マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

カリストCallisto: The Game

相手の邪魔をしながら自分の領土を広げていこう!いろんな形のタイルを置く陣取りパズルゲーム

ある決まったピースタイルをなるべく多く枠内に置いていく、パズル感覚の陣取りゲームです。プレーヤーは4色のうちから1色を選び、その色のタイルを全て枠内におけるように考えながら遊びます。最後に手元に残っているタイルのマスの数が一番少ないプレーヤーが勝利します。つまり、全てのタイルを置ければ必ず勝利できます。

最初に1マスの支柱タイルを外枠に接する2か所に配置してゲームをスタートします。プレーヤーは順番に置きたいピースタイル1つを選んで、自分の色の支柱やピースタイルと接するように置いていきます。そして、必然的に自分のピースタイルを置けるように、領土を確保していきます。
また、支柱タイルを最初から1つ所有しているので、もし置く場所が厳しくなってきた場合は、他の置けそうな空間のあるところに新たな支柱タイルを置いて、そこから相手の領土を侵食していくこともできます。

このボードゲームは、2009年に発売されたものを2015年に日本語版としてリニューアルしました。その際、コンポーネントも一新して安価で簡単に遊べるような作りとなりました。外枠は人数に応じて調整できる設計となっています。
他プレーヤーの置き方を見ながら次の一手を考えなければいけないので、戦略的要素もあります。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ボドゲーマ運営事務局ボドゲーマ運営事務局
マイボードゲーム登録者
  • 12興味あり
  • 65経験あり
  • 7お気に入り
  • 43持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力2
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルカリスト
原題・英題表記Callisto: The Game
参加人数2人~4人(20分前後)
対象年齢7歳から
発売時期2009年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 178
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月25日 10時44分

    クニツィアの作品で、いろんなところで密やかに評判は聞いていたけど遊んだことがなかったカリスト。中盤、進んでくるにつれこんな感じに。なるほど。。パズルの部分については、見て分かる通りかなり狭いので、割とすぐ終わります。ルールは、自分の色につなげてタイルを順番に置いていって、できるだけ多くおけたら勝ち。2人で遊びました。3人以上だとどうプレイ感が変わるのかは不明。同じようなパズル系のブロックスに比べると、2人で遊ぶときでも1人1色なのはいいところかも?あと安い?ただ、ブロックスと比べてコンポーネントが紙だし、置いたときのぱちっと感がないし、動くし、やっぱりブロックスはよくできてるなあと。割れ...

    まつながさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク