• 1人~4人
  • 40分~75分
  • 2017年~

プレイグインク / 伝染病株式会社とうふ@Plaguecreatorさんの戦略やコツ

140
名に参考にされています
2017年07月02日 20時17分

このゲームの戦略は大きく分けて2パターン存在します。

パターンA:致死性をどんどん上げてどんどん国を滅ぼしてポイントを稼ぐ。

パターンB:感染力をどんどん上げて広範囲に病気を広めてポイントを稼ぐ。

Aは、国を滅ぼした際にポイントが得られる事を利用した戦術です。

他プレイヤーに介入され難く、自分が狙った国をほぼ確実に仕留められるのが利点ですが、コントロール国(自分が他の誰よりも多くトークンを置いている国々)が少なくなるのでDNAフェイズでポイントを得難く、進化も遅くなるのが難点!また、あまり滅亡させ過ぎると接続が無くなったりして逆効果になる為、慎重なプレイが必要です。

対してBは、コントロール国の数分だけDNAフェイズでポイントを得られる事を利用した戦術です。

あっという間にDNAポイントが貯まるので進化も簡単に行えますが、入っているトークンの個数の関係でマップ上に感染トークンが16個までしか置けない(重要)ので、広め過ぎるとそれ以上感染させられなくなり、さらに致死性が低いので国を滅ぼしてトークンを回収することもできない・・・といった膠着状態に陥りやすいのが最大の欠点です。

どちらの戦術も一長一短であるので、好みで選ぶと良いでしょう。

(個人的にはAよりBの方が自由度が高いのでBをお勧めします)


1人プレイ時の戦略

このゲームは、1人でプレイする事も可能です。その場合、「Plaguebot」が相手となります。

(先に言っておきますが、Plaguebotに1人プレイ時の戦略はあまり通用しません)

Plaguebotの最大の強みは、「感染力が異常に高い」事です。Plaguebotは、プレイヤーの何倍もの速度で感染を広められるのです。おまけに致死性が少しでも有るとすぐに国を滅ぼしてしまうので、適当にプレイしていてはまず太刀打ちできないと考えて良いでしょう。

(ちなみに、Plaguebotはトークンを最大48個使えるのでトークン切れはほとんど起こしません)


1人プレイでの最大の難関は序盤です。(Plaguebotとプレイヤーの能力の差が大きい為)

序盤は感染力を上げ、Plaguebotの感染国に自分も感染を広げましょう。そうすれば、Plaguebotが勝手に国を滅ぼして貴方にもポイントとイベントカードを送ってくれ、ポイントのやり繰りが楽になります。ただし、Plaguebotは「国を滅ぼした際に得られるポイント2倍」「最終ゲームボーナスで得られるポイント2倍」という固有能力を持っている為、この戦法はポイントが足りない序盤のみで使った方が良いです。

中盤以降は、Plaguebotが接続・耐性の関係で到達できない国を積極的に感染させ、滅ぼすようにしましょう。OUTBREAKを使うのも手です。Plaguebotはイベントカードを使えませんので、一度貴方がコントロールした国を自らの手中に収める事は出来ません。落ち着いて、確実にポイントを稼いでいきましょう。

以上の戦法が対Plaguebot用戦法です(もちろん、対人戦でも使えます)

P.S. BACTERIAよりVIRUSの方が対Plaguebotで有効なようです。

とうふ@Plaguecreatorさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 29興味あり
  • 16経験あり
  • 6お気に入り
  • 18持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘2
アート・外見2
作品データ
タイトルプレイグインク / 伝染病株式会社
原題・英題表記Plague Inc: The Board Game
参加人数1人~4人(40分~75分)
対象年齢未登録
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿