タイムストーリーズあすか(ねこだま)さんのレビュー

817
名に参考にされています
投稿日:2016年12月24日 11時53分



私たちは時空を往来し、問題を解決するためのエージェントとして、T.I.M.E.社に雇用された者たちです。

私たちはそれぞれポッドに入り、精神を"現地"へと転送して問題解決にあたります。

転送される先はその"物語"を生きている人たち自身。

時には精神病患者、時には冒険者の時もあるでしょう。

私たちは彼/彼女たちに成り代わり、問題が発生する前に、その物語の中を縦横無尽に探索し、解決へと導かなければなりません。


私たちが成り代わる人たちには、それぞれ得手不得手があります。

交渉が得意な人、攻撃に長けた人、手先が器用な人――役割を意識して、解決に務めてください。

得手不得手というだけで、時には運良く成功裏に事が運ぶこともあるでしょう。

その逆もあるかも知れません。

そのため、事前に立方体を司る女神様にお祈りをしておくことは肝要です。

探索や戦闘などをする都度、私たちは彼女の顔を伺うことになるのですから。


しかし、時間は限られています。

私たちが精神を転送していられる時間はとても短いのです。

私たちの意識がある間に問題を解決できないこともあるでしょう。

その時は、また同じチームで、同じ"物語"へと飛び込みましょう。

"物語"の時間は頭に戻りますが、私たちの経験は続いています。

今回の私たちは、前回の私たちよりも上手く動くことができるはずです。


それぞれの"物語"は厳重に封がされています。

私たちが余計な先入観や、経験を持って"現地"へと行かないようにするためです。

私たちが問題解決をする時は、いつだって無地の状態であることが必要なのです。


もしもこれを読んだあなたがエージェントに志願するのなら、私は快く受け入れましょう。

最低2人、最大4人のチームで任務にあたっていただきます。

"物語"の中で過ぎる時間は現実の時間と相関はありますが、同じではありません。

ポッドの使い方等を含めて、実際に経過する時間は2~3時間といったところです。

是非気軽に @nekoasuka に連絡をしてください。


また、現在もなお私はT.I.M.E.社本社から最新の"物語"に関する情報を仕入れていますが、

やはり封がされており詳細を確認することができていないものも多いです。

中には私たちの世界の誰かが発見した、公式情報ではない"物語"も存在すると聞きます。

あなた自身も"物語"を見つけられるかもしれません。

もし"物語"を見つけられたのなら、私を呼んでください。私も問題解決に協力します。


※※※このレビューはボドゲ紹介 Advent Calendar 2016の25日目の記事として寄稿しています※※※


――アドベントカレンダー。クリスマスまでの日数を数えるために使われるカレンダー。

"24"個の窓にはそれぞれ写真や詩歌、お菓子などといった小さな贈り物が入っている。――

存在しない"25"個目の窓に、このレビューを閉じ込めました。

この窓を開いた方に、"存在するかもしれない物語"の存在をお届けするために。


この"窓"があなたにとって素敵なクリスマスプレゼントとなることを心から祈っています。

  • 興味ある(240人)
  • 経験あり(69人)
  • お気に入り(38人)
  • 持ってる(96人)
投稿イメージ
画像クリックで拡大します
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力9
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見7
作品データ
タイトルタイムストーリーズ
原題・英題表記T.I.M.E STORIES
参加人数2人~4人(90分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2015年~
参考価格6,480円
クレジット
ゲームデザインペギー・シャスネ(Peggy Chassenet)マヌエル・ロゾワ(Manuel Rozoy)
アーティストベン・キャレ(Ben Carre)パスカル・キノート(Pascal Quidault)ヴィンセント・デュトレ(Vincent Dutrait)
メーカー/販売スペース カウボーイズ(Space Cowboys)アスモデ(Asmodee)

タイムストーリーズのレビュー

  • 4
    名に参考にされています
    投稿日:2017年04月29日 01時49分

    脱出ゲームです。脱出ゲームは普通1人で楽しむものですが、これは協力ゲーム。自分がカードを見て得た絵や文章の情報は、他のプレイヤーに言葉で説明することで間接的に共有します。このシンプルなルールが協力ゲームの面白みを生み出します。どう説明する?誰がカードを見る? アプローチの方法と解釈の2面からプレイヤーたちを悩ませます。情報源=自分が直接見たもの+他のプレイヤーからの伝聞この仕掛け、フレイバーにも影響を与えます。ただ1人でカードをめくり謎解きをするのでなく、他のプレイヤーの解釈が加わることで、このゲームに描かれる世界がリアルに感じられるのです。じっくり時間をかけ遊ぶことを推奨します。謎を保...

    続きを読む
  • 536
    名に参考にされています
    投稿日:2017年03月21日 12時23分

    説明にもある通り、協力+謎解きゲーム。謎解きゲームの特性上、一度完全クリアしてしまうと2度目のプレイの楽しみがなくなってしまうので、販売側は売るの大変そうだなぁという印象を受けました(ゆえに拡張がどんどん出ているのだと思いますが)ゲームを始める前に「カードは絶対に読まないこと」という注意書きがカードデッキの先頭の1枚に書いてあるところからすでにワクワクしますね(・∀・)ゲーム中は場所を移動して、そこを調べて得られる情報から新しい場所にいけるようになったりアイテムが手に入ったりと、まさに脱出ゲーム感覚。物語が非常に重要なので、「ゲームだから」と急いでプレイしてしまう人よりも、じっくりテキス...

    続きを読む
  • 1506
    名に参考にされています
    投稿日:2016年05月17日 06時49分

    タイムトラベルをして、未来を壊した事件を解決する協力型謎解き&戦闘ゲームです。

    プレイヤーはみんなで転送装置に乗り、ある地点に降り立ちます。
    転送装置は完璧ではなく、精神しか持っていくことができません。転送先の精神病院の患者の肉体を借りることになります。
    最初にプレイヤーを選ぶのですが、ユニークな効果をいろいろ持っています。

    転送先では、まずその地点(カードが複数並んで人の絵や背景が書かれています)のどこにどういう内訳で行くかを決めます。
    戦いの起こりそうな人が書かれていたら戦闘能力が高いプレイヤー、細かい調査が必要そうなら調査スキルの高いプレイヤー。
    選んだプレイヤ...

    続きを読む

会員の新しい投稿