• 2人~4人
  • 30分~45分
  • 10歳~
  • 2017年~

高慢パティシエ樫尾忠英さんのルール/インスト

114
名に参考にされています
2018年01月11日 18時42分

このゲームの進行は簡単です。


1:既にある場札に1リーブルを追加する。共有の山札から1枚をめくり、それを場札に加える。

2:2枚の場札のうち1枚を獲得、自分の捨て札置き場へ置く。

3:手札のうち1枚をプレイ。

4:手札が3枚になるように自分の山札から補充する


この4つの手順を行っていくのです。手順ができたら手番は左隣へ移ります。


このゲームにはいろいろなカードがあります。それらは場札として、あるいは手札として登場するのですが、その段階でカードに書いてあるテキストを読んでもらえれば良いのです。多くあるテキストを一つ一つ説明する必要があるでしょうか。必要な情報はカードに書いてあるのでそれを各自が読んでくれればいいのです。


でも特に多めに入っている「競りのカード」が特に重要なので説明が要るでしょう。


競りには、「一巡競り」と「一斉競り」の2種類があります。競りの方法がカードにより指定されているのです。


一巡競りは手番の左隣から一度ずつ値段を付けるというルールの競りです。


一斉競りは入札のためのお金を握って出し、一斉公開するというルールの競りです。


競りで落札したカードは「デック」とは異なりますので分けて置きます。


「納品カード」が共有の山からめくれたら一旦ゲームが停止し、得点が加算されるチャンスです。


落札したお菓子を「名誉点」もしくは「リーブル(ゲームの通貨)」に変換します。この納品が最も効率的に名誉点が得られるでしょう。しかしこの納品以外でも名誉点が得られる方法があります。どの手段が最善でしょう?それを考えるのがこのゲームです。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
樫尾忠英さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 3興味あり
  • 0経験あり
  • 0お気に入り
  • 3持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル高慢パティシエ
原題・英題表記Proud Patissier
参加人数2人~4人(30分~45分)
対象年齢10歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン樫尾忠英(Cacio)
アートワーク永田 愁
関連企業/団体グループSNE(Group SNE)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

樫尾忠英さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク