マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 5人~10人
  • 分前後
  • 2010年~

フリーズ白州さんのレビュー

138
名に参考にされています
2018年07月05日 20時45分

7/10

演劇を無理矢理ボードゲームっぽくしたゲーム。

ゲームの流れとしては、ランダムに4名選抜され、それぞれに数字カードが配られる。

この数字カードには、1〜4のうち、どれかの数字が書かれており、この数字が高いほど、役が偉いという設定になっている。

例えば、病院だったら、1➜主治医、2➜補佐医、3➜看護婦、4➜患者のような感じ。

ただし、誰がどの数字かは自分しかわからず、そのまま演劇がスタート笑

45秒間の間、観客(演劇に参加していないプレイヤー)に、自分の数字が何番かがわかるように演劇をしていく。

演劇タイムが終わったら、サイコロを振って、出た数字(1〜4のどれか)が、誰が演じていたのかをせーので指をさす。

これで正解していれば得点、違っていたら失点となる。

ちなみに、シチュエーションのお題は、観客には公表されず、観客がそれをあてても得点が入る。

こんな感じで、誰かが規定の得点を獲得したらその人の勝ち。

聞くだけでめちゃめちゃハードルが高そうだが、そのとおりなゲーム笑

少なくとも、知らない人の前で慣れない演劇をやってもいいという人を5人以上集めなければならないのはかなりキツく、まだ身内の方がやりやすいかも。

ちなみに配られる役職の数字カードは特殊な構成で配られるため、2の役が2人いたりとかが起こりうるため、演劇側も観客側も混乱したりするのは面白い。

ゲーム的には荒削りな部分も多く、評価的には5だが、バカゲー全開の爆発力はかなりのもので、かなり高いハードルを超えて、実際にゲームができて盛り上がることを考慮して、+2の評価とした。

ただ、そのあまりのハードルの高さに余裕で絶版笑

しかし、シチュエーションのネタ集めとトランプ使えばできなくもないので、もし、そのハードルを超えられるモチベーションがあれば、自作してトライしてみるのもいいかもしれない。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • まつなが
白州さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 4興味あり
  • 17経験あり
  • 5お気に入り
  • 17持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力0
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルフリーズ
原題・英題表記Freeze
参加人数5人~10人(分前後)
対象年齢未登録
発売時期2010年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインアンドレア・マイアー(Andrea Meyer)
アートワーク未登録
関連企業/団体ビーウィッチト-シュピーレ(BeWitched-Spiele)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白州さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク