マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

わくわく・ジョブクラフティングWakuwaku Job Crafting

ジョブ・クラフティング=より楽しく働けるよう自ら工夫を加えること。東大が開発した遊んで学べるゲーム。

ここは、某『お仕事お悩み相談ラジオ番組』のスタジオです。
毎週、多くのリスナーから、お仕事のモヤモヤ問題が寄せられます。

パーソナリティの皆さん、
リスナーの気持ちが前向きになるような、素敵なアドバイスをお願いします!

///////////////////////////////////////////////////////////////////

ジョブクラフティングとは、
【より楽しく働けるよう自ら工夫を加えること】です。

例えば、
・アポ取りの電話を誰が一番早くとれるか、同僚と競い合うゲームにしてしまう。
・仕事が終わった後のご褒美を用意する。
・やらなければならない仕事と、自分の興味関心を結びつける。
といったものです。

”聞けば”「まぁ、そうだよね。」と思うようなものですが、
実際にこれを活用したり、日々の仕事にいれるのは難しいです。

なぜか?
それは上記内容は、

<<<ただのヒント集>>>

なだけだからです。

・いつ
・どんな状況で、
・どれを活用すべきか?
・どれなら効果が高いのか?

仕事や、個々人の状況に合わせて、
上記ヒントをマッチングする/アレンジするという能力が必要なのです。

この「わくわく・ジョブクラフティング」では、
ラジオ番組内の「人生相談コーナー」に見立てて、
リスナーの状況や問題、目指すべき姿に対して、
どんなヒント(=クラフティング)なら一番効果が出るか?を考え、
プレゼンしてアドバイスの質を競い合います。

このゲームを行うことで、
・ジョブクラフティングの方法(=ヒント)を知るだけでなく、

・状況に合わせてどの方法を使えばよいかを選択する
 << マッチングする技術 >>
 と
 状況に合わせて方法を調整・変更する
 << アレンジ力 >>
 も磨けます。

働き方革命や、生産性向上が叫ばれる中、
まずはご自身からあるいは、自身のチームから、
工夫をこらしてみませんか?

・働き方革命を推進する立場にある方(経営者・人事)
・従業員のモチベーションを上げたい方
・よりよい形で働きたい方
などの方にオススメします。

販売価格は12,000円
https://spike.cc/shop/hirose

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. Shinnosuke HiroseShinnosuke Hirose
マイボードゲーム登録者
  • 3興味あり
  • 1経験あり
  • 2お気に入り
  • 1持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルわくわく・ジョブクラフティング
原題・英題表記Wakuwaku Job Crafting
参加人数3人~4人(30分~40分)
対象年齢13歳から
発売時期2017年~
参考価格6,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 1件

  • 334
    名に参考にされています
    投稿日:2017年11月17日 16時11分

    <ゲームの概要>このゲームは3~4人でプレイします。リスナーを1人決め、その他の人はパーソナリティになります。リスナーは、お仕事のお悩み相談をし、パーソナリティは、それに対するアドバイスをします。リスナーが、「ワクワクする!」「できそう!」「(これをすると)なりたい私に近づけそう!」と思えるアドバイスをしたパーソナリティが勝ちです。<準備>リスナーの目の前に、『なりたい自分カード』を1枚ずつ表向きにして並べ、『状況カード』と『問題カード』は、それぞれよくきって、伏せた状態で置きます。リプライカードは3枚(各種1枚ずつ)をリスナーが持ちます。アドバイスカードは、全て表向きにし、重ならないよ...

    Shinnosuke Hiroseさんのルール/インストを読む

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク