マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

元老院議員Senator

対立する議題に注意しつつ、議題を勝ち取れ!

このゲームは元老院の議員となり、議会に提出される政策を獲得していくことを目指します。

最初にプレイ人数に応じた議題が場に出され、スタートプレイヤーがその中から今回議論したい議題を選びます。
各プレイヤーは少ない手札を使って競りを行い、議題を取り合います。
競り勝ったプレイヤーは、議題に応じた特殊能力を使った後、その議題の責任者を示すために誰かの巻物の奥側に置きます(これ重要)

最終的には、ゲーム終了時に通した議題の多い人が勝者なのですが、議題にはそれぞれ対立する議題があり、まだ施行されていない議題の中で対立する議題がある場合、対消滅してしまいます。
そのため、通した議題が自分以外の人に渡されることもありえるのです(自分が対立議題を落札してしまった場合の逃げにも使えますね)

また、場に出ている議題以外にも執政官の承認を競りにかけることも出来ます。
この競りに勝利すると、現在自分の前に置かれている議題を施行し、自分の成果することが出来ます。
既に施行された成果は新たに対立する議題を受け取っても対立することはなく、勝利点として確定します。

このように、議題と手札をにらめっこしつつ、議題を手に入れていきます。
プレイとしてはシンプルですが、場の競り方法を支配するイベントカードによって大きく競りの方法が変化し、さらには全員の手札に、『今回の議題を立ち消えにさせる』暗殺カードが入っています。
危険な議題を破棄させたり、手札を浪費させるためにも使ってくるかもしれません。

手札は数少ない上に全員が同じなので、ランダム要素はイベントカードと場に並ぶ議題のみ。
比較的短い時間でひりひりとした駆け引きが楽しめます。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. assaultassault
マイボードゲーム登録者
  • 5興味あり
  • 2経験あり
  • 1お気に入り
  • 10持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル元老院議員
原題・英題表記Senator
参加人数3人~5人(60分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2004年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク