マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 10分~30分
  • 7歳~
  • 2024年~

ジャンキーカードだいき“dank”さんのルール/インスト

30名
0名
0
4ヶ月前

構成

1〜10までのカード10枚×4セット

赤色のカード40枚

黒色のカード40枚

数字転換カード4枚

価値転換カード4枚

ダブル転換カード2枚

親決めカード4枚


プレイ人数

2〜4人


難易度の設定

難易度は以下の2つの組み合わせで変更可能である。

・赤色と黒色のカードの枚数

イージー

赤色と黒色のカードをそれぞれ3枚ずつ持って始める。


ハード

赤色と黒色カードをそれぞれ5枚ずつ持って始める。


エキスパート

赤色と黒色カードをそれぞれ10枚ずつ持って始める。


・転換カードの導入


イージー

数字転換カード2枚

価値転換カード2枚


スタンダード

数字転換カード3枚

価値転換カード3枚

ダブル転換カード1枚


エキスパート

数字転換カード4枚

価値転換カード4枚

ダブル転換カード2枚


勝利条件

4回勝負を行い、勝負終了時に価値のあるカードを最も持っている人の勝ち。


ルール

1.各プレイヤーはまず親決めカードを引き書かれた順番を公開する。


2.親は数字カードを裏向きにしてよくかき混ぜ山札を作る。


3.親から順に数字カードを山札から4枚取る。

その後転換カードを入れる際、親は山札を崩し転換カードを入れてよくかき混ぜ山札を再構築する。


4.各自、自分の引いたカードを確認する。


5.親は山札から1枚カードを引き場にさらす。

この場にさらされたカードが基準になる。


6.親から順にさらされた数字カードより大きい数字かもしくは他のプレイヤーよりも強いと思ったら自分の持っている数字カードから1枚選び裏面にして場に出し、価値カードの赤色を表面にして賭ける。

逆に場にさらされたカードよりも低い数字もしくは大きくても他のプレイヤーよりも弱いと思ったら数字カードは裏面にして場に出し、価値カードの黒色を表向きにして賭ける。

賭ける価値カードの枚数は任意である。

※賭け方のもう1つの方法として"保険"がある。

これは赤と黒のカードの2種類を出し尚且つ片方の色のカードの枚数を多くすることで負けた際、多く出した色のカードの半分の枚数が手元に戻る。


7.親の「オープン!」の掛け声と共にプレイヤーは自分の出した数字カードをオープンする。


8.プレイヤーの中で最も数字の大きいプレイヤーが勝ち、価値カードの赤色カードを手に入れられる。

なおプレイヤーの中で最も弱い数字カードを持っていて黒色カードを賭けていたプレイヤーは黒色カードを出したプレイヤーの中で最も強い数字カードを出したプレイヤーに黒色カードを渡して減らすことができる。


9.清算が終わったら親は子(2)→(4)の順に権利を渡し5から9までの手順を全員親をやるまで続ける。


10.4人全員が親をやりプレイが終了したら最後の精算を行う。

勝者の決め方は価値カードの価値が高いカードを最も持っていて、なおかつ価値が低いカードが一番少ないプレイヤーが勝者である。


※転換カードのルール

数字転換カードは1〜10までの数字の強さを逆転させることができる。

価値転換カードは赤色カードの価値と黒色カードの価値を逆転させられる。

ダブル転換カードは上記2つの転換カードの機能を持つ。

English translation

Junkie Card


Composition


10 cards from 1 to 10 x 4 sets


40 red cards


40 black cards


4 number conversion cards


4 value conversion cards


2 double conversion cards


4 parent-determined cards


Number of players


Two to four people


Setting the difficulty level


The difficulty level can be changed in the following two combinations.


・Number of red and black cards


Easy


Start holding three red and three black cards each.


Hardware


Start holding 5 red and 5 black cards each.


An expert


Start holding 10 red and black cards each.


・Introduction of conversion cards


Easy


2 number conversion cards


2 value conversion cards


Standard


3 number conversion cards


3 value conversion cards


1 double conversion card


An expert


4 number conversion cards


4 value conversion cards


2 double conversion cards


Victory condition


The game is played 4 times, and the person who has the most valuable cards at the end of the game wins.


A rule


1. Each player first reveals the order in which the parent card is drawn.


2. Parents make a mountain card by stirring well with the number card facing back.


3. Take 4 number cards from the mountain card in order from the parents.


After that, when inserting the conversion card, the parents break the mountain card, insert the conversion card, stir it well, and rebuild the mountain card.


4. Each person checks the card they drew.


5. Parents draw a card from the mountain card and expose it to the place.


The card exposed to this place becomes the standard.


6. If you think that the number is larger than the number card exposed in order from your parents or stronger than other players, choose one number card from the number card you have, put it on the back side, and bet the red color of the value card on the surface.


On the other hand, if you think that the number is lower or larger than the card exposed to the field is weaker than other players, put the number card on the back side and bet the black color of the value card face up.


The number of value cards to bet is arbitrary.


※There is "insurance" as another way to bet.


This is two types of cards, red and black, and when you lose by increasing the number of cards of one color, half of the number of cards with more colors will be returned to your hand.


7. Parents' "Open!" With the shout, the player opens the number card he put out.


8. The player with the largest number in the player wins and gets the red card of the value card.


In addition, the player who has the weakest number card in the player and bets the black card can reduce it by giving the black card to the player who gave the strongest number card in the black card.


9. After the liquidation is over, the parents will give the rights in the order of the child (2) → (4) and continue the procedure from 5 to 9 until all parents do it.


10. All 4 people will do their parents and make the final settlement when the play is over.


The way to decide the winner is to have the card with the highest value of the value card, and the player with the least low-value card is the winner.


※Rules of conversion card


The number conversion card can reverse the strength of numbers from 1 to 10.


The value conversion card can reverse the value of the red card and the value of the black card.


The double conversion card has the function of the above two conversion cards.

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
皇帝
だいき“dank”
だいき“dank”
シェアする
  • 3興味あり
  • 0経験あり
  • 0お気に入り
  • 0持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

会員の新しい投稿