マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
ペンギンパーティ
  • ペンギンパーティ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~6人
  • 15分前後
  • 6歳~
  • 2007年~

ペンギンパーティ / Pinguin-Party の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
ペンギンたちのピラミッド!自分のペンギンが参加できないとシャチに食べられちゃうよ
  • ライナー・クニツィア(Reiner Knizia)作

 自分の番が来たら、手札の 5 色のペンギンから 1 枚を選んで出し、みんなでペンギンのピラミッドを作っていきます。やることはとても簡単ですが、なかなかどうして考えさせるゲームです。

 プレイヤーの目標は、自分の手札を全部出しきることです。残った手札は 1 枚あたり 1 点の減点になってしまい、何回か遊んだ後に一番減点が少ない人の勝ちです。ピラミッドの一番下の段には好きな色のペンギンを出せますが、2 段目以降はそうはいきません。下にある 2枚のペンギンの、どちらかの色と同じのものしか出せないのです。ですから自分の手札にたくさんある色のペンギンが上に上に昇っていけるように、置き方を工夫する必要があります。上の段に残らなかった色のペンギンは、もう置けなくなってしまいます!どのペンギンから出すべきかを、よく考えましょう。

 一見危なくなっても、他の人も同じ色のペンギンを昇らせたいと思っていて、意外と大丈夫、ということもあります。各ペンギンの枚数は決まっています。全員が合計であと何枚その色のペンギンを持っているかということが、大切なヒントです。

 最高の遊びやすさと面白さをあわせ持ったカードゲームです。普段ゲームに遊びなれていない人を誘うのにもお勧めです。

ペンギンパーティに32件の書き込みがあります

790
名に参考にされています
2016年04月14日 14時11分

 本作「ペンギンパーティー」は、5種類のペンギンをピラミッド状に並べていくゲームです。ピラミッドは基礎から建築せねばならず、上の段に配置するペンギンの色は、常に下の段と接続している必要があります(1段目に紫のペンギンがいないと、2段目には紫のペンギンを配置できない)。

 自分は十数回ほど遊びましたが、その多くが4人プレイでした。今回の攻略内容は4人プレイ向けのものである事をご了承下さい(個人的には、ピラミッドの根本部分に1人あたり2枚ずつカードを配置できる4人プレイが、最も良いバランスだと思っています)。

■基礎戦略
 ペンギンは全部で5色、カード枚数は各色7枚(緑のみ例外で8枚)で、合計のカード枚数は36枚。カードは人数全員に等分して配るため、1人の手札は9枚となります。
 本作で作るピラミッドは8段(合計36枚)なので丁度良さそうに見えますが、多くの場合は途中で“脱落する色”が出てきます。その理由は、接続できる限界数。最下段こそ8枚ですが、3段目に入ると5枚しか並びません。つまり、4段目以降に残れるのは最大で5色までとなり、すべての色は残れません。

 すなわち、本作の基本戦略は「自分の手札の中にない(少ない)色を脱落させること」です。例えば、自分の手札が[青2][黄2][赤1][紫4]だった場合を仮定して下さい。場に赤が出なかった場合、自分以外のプレイヤーが負う損失は実に8点に及びます。対して、紫が脱落した際の他プレイヤーの最大損失は5点程度です。もちろん場の状況次第でこの数値は変動しますが、カード選びの基準として参考にしてください。

■端は危険地帯
 カードを脱落させるための手段として、個人的に「ブロック」と呼んでいる方法があります。相手が伸ばそうとしている色を、意図的に妨害するのが「ブロック」です。ただし中央部分では、ひとつの色を塞ごうとする場合、2つのカードが必要となります。つまり、次手番プレイヤーの助けがいるわけですね。ブロックを行うときには、次手番のプレイヤーがあまり持っていない(競合しない)であろう色を狙うと良いでしょう。

 また、端ではこの法則は通用しません。端に1枚だけ配置されたカードは、容易に行く道を塞がれてしまいます。伸ばしたい色のカードを端に配置するのは厳禁です。…なお、この法則をプレイヤー全員が理解している場合、裏をかくことも不可能ではありません。

■すべては根本にあり
 上記でピンと来た人は多いかと思いますが、本作の最重要な意思決定は根本(ピラミッドの1段目)の構築にあります。根本構築の方針で、ほとんどのプレイヤーの手札の大まかな内容が知れるようになったら、本作がかなり楽しめるようになるでしょう。

続きを読む
閉じる
552
名に参考にされています
2017年06月30日 09時04分

【概要】

プレイヤー人数:2~6人(4人以上推奨)

プレイ時間:1プレイ20分ほど

難易度:かなり簡単


【おおまかな流れ】

ペンギン達はピラミッドを作ってパーティーの準備をしています。

自分の持っているペンギンをたんさん乗せた人の勝ち、乗せられなかったらシャチに食べられてしまいペナルティーが増えて負けてしまいます。

如何にシャチに食べられず、手札を減らせたかが重要なゲームとなります。


【ゲーム準備】

36枚のカードをよく混ぜて全員に同じ枚数を配ります。

(5人でプレイされる場合は1枚残るので、テーブルの真ん中に置きます。)

シャチのチップは一つにまとめて近くにおいておきましょう。


【ルール】

最初の人から時計回りにプレイしていき、手札からカードを1枚取って並べていきます。

作るピラミッドは8段1番下の段は8枚となっています。


最初の人はどこに置いても構いませんが、次の人から段の右端、左端に置いていきます。

7段目からはすぐ下の段で隣り合っている2枚のカードの中ほどにのみカードを置けます。

また、新たに置くカードは下の2枚どちらかと同じ色のカードを置かなくてはなりません。

下の段が埋まる前でも上の段にカードを置けます。


良い例(下の段の色に合わせてペンギンを置いている。)

悪い例1(下の段の色と異なっている) 

悪い例2(2枚のカードの中心から逸れている)


【脱落とペナルティーについて】

手番が来た際に出せるカードが無かった時点で脱落となります。

その際に手札に残ったペンギン達は海に落ちてしまい、シャチに食べられてしまいます。

その為、手札の数だけシャチチップを貰いましょう。

※手札を全て出すことが出来た人は、シャチチップを2枚返却することが出来ます。


【1ゲーム終了】

全員が脱落or手札を出し切ったらゲームは終了です。

最後の人が何度も手番を行う事もあり得ます。

終わったらカードを全て集めなおし、配ります。


【全ゲーム終了】

参加人数と同じ回数だけゲームを繰り返します。最初にカードを出す人は時計回りで行っていきます。

(ローカルルールではありますが、3セットくらいが丁度よいかもしれません。)

ゲーム終了時。持っているシャチチップのポイントが一番少ない人が勝ちです。

続きを読む
閉じる
338
名に参考にされています
2017年03月29日 23時02分

ペンギンの絵がかわいくて、購入しました。

5色のペンギンカードでピラミッドを作ります。でも、土台に同じ色のカードがないと積み上げることはできません。すべてのプレイヤーがカードを置けなくなった又はカードをすべて置いてしまうと1ラウンド終了で、置けなかったカード分、シャチのチップをもらいます。すべてのカードを置けると、手元にあるシャチのチップを2枚返せます。プレイ人数と同じ回数(3人プレイなら3ラウンド)プレイし、シャチのチップが一番少ないプレイヤーが勝利します。

ルールが簡単なので、5才の子どもとでも遊べました。子どもだといって侮っていると、意外といいところにカードを置いてきたり、大人が考えすぎて結局カードを置けなくなったり。すべてのカードが置けたときは嬉しくなります。

手軽にできるゲームなので、今のところ我が家では最も遊んだ回数の多いゲームです。

続きを読む
閉じる
225
名に参考にされています
2018年05月06日 15時56分

非常によく出来たカードゲームです

ルールは簡単で5種類のペンギン達を並べてピラミッドを作っていくゲームです


手番プレイヤーは以下のルールに沿って手札から好きなペンギンを場に出します

★一番下の段のペンギンは左右どちらかにペンギンがいる場所にペンギンを出せる(初手を除く)

ちなみに下段には8枚までペンギンを出すことができます

★2段目から上の段には下の段の2匹のペンギンのどちらかと同じペンギンで無くては場に出せない

ルールはこれだけです

これを手札が無くなるか出せなくなるかまで行い、それを1ラウンドとして参加人数ラウンド行います

毎ラウンド手札に残ってしまったペンギンは哀れシャチに喰われマイナスポイントのシャチトークンを残ったペンギン枚数分貰います


こうして、全ラウンド行い1番シャチトークンが少なかった人が勝ちと言うゲームです


ピラミッドが高くなっていくに連れて場に出せるペンギンの選択肢が少なくなっていくので、先読みし、手札と相談しながら場にペンギンを出すのが面白い


ゲームとしてとても完成されていて子供から大人まで幅広い層で楽しめる良ゲームだと思います


ただ、私の仲間内はワイワイギャーギャー言いながらやるゲームが好きなようで、黙々とペンギンを出すこのゲームは普通烙印を押されてしまいましたw


うちの仲間達が特別なだけで価格も安く大きさも大きくないので万人にオススメできるパーティカードゲームだと思います!

ンギンパーティだけにね!

続きを読む
閉じる
181
名に参考にされています
2018年12月16日 23時16分

ペンギンのカードをピラミッド状に重ねるゲームです

10歳の息子と8歳の娘で遊んでみました

ルール説明も「一番下の段は8羽まで、上の段に置くときは下にいるどちらかのペンギンの色と同じじゃないと駄目だよ」で通じたみたいなので簡単に覚えれると思います

何度か遊んでみましたが、気を抜いていると手持ちのペンギンが出せない状態になったりするので少し先を見据えて配置していかないと直ぐに詰みます

また、各色のカードの枚数が決まっているのでお互い出せなくなると困る状況が出来たりして「対戦ゲームだけど協力ゲーム」とでも言うんでしょうか、相手をおとしめようとすると自分の首がしまってたりします

1ゲームの時間も短くてルールも簡単なのでサクサクっと遊べるのはいいんですが、そのくせ場所はそこそこ取るので注意が必要です

イラストも可愛くて、よく見ると持ってるものや着てる服が違ったりと凝った作りになっています


「このシャチの点数って、、、食べられたペンギンの数なんだね(娘)」


■カードサイズ89mm×58mm(アメリカンサイズ):36枚


個人評価:6.8/10

続きを読む
閉じる
180
名に参考にされています
2018年05月22日 23時00分

可愛らしいペンギンの絵が描かれたカードゲームですが、実際は自分の持ってない色のペンギン達を潰して周りを蹴落とすゲームです。

終わりまでに自分以外が失点ポイントを多く持っていればいいのです。端に置かれたペンギンカードを持ってなければ、生存させても周りが得するだけなので封鎖して他の人が出せないようにさせましょう。あまり出されてないうちに封鎖させてしまえばカードを持っている人を確実に落とせます。心を鬼にしましょう。

続きを読む
閉じる
172
名に参考にされています
2018年07月02日 19時22分

2008年 アラカルト・カードゲーム賞 8位。

デザイナーは『ケルト』『ラー』『エルドラド』で有名なライナー・クニツィア。


ペンギンカード 36枚(緑 8枚、黄 7枚、赤 7、紫7枚、青7枚)


2-6人で遊べてカードは配りきり。 5人プレイのみ1枚余るが、これはオープンにして場にだしてゲームをスタートする。


一番下の段は8枚までおける。その上の段は下の2つのペンギンカードの色のいずれかしかおくことができない。 これを一人づつ1枚づつカードをだしてしき、だせなくなったらそのカード枚数分のシャチチップ(マイナス点)をもらう。

*最後までカードをだせたらシャチチップを2点分を場に返すことができる。


人数分のラウンドをやりマイナス点の少ない人が勝ち。

続きを読む
閉じる
154
名に参考にされています
2018年12月05日 22時51分

他の方が書かれているとおり、非常にシンプルで幅広い年齢層で楽しめるゲームです。

同じ色の中でも絵柄が異なっており、視覚的にも非常に楽しめます。


一緒にプレイするメンバーによって流れが大きく変わるゲームだと感じました。私の周りには協力的な人が少なかったのでロクにピラミッドができなかったり1番下の段に1枚もでない色がいたりと駆け引きも楽しめました。

続きを読む
閉じる
148
名に参考にされています
2016年08月10日 23時50分

ペンギン好きにはたまらないゲームです!自分が負けるとペンギンがシャチに食べられてしまうので、熱も入ります。
よく見ると同じ色でも一枚一枚微妙に違うペンギンなので、パーティーにでているんだな~という可愛い雰囲気を味わえます。

よく婚約者と2人プレイするのですが、2人プレイの時は自分の持っている色の枚数確認と、相手の妨害が中心になります。手持ちの少ない色はあえて出さなかったり、相手の妨害やミスリードなどに使えます。
複数プレイはまだ数回しかしていないので、ちょっと運ゲーなのかな?と思ってますが、そのうち戦略が浮かぶかもしれません;

続きを読む
閉じる
143
名に参考にされています
2018年04月21日 21時35分

ルールは非常に簡単で老若男女問わずワイワイできる。しかし、カワイイカードとは裏腹に実はなかなかシビアな内容。テーマもパーティーに参加できない(=ピラミッドから落ちた?)ペンギンはシャチに喰われるというね……。


勝つためには戦略が必要で、選択肢(どのペンギンをどこに置くか)も多い。でもいっぱい考えてやっていっても、結局は何も考えずにテキトーにやってた人に負けることもある。一手一手で戦況が大きく変わる。でもそーゆーのを考えずにポコポコおいていけば、サクサクお手軽たのしー系ゲームなんだけど。がっつり思考ゲームにもなり得るということか。


ゲームが進むにつれてピラミッドが出来上がっていき、またルールによりある程度まとまった色合いになるのでテーブルは綺麗になってゆく。カードは分厚く丈夫で光沢がある良い材質。同じ色のペンギンでも微妙に帽子が違ったり服の模様が違ったりと、全く同じカードは1つとしてないし、また、緑ペンギンカードは「8」、それ以外は「7」の数字がカードの絵のどこかに隠れている(その色のカード総数が何枚か、ってことを表しているんだけど)。こうした遊び心あるデザインは非常に良い。シャチチップはかなり小さい。


個人的にかなり好きなゲーム。思考好きな人も、そうでない人も同じように、自分のやり方で楽しめる、という素晴らしいメリットがあると思う。手番も早くまわってくるしね。

続きを読む
閉じる
142
名に参考にされています
2017年09月29日 22時15分

 2人から6人までプレイできる、ピラミッド型に5種類のカードを積み重ねて、手札を極力無くした人が勝利するという、ライナー・クニツィアがデザインしたゲームです。
 かわいい絵柄のペンギンを並べるのだけでも楽しいですが、ゲーム自体も結構悩みどころが発生し、対戦相手の手札を読みながら自分のカードを置いていきます。
 その読みが当たって、勝利したときは非常に嬉しく、またこのゲームをプレイしたくなります。
 なお、一番重要なのは、一番下の段のカードの配置です。これを疎かにすると後で痛い目をみます。
 プレイ時間も慣れてくれば1ゲーム10分程度で終わるので、時間もかからず勝っても負けても楽しいパーティーゲームだと思います。

続きを読む
閉じる
142
名に参考にされています
2018年04月21日 21時37分


続きを読む
閉じる
142
名に参考にされています
2018年01月02日 20時52分

ルール説明はもういいですね


ボードゲームに興味ない層に対してアピールできるポップさを持つ

トランプ、ウノと同様の感覚でやれるゲームってボドゲ普及に大事だと思います


ニムト ノイ コヨーテ 等と並んでこれはそういうポップなカテゴリにあるアイテムかと

続きを読む
閉じる
139
名に参考にされています
2018年06月10日 23時12分

 3歳児と2人でプレイしました。

 もう3回目のプレイなので、ルールはある程度覚えているかと思いましたが、何となくボンヤリと覚えていることを確認できました。

 具体的には、上に置ける色がどうなったら置けるのかが、イマイチ分からないみたい。これからも時間を掛けて、覚えてもらいたいと思う。

 ゲームは、当然接待プレイをしたので、3歳児の勝利でした。

続きを読む
閉じる
132
名に参考にされています
2017年09月19日 10時19分

ルールやデザインは色々な方が既に書かれているのでプレイした感想を(3人プレイです)

半協力型なので全員失点を最小に、できれば無失点で終わらせたい心理があるのでピンチな色を救う性質がありました

例えば6段目に黄色がなくなる可能性がある配置をすると別の人が黄色を置いてくれたり

そこで手札でちょっと捌くのが難しそうな札がいくつかあっても、片方が次の段で生存しにくい形にすることで、他の人が協力して生存させ、自分のプレイの幅を保つことができました

また、基本的に8~5段目の計26枚を消費するまで脱落した色が無いような形にしがちです

そうなるとこの4段それぞれに5色を使用するのでフリースペースは6枚です

この6枚のフリースペースと各段1枚の枠をいかに自分のために使うかが求められます

また4段目からは必然的に色が減っていきますので、減っていく色の中でいかにプレイし続けるかが求められました

人数が少ないからか、手札の片寄りもそこまで多くなかったため、基本的な攻略方法(枚数の多いものから捌いて失点を減らす)とは逆転の発想として、枚数が3~4枚ぐらいの色を最後の蓋をしていく色とし、枚数の少ないカードを使ってその色をサポート(ピンチに陥らせて相手に生きながらえさせてもらう)みたいなことをしました

つまり、相手の手札の特定の色を序盤に消耗させ、その上で後半は自分がその温存した色の札で相手の出せる札を削る、蓋をするという作戦もあるかと思いました

いかにプレイし続けるかを考えると枚数の少ない色は後半捌けるかどうかギャンブルですからね

続きを読む
閉じる
130
名に参考にされています
2017年02月16日 16時47分

5種類のペンギンのカードをピラミッド状に並べていくゲームです。

自分のターンが来たら手札から1枚出して並べ、2枚のカードが並ぶとその上にはその2種のいずれかのカード1枚のみ出すことができます。

再下段には8枚しか出せないため、ピラミッドが重なっていくといずれ手札が1枚も出せないという人が出てくるのでその人から抜けていき、抜けた時点で持っていたカードの分シャチチップ(減点ポイント)を受け取ります。

最後のひとりがカードを出しきるか出せなくなるまで続け、それを数ラウンド繰り返して一番シャチチップが少ない人が勝ちです。


<おすすめポイント>

ペンギンたちがパーティをしているというかわいい世界観とは裏腹に、なかなか無慈悲なサバイバルゲームです。

はじめは自分の手持ちカードをすべて出すことを目指して様子を見ながら出していきますが、一列が埋まった時点でそこにないカードは出せなくなることが確定するので、自分の手札にない(少ない)カードを「殺す」ゲームでもあります。

各カードの枚数は決まっているので、既に出ているカードや脱落した人の手札(非公開ですが脱落時の場から推測できます)から他のプレイヤーの手札を考えるカウンティング要素もあり、また出す順番や場所も超重要なので、なかなか考えることの多いガチなゲームでもあります。

とはいえ誰もがすぐ理解できるルールで1ラウンド5分ぐらいで終わるので、深く考えずにわいわい遊ぶのもいいと思います。

何気に同じ種類のカードでもイラストが1枚1枚微妙に違っており、間違い探しのようなことも楽しめます。

ちょっと時間が空いたときなどにサクサク遊べて何度やっても飽きないゲームだと思います。


<留意点>

ピラミッドは一方向に積み上がっていきますので、当然カードの向きも一方向に置かれます。

文字のないカードなのでゲームにはまったく支障はないですが、プレイヤーに応じて向きは考えましょう。

6人までできるゲームですが、順番がとても重要なゲームなので、再下段が8枚までであることを考えると4人でやるのが一番平等だとは思います。(ラウンドごとに開始プレイヤーは変わりますが)

カードは厚めで丈夫ですが、それゆえに慣れてないと少しシャッフルしづらく、荒く扱うと逆に折り傷がつきやすかったりもしますのでご注意ください。

続きを読む
閉じる
129
名に参考にされています
2018年03月11日 02時12分

デザインが可愛く、ルールが簡単で遊びやすいけど面白い、とても楽しいカードゲームです♪

設定は「ペンギンたちがパーティーでピラミッドを作って遊びだした」というもの。

プレイヤーは順番で手札のペンギンが描かれたカードをピラミッド状に並べていき、なるべく手札を少なくします。

カードを並べるにはルールがあり、誰もカードが並べられなくなった時はそれぞれの手札枚数だけシャチチップを受け取ります(参加できなかったペンギンはシャチに食べられてしまうという設定!)

プレイヤ―人数の回数プレイを繰り返し、一番シャチチップが少なかったプレイヤーが勝利します。

まず、カードに描かれたペンギンたちが可愛い!!

5種類のペンギンは其々に特徴がありとても可愛く、さらに同じ種類のペンギン絵でも一つ一つ少しづつ違うところがあったりでとても楽しいです。 

そして、とても遊びやすく面白い!!

ピラミッドを作るルールは「一番最初の土台は8枚」「土台のペンギンカードと同じペンギンカードを並べる」というだけであり、ペンギンカードは種類によって色が違うので小さい子供さんでもすぐに覚えられます。どのカードから並べていくかやどこに並べるかなど考えるところも多く、それを悩むのはもちろんのこと、思ったように事が運んだりした時など楽しいです。

そして、1プレイが短い!!

プレイ時間は15分前後と言う事で、とても気軽に遊べます。

可愛いものが好き、ペンギンが好き、パーティーゲームが好き、あまり時間が無く手軽にゲームを遊びたい、そんな方は楽しく遊べると思います。ぜひ遊んでみてください♪

それでは、お互いに楽しく素晴らしいゲームライフを!

続きを読む
閉じる
122
名に参考にされています
2017年06月30日 09時48分

私が人生初めてプレイしたゲームがこのペンギンパーティーでした。

パっと見たときにイラストがかわいいなと思ったのが第一印象で、初心者でもわかりやすく経験者とも楽しく出来るゲームだと思われます。

また、ゲーム背景も素敵でシャチがうようよと泳ぐ氷山でペンギンがわいわい戯れる様子もまた良いですね!

最初は仲良く違う色のペンギンを出し合って綺麗なピラミッドになるのですが、何度かやってくと偏ったピラミッドになっていくのも良いです。

深く考えずに楽しくで出来るゲームとしてとても重宝しています。

続きを読む
閉じる
116
名に参考にされています
2016年12月29日 18時05分

7ならべやソリティア感覚で遊べる、とってもかわいいペンギンのカードゲームです。

条件を満たすカードを並べていくだけなのでルールも非常に分かりやすく、対象年齢6歳からとありますが、4歳の息子でも一緒に遊ぶ事が出来ました。

子供が遊べるくらいのゲームなら、大人には少し物足りないのでは?と思われるかもしれませんが、大人が遊ぶ場合は7ならべのように相手の所持しているカードを予想して敢えて出せるカードを出さないといった戦略的なプレイングになるので、大人同士でも遊びごたえばバッチリです!

息子はまだ戦略を考えずに直感的に出せるカードを出すだけですが、子供相手にと侮っていると思わぬ一手に窮地に陥る事もあるので、意外といい勝負になって家族でとても楽しんでいます♪

続きを読む
閉じる
101
名に参考にされています
2017年09月29日 14時59分

カラフルなペンギンさんを積んでいく簡単なゲーム(ゝω∂)

潰せるカラー は早々に素知らぬふりで潰すのが楽しい!

反対に自分も罠にハマりカードが積めなくなるリスクも大(≧∇≦)

最後まで全員カードが出せる平和なゲームは出来るのかっ(ゝω・)

続きを読む
閉じる
101
名に参考にされています
2018年04月22日 12時31分

4月21日、家族とプレイ。

家族と遊ぶ際はハウスルールとして「4人プレイのようにカードを切り、一つはゲームから外し、一つはノンプレイヤーキャラクターとしてゲームに参加させる」「ノンプレイヤーキャラクターは裏向きに置き、手番が来たら(自身の優位になるように配置しないという名目のもと)お互いが交互にプレイする」を使っている。 こうすると、二人で遊ぶと少し味気ないペンギンパーティも少しエキサイティングになる。

2戦行い、結果はどちらも1シャチ差で私の負け。

家族の邪魔をしようとカードを配置してる間に、気づけば自分の邪魔もしていたという、そんなゲーム展開ばかりだった(笑

続きを読む
閉じる
98
名に参考にされています
2018年03月10日 22時33分

2018年3月10日に遊んだ『ペンギンパーティ』のリプレイです。

家族と二人でプレイ。

二人なので二人用特別ルールである「お互いに7枚づつ配り、残りは伏せておく」を使いました。

プレイヤーの人数の数だけプレイをした後にシャチチップの枚数を比べます。

1度目は私がシャチチップを2個、2度目はお互いが全てのカードを並べられて私がシャチチップを2枚返し、結果は引き分け。

二人で遊ぶと、最初の土台で結構消費できるので楽です♪

手軽に短い時間でプレイできるので、また遊びたいなぁ!

(画像は2度目が終わった後のものです)

続きを読む
閉じる
98
名に参考にされています
2017年01月28日 14時09分

ルールは超シンプル、でも考え所もちゃんとある。

ペンギンでピラミッドを作っていく。
ただし、置きたいペンギンと同じ色のペンギンの斜め上にしか
置くことはできない。
人数分ラウンドを繰り返し、一番置けなかった数の少ない人が優勝

ルールはといえば、これだけ。
実際にカードを並べて説明すれば、すぐ理解してもらえるでしょう。

小さな子供たちなら可愛いペンギンのカードを並べていくだけでも楽しいでしょうし、
大人なら自分のカード内容から
「これは先に置いておかないと後がヤバイ」
「あの色は自分は持ってないから先に塞いでしまえ」
といった感じで頭も適度に使えます
しかもそれが、ちゃんと楽しいと思えます。
カードを置いた時、他のプレイヤーが
「ああっ、そこ置くのぉー…?」
って表情をした時のしてやったり感ときたら。

自分としては、全くのボードゲーム初心者の人には
ハゲタカのえじきとこのペンギンパーティからプレイしてもらいたいと思います。

ちなみに自分が持っているのは新版ですが、同じ色のペンギンカードは
絵柄はかなり似ていますが細かなところで違いがあるのがなんか好きです。

続きを読む
閉じる
95
名に参考にされています
2018年04月20日 16時44分

自分のカードを出しきり、他プレイヤーのカードを出させないように動きます。

上に伸ばしたいカードは端に配置しない。

自分以外のプレイヤーが持っている色のカードを振り落とすように配置する。

続きを読む
閉じる
91
名に参考にされています
2016年02月29日 15時35分

ペンギンさんのピラミッドを作っちゃお〜的なゲームです。

が、だいたい「おら!落ちろや!」、「シャチに食われろや」という発言が飛び交う殺伐としたゲームです。

ルールは非常に簡単です。
手札を出せなくなるまでだし、残ったらそれがマイナス点になります。
自分のターンにやることは、おかれているペンギンの上、もしくは一番下の段に8匹までおくことになります。
おかれている上に置く場合は、下の2匹のペンギンのどちらか同じ色のものをおかなくてはなりません。

とても簡単ですが、いかに自分の手札を使い切りつつほかの人の点を下げるためにほかの色のペンギンをフェードアウトさせるかを考えるゲームなので、結構難しいです。

みなさん、シャチさんが大量に来てますよ?

続きを読む
閉じる
88
名に参考にされています
2017年08月03日 14時42分

2歳と4歳の子供とプレイしました。

色が明確にわかれているので「青ちゃん」「赤ちゃん」「紫ちゃん」「緑ちゃん」「黄色ちゃん」と名前をつけると、子供でもすぐにやり方を理解していました。

ピラミッド上にペンギンのカードを積んでいく様子が「作り上げていく」という感覚に近いからか、ピラミッドが一番上まで積み上がると「できたー!」と大喜びしています。

続きを読む
閉じる
80
名に参考にされています
2018年08月22日 15時55分

ふんわりインスト

かんたんなルール動画作りました。

全体のイメージを把握するために 

インスト前によかったらみてください(ルールの省略あり)

Youtubeリンク↓↓↓↓↓↓

https://youtu.be/ZnWOURUjJNQ

よかったら チャンネル登録、コメント、フォローもお願いします。

続きを読む
閉じる
73
名に参考にされています
2018年04月21日 21時38分


続きを読む
閉じる
67
名に参考にされています
2018年12月11日 16時02分

階段状に手札からペンギンを出していくゲームです。

上段には下段と同じ色のカードしか出せないため、各自手札に多い色を上段に残そうと、熱い戦いが繰り広げられます。

とてもシンプルでインストは一瞬。それでもしっかり遊べる名作です。

このバージョンでは裏面に完成形のピラミッドが書いてあるのも吉。インストがさらに楽になります。

続きを読む
閉じる
54
名に参考にされています
2016年04月19日 22時38分

ルールは簡単です。5色のカードがあります。
全員にカードを配り底辺に8枚のカードを
まず置いていきます。
8枚出たらゲームスタートです。
プレイヤーは順番にピラミットを立てるように
カードを8枚のカードの上に置いていくのですが
このとき下の2枚のどちらかのカードと
同じ色のカードであれば置くことができ
2枚の上であればどこからでもおくことが
できます。
しかし上に行くにしたがって枚数は減り
置ける色も限定されていきます。
自分の手持ちのカードが置くことが
できなくなれば脱落。
全員が出せなくなったら1ラウンド終了。
出せなかった枚数のマイナスチップを
受け取ります。
これを3ラウンド繰り返しマイナスチップの
少ないプレイヤーが勝利します。

自分の手札をみて先を見ながらカードを
置いていかないとどんどん置く場所が
なくなっていく。なかなか悩ましいゲーム。
カードがとてもおしゃれで全部がデザインが少し
違いそれを探すのもこのゲームの楽しみです。

続きを読む
閉じる
47
名に参考にされています
2016年03月06日 02時51分

ペンギンさんたちを積んでいくゲーム。すごくシンプル。
よく見るとひとつひとつの絵柄が違ってたり、パーティということでお酒飲んでたり、その足元でお魚が横たわっていたりして、かわいいなあかわいいなあってペンギンと一緒にお酒飲みながら積んでくと楽しい。

自分のを1枚2枚犠牲にしても、相手が多そうなカードを潰していく攻撃的なスタイルにするか、全カード消化を目指して友好的なスタイルにするかでかなりゲーム終了時の残数が変わる感じ。

表紙もかわいいので、じっくり眺めて欲しい。
ペンギンが空飛んでたり、シャチがいる海に飛び込んでたり、ルール無視のピラミッドしてたり。

続きを読む
閉じる
32
名に参考にされています
2016年03月16日 19時39分

ペンギンのカードでピラミッドを作るゲーム。
カードは全部で8色。(全柄違い)
紫と緑のカードを並べて置いた場合、その上には紫か緑のカードしか置けなくなる。
手札をゼロにするのが理想。ゼロに出来ない場合、シャチに食べられる。
一番下の段には8枚しかカードが置けない。
ここで自分の手札を出しやすいように調整する必要があるが、初プレイ時よくわかっておらず、自分の手札を殺したのが私です。
しかも、2回連続全く同じ色柄構成のカードが来て、途方に暮れた。
ゲーム自体はシンプルでとっつきやすく、プレイ時間も短いし、カードもかわいいので良いゲームだと思います。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 1,500(税込)日本語マニュアル付き
  • 164興味あり
  • 1379経験あり
  • 323お気に入り
  • 869持ってる

チェックした商品