マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

旅のあとRemember our Trip

  • 旅のあとの画像

みんなで訪れた旅行の記憶を振り返り、記憶が一番正しいのは誰??ポップな見た目に反して競争性が強いタイル配置ゲーム!!

旅の思い出を振り返るゲームです。
プレイヤー一人一人は京都、もしくはシンガポールを訪れた旅行者となります。各々が思い出話に花を咲かしていると、どうやら旅の情景が違う模様、その中で誰が一番正しく情景を覚えてるか競い合うゲームです。
内容はタイル配置ゲームとなっており、一手番にすることは非常にシンプルになっています。
まずどういったようにタイルを配置するのか、タイル枚数は何枚かというお題カードが捲られます。
その次にこのカードに従って、各プレイヤー分中央の指定スペースにタイルを置いていきます。
その後、プレイヤーは順番に従ってタイルを獲得、自ボードに配置していきます。
一定以上タイルが貯めるとタイルを反転し、記憶を確定させ勝利点をゲットします。
このゲームの特徴は記憶を定着させるのは早い者勝ちというところです。
自ボードとは別に中央に全員共通のボードが用意されており、誰とも被らなければ非常に高い勝利点を得ることができます。
またタイルによっても記憶を定着できるタイル数が違うので駆け引きが楽しめます。
当然高い点数のタイルは記憶を定着するには必要数が多いので、そこを妨害するなど可能です。
このゲームはいい塩梅に運と読み合いが出来ており、毎ゲーム違うアプローチを必要とされます。また上級ルールも用意されてるので通常ルールは物足りないなと思った頃にまた新鮮な気持ちでゲームをすることも可能です。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. okaoka1007okaoka1007
旅のあと
旅のあとの通販
旅行で訪れた街を振り返り、みんなで共通の思い出マップを作っていこう
残り1点
1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 4,400(税込)
マイボードゲーム登録者
  • 41興味あり
  • 39経験あり
  • 14お気に入り
  • 38持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトル旅のあと
原題・英題表記Remember our Trip
参加人数2人~4人(30分~40分)
対象年齢10歳から
発売時期2019年~
参考価格4,000円
クレジット
ゲームデザインSaashiダリル・チャウ(Daryl Chow)
アートワーク宝井 貴子(Takako Takarai)
関連企業/団体Saashi & Saashi
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿