マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 15分~60分
  • 10歳~
  • 2017年~

インディアン・サマーたくさんのルール/インスト

455
名に参考にされています
2017年11月07日 03時44分

BGGの英語ルールを読んで書いた雑なサマリーです。個人用のメモなので、ルールミス等はご容赦ください(ミスがあったら教えてもらえると嬉しいです)。なお、1-2人用ルールは省略しています。
https://boardgamegeek.com/filepage/153868/indian-summer-rulebook-stronghold-games-english-ed


フレーバー

  • インディアン・サマーとは、日本で言う小春日和のこと。
  • 秋の宝物と動物のパワーを駆使して森の中を暴れまわり、最も早く紅葉を枯れさせた人の勝ち。(超意訳)


セットアップ

  • セットアップはpp.4-5の通り。
  • それぞれ個人ボード(forest floor board)を表裏含めてランダムに1枚取る。
  • それぞれかばんにベリーx1、ナッツx1、マッシュルームx1を詰める。
  • それぞれ緑x2、黄x2、赤x1の葉っぱタイル(Leaf Tile)をランダムに取ってスタート。かばんから近い順に緑,緑,黄,黄,赤の順で個人タイル(player path)として並べておく。
  • 中央ボード(game board)周囲に葉っぱタイルをランダムで並べ(Common Path)、タイルとタイルの間どこかにベリーの木(berry bush)を置く。置ききれない葉っぱタイルはまとめて脇に置く。中央ボード周囲のタイルが7個以下になったら、置ききれなかったタイルを中央に並べる。


アクション

  • メインアクションとして、自分の手番に以下のいずれかを行う。パスは出来ない。
    • 好きな個人タイル1つを個人ボードに置く。タイルの穴から個人ボードの資源が見えるように置いた場合、対応するトークンを穴の上に置く。
    • 中央のリスタイル(1マスのタイル)を個人ボードに置く。リスタイルは無限に湧くものとみなす。
  • 個人タイル/リスタイルを置くとき、ボードからのマスからはみ出すこと・タイルの上に重ねて置くことは禁止。
  • 個人ボード上に記された3x4の12マスが完成した瞬間に、12マス上のトークンをかばんへ回収。
  • 個人タイルが無くなった瞬間、中央ボードの葉っぱタイルを木から近い順に時計回りで5つ取り、手元へかばんから近い順に5つ置く。タイルを手元に置くとき、タイルの並び順は変えないこと(後述のマッシュルームの効果に影響するため)。

  • かばん内のトークンを消費して特別なアクションを行える。
    • ベリー: 個人タイルを5枚まで補充する。5枚あるときに使うとタイルをもう1枚取れる。7枚以上にはできない。
    • ナッツ: リスタイル1つを個人ボードに置く。
    • マッシュルーム: 他の2人から、かばんに一番近いタイルを1つずつ奪い、個人ボードに置く。2つ置くスペースが無い場合は1人からだけ奪う。2人同時に個人タイルが無くなったら手番が近い人から補充。
    • 羽根: 1ターンに2つの個人タイルをボードに置く。
    • マッシュルームと羽根のアクションは、メインアクションの代わりに行う。1ターンにどちらか1個しか使えない。
    • ベリーとナッツは1ターンに何度使ってもよい。メインアクションの前後どちらで使っても良い。
  • かばん内のトークンは、他のトークンに自由に変換できる。変換条件は中央ボード参照。

  • 条件を満たしていれば、フリーアクションで葉っぱタイルの上に動物タイルを置けるだけ置いてよい。置ける条件は以下の2つ。
    • 動物タイルは葉っぱタイルの穴空きマスの上に置く。つまり、穴を3-4マスくっつけて葉っぱタイルを配置する必要がある。
    • 動物タイルはトークンの上には置けない。つまり、12マスを埋めてトークンを回収しておく必要がある。
  • 動物タイルを置いたら、その下の穴に描かれた資源を別途追加でかばんに貰える。アライグマ・キツネ・たぬきを置いた時は、該当するトークンをさらに1つ追加でかばんに貰える。


終了条件・勝利条件

  • 誰かが8x9の個人ボードを全てタイルで埋めたらそのラウンドで(スタPの手前までターンを進めて)終了。
  • 終了時にタイルを全て埋めていた人が勝利。タイブレーカーは残ったナッツ。羽根/マッシュルーム/ベリーx2もナッツに変換してカウント
  • 2-4位は残った地面の数が少ない順。
0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
たくさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 63興味あり
  • 144経験あり
  • 25お気に入り
  • 87持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力6
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見6
作品データ
タイトルインディアン・サマー
原題・英題表記Indian Summer
参加人数1人~4人(15分~60分)
対象年齢10歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク