マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 15分前後
  • 6歳~
  • 2007年~

ペンギンパーティfullhouse_pokeさんのレビュー

145
名に参考にされています
2017年09月19日 10時19分

ルールやデザインは色々な方が既に書かれているのでプレイした感想を(3人プレイです)

半協力型なので全員失点を最小に、できれば無失点で終わらせたい心理があるのでピンチな色を救う性質がありました

例えば6段目に黄色がなくなる可能性がある配置をすると別の人が黄色を置いてくれたり

そこで手札でちょっと捌くのが難しそうな札がいくつかあっても、片方が次の段で生存しにくい形にすることで、他の人が協力して生存させ、自分のプレイの幅を保つことができました

また、基本的に8~5段目の計26枚を消費するまで脱落した色が無いような形にしがちです

そうなるとこの4段それぞれに5色を使用するのでフリースペースは6枚です

この6枚のフリースペースと各段1枚の枠をいかに自分のために使うかが求められます

また4段目からは必然的に色が減っていきますので、減っていく色の中でいかにプレイし続けるかが求められました

人数が少ないからか、手札の片寄りもそこまで多くなかったため、基本的な攻略方法(枚数の多いものから捌いて失点を減らす)とは逆転の発想として、枚数が3~4枚ぐらいの色を最後の蓋をしていく色とし、枚数の少ないカードを使ってその色をサポート(ピンチに陥らせて相手に生きながらえさせてもらう)みたいなことをしました

つまり、相手の手札の特定の色を序盤に消耗させ、その上で後半は自分がその温存した色の札で相手の出せる札を削る、蓋をするという作戦もあるかと思いました

いかにプレイし続けるかを考えると枚数の少ない色は後半捌けるかどうかギャンブルですからね

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
ペンギンパーティー
ペンギンパーティーの通販
ペンギンたちのピラミッド!自分のペンギンが参加できないとシャチに食べられちゃうよ
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 1,540(税込)
fullhouse_pokeさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 352興味あり
  • 2549経験あり
  • 618お気に入り
  • 1549持ってる
プレイ感の評価
運・確率28
戦略・判断力61
交渉・立ち回り9
心理戦・ブラフ4
攻防・戦闘3
アート・外見31
作品データ
タイトルペンギンパーティ
原題・英題表記Penguin Party
参加人数2人~6人(15分前後)
対象年齢6歳から
発売時期2007年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿