マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ブーメランBoomerang

  • ブーメランの画像
  • ブーメランの画像

ブーメランの形をしたチップで行う競りゲーム

各プレイヤーは、12個のブーメランと、5個の狩場トークン(草原・岩場・森・砂漠・水辺)を持ち、狩場トークンを1枚選んで自分のそばに伏せて置きます。
場にはヒモで作られた輪っかがあり、その回りに動物カードが5つの異なる地形が出そろうまで、表向きに置かれます。
手番になったら、自分のブーメランを輪の中に1個入れるか、パスを行うかを選びます。パスしたのなら、自分の狩場トークンを山札の上に伏せて置き、輪の中のすべてのブーメランを獲得します。
最後までパスしなかった人が出たら、自分の狩場トークンを表にして、そこに描かれた地形と、場の動物カードの両端に描かれている地形が一致しているカードを獲得します。
それから、パスをしたのが遅かった人から順に狩場トークンを表にし、場に残っている動物カードと地形が一致しているものがあれば獲得し、次のラウンドになります。

これを繰り返し、山札が尽きたらゲームが終了します。ブーメランは6個で1点になります。動物カードは、各種類別に最も持っている人が、その枚数分の得点を得ます。合計点数の多い人が勝利します。

競りで使うチップがブーメラン形なのと、独特な色使いの動物カードが面白いですね。ゲームの方も、最後まで競りあって次点の立ち位置になっても、そのプレイヤーと狩場トークンが被ってしまうと何も獲得できないわけで、競りゲーとバッティングが上手く組み合ってると思います。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. たろうたろう
マイボードゲーム登録者
  • 1興味あり
  • 11経験あり
  • 1お気に入り
  • 6持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルブーメラン
原題・英題表記Boomerang
参加人数3人~5人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2010年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

100名が参考
(2017年12月11日 14時59分)
5/10ゲシェンクみたいなオークションゲーム。ラスコーというゲームのリメイク。わかりやすくいうと、ゲシェンクみたいな競りで獲物を手に入れる順番を決めるのだが、自分より前の人と獲物がかぶるともらえないというバッティング的な要素がある。元のラスコーは見た目の差がわかりづらく、ブ...
続きを読む(白州さんの「ブーメラン」のレビュー)
白州
白州

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿