATO GAMES(ヤマトゲームズ)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 86
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月04日 17時00分

    手札を交換してセットコレクションするゲーム。ルールはとても簡単です。手番が来たら手札を1枚補充するか、2枚以上交換するか。規程の枚数(種類ごとに異なる)集めたら、食べることができ、得点化できます。傑作とは言いませんが、安心して遊べるゲームです。ときどき引っ張り出して家族や友達で遊ぶ感じでしょうか。平和なプレイ感ですが、どれを集めいつ得点するかけっこう判断を迫られるので退屈はしません。逆にゲーム会やパーティーで1回2回プレイして楽しむタイプのゲームではないかな。何回かプレイして、各カードの特徴とか、場の流れの展開とか、典型的な展開がわかってきた上でどう立ち回るか、というタイプなので。プリン...

    sokuri3510さんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 1件

  • sokuri3510さんの投稿
    ハウスルール

    うちでは以下のバリアントで遊んでいます。・2~3人で遊ぶ時は、初期の場札を4枚は山札から開き、1枚は未使用のティーカップカードを置く。・手札が1枚以下の時は、通常の手番の代わりに山札から2枚カー...

    0件のコメント64ページビュー11ヶ月前

会員の新しい投稿