マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~8人
  • 5分~15分
  • 6歳~
  • 2019年~

宝石がいっぱい!atcktさんのレビュー

110
名に参考にされています
2019年12月07日 22時27分

(読み飛ばし注意(笑))神経衰弱のようにカードをめくるタイプのゲーム。ただし、めくるのは1枚。宝石のカードを探しますが、他のカードは両面同じカードです。


▼ゲームの概要

 テーブルにばらまかれたカードには、大きく2種類あります。

 多くを占めるのが、裏面と同じイラストの描かれたカード。

 残りは、宝石が描かれたカードと、特殊カードが数枚。


 さて、手番にはカードを1枚だけめくります。めくったカードに宝石が描かれていたら、おめでとう。横にまとめて置かれている宝石から「一番価値の低い」宝石を受け取ります。

 めくられた宝石カードはゲームから除外されます。


 これを繰り返していって、最後の宝石カードが取られたらゲームが終了します。

 宝石の価値を合計して、最も高いプレイヤーが勝利します。


 特殊カードは2種類あって、誰かから宝石を取れるカード、そして、1枚だとマイナス点、2枚セットでプラス点のカードがあります。



▼プレイの感想

 頭に書いてますが、「神経衰弱」という文字を見ると拒否反応を示すボードゲーマーが多いとは思います。でも、このゲームは神経衰弱とはだいぶ異なるプレイ感があります。

 まず、両面が同じカードは本当によくできています。どういうことかというと、神経衰弱のようにカードをめくると、通常、「カードが置かれていた場所」に表向けますよね。

 裏面が同じだと、そのまま手番が終わります。つまり、裏返す必要がなく、すぐに次のプレイヤーの手番となります。

 そして、あまりの速さに覚えにくくなっています。


 宝石カードもよくできていて、それを横によけるから、盤面の絵面が徐々に変わっていくこと。そして、後からとればとるほど得点が高いのですが、「宝石カード」はぴったりしかないため、最後の方は覚えてないと永遠見つからない1枚を探すことになります。

 特殊カードもよくできていて、「誰もめくられていないカードを覚えている」ことがプラスに働くゲームではあるのですが、そこにはマイナス点も残っているため、無条件で喜べる状態でもないため、トップが余裕の表情で勝っていく… という状況にも対応されています。


 一部、オールドボードゲーマーからは、「ミスターダイアモンド」と同じ感じのするカードゲーム、と言われていますが、結構それに近く出来上がっています。

 もちろん、楽しさは少しだけ別物ですが、「宝探し」的なことが好きであれば、遊んでみることをお勧めしたいです。

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Dance O
  • まつなが
atcktさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 12興味あり
  • 42経験あり
  • 11お気に入り
  • 24持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル宝石がいっぱい!
原題・英題表記Lot of Gems
参加人数2人~8人(5分~15分)
対象年齢6歳から
発売時期2019年~
参考価格1,980円
クレジット
ゲームデザイン松元 泰右(Taisuke Matsumoto)
アートワークたかみ まこと(Makoto Takami)
関連企業/団体ライフタイムゲームズ
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

atcktさんの投稿

会員の新しい投稿