マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

大肚王国Kingdom of Middag

各族の頭領となり、狩り場で各種の獲物を掴まえて、連合の村で道具貿易を発展させ、祖霊を祀る事で名声を得ます

ゲームの物語
17世紀半ばになるまで、大肚王国は台湾の桃園から鹿港まで存在していました。その文明は文字を使う事を覚えていなかった為、王国の始まりと発展の考察は難しかった。その文明についての一番早い文字記録は、台湾に踏み入れたオランダ東インド会社による物です、その会社は1645年大肚王国と武装衝突を起こし、反抗した13の部落は壊されました。その後、両者は平和協約を結びました。
その前に、大肚王国は島にあるとても平和的な多部族聯盟でした。部族の間は独立しながらも共存し、国王は形のリーダーとして、部族の揉め事を解決しますが、直接に各部族を統治する事はありません。プレイヤーはこのゲーで各族の頭領となり、狩り場で各種の獲物を掴まえて、連合の村で道具貿易を発展させ、祖霊を祀る事で名声を得ます。そして一番大事なのは、狩りの季節が終わるお祭りで、人々に自分の部族の活躍を見せつけて、部族の物語を永続させることです。

ゲームの説明と目標
    ゲームは四回の狩りの季節が終われば終了します。プレイヤーは各狩りの季節で二か三ターン動けます。自分の手番になった時、先に狩り場でどの動物を捕まえるか決めます、その後で村から人を派遣し、猟具、貿易、祭事の発展と長老からの教えの四つの行動から一つ選び、執行します。プレイヤーは有効的に獲物を分解する事をこなしながら、今季のお祭りの話題に注目し、活躍を勝ち取り、最高な名声を獲得し、ゲームに勝ちます。
 

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ボドゲーマ運営事務局ボドゲーマ運営事務局
  2. fxchoufxchou
ゲームマーケット
Autumn 2019
大肚王国

台湾原住民

拡大再生産

ワーカープレイスメント

この作品は、出展者によってゲームマーケット公式サイトと相互リンクされています。

http://gamemarket.jp/?post_type=game&p=155496
マイボードゲーム登録者
  • 1興味あり
  • 0経験あり
  • 0お気に入り
  • 0持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル大肚王国
原題・英題表記Kingdom of Middag
参加人数2人~4人(40分~80分)
対象年齢10歳から
発売時期2019年~
参考価格4,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿