• 2人用
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 2017年~

ザ・フォックス・イン・ザ・フォレストまつながさんのルール/インスト

137
名に参考にされています
2017年11月09日 16時41分

レネゲードの問い合わせフォームから「和訳をネットに公開してもいいですか?」と聞いてみたら「Yes, that would be fine. 」と返信があったので、載せておきます。

アメリカアマゾンとかで割とお安く買えるキレイなトリテなので、よかったら趣味の範囲でどうぞ。といっても、私個人が趣味で訳したもので、どんどん疲れて口語になってます。内容正しいことはすみませんが保証しません。変なところあったらTwitterのDM等でご連絡いただけると嬉しいです。


フレーバー部分は訳していません。

==========================

森の中のきつね
2人用トリックテイキングゲーム

-------------P.2-------------
概要
「森の中のきつね」は2人用のトリックテイキングゲームで、複数のラウンドでトリックを行います。プレイヤーは特定のカードを含むトリックに勝つことで得点し、勝ったトリックの合計回数に基づき、ラウンドの最後に得点します。
ゲームの最後に最も得点を持っていたプレイヤーの勝ちです。

-------------P.3-------------
準備
複数ラウンドやります。各ラウンドでは、ひとりのプレイヤーがディーラーとなります。最初のラウンドでは、ディーラーはランダムで決めます。その後の各ラウンドでは、ディーラーを交代します。ラウンドの最初に、ディーラーは下記の段階を踏みます。

1.33枚のカードをシャッフルします。
2.各プレイヤーに手札を13枚ずつ配ります(各プレイヤーは自身の手札はみてもよいですが、相手のプレイヤーからは見えないようにします)。
3.残りの7枚のカードを伏せて、山札にします。
4.山札の一番上のカードを引き、表向きにして山札の横に置きます。このカードは決まりカードになります。(このカードのスートがラウンド中重要になってきます)。

-------------P.4-------------
ゲーム

ラウンドの概要
各ラウンドは各プレイヤーの13ターンのトリックで成り立ちます。各トリックでは、両方のうレイヤーが手札から場の中央にカードを1枚プレイします。ひとりがリード(トリックの最初のカード)で、もうひとりのプレイヤーがフォロー(トリックで2枚目にプレイされるカード)です。プレイされた2枚のカードに基づき、ひとりのプレイヤーがトリックを取ります。

トリックの詳細

リード:ディーラーでないプレイヤーがラウンドの最初のトリックでリードを行います。その後、トリックの勝者が次の値リックでリードを行います。リードを行う人は手札からどのカードでも選んで制限なしにプレイすることができます。カードのスートはトリックのリードスートとなります。

フォロー:プレイヤーがリードを行ったあと、もうひとりのプレイヤーは可能であれば同じスートを出さなければ行けません。そのスートであれば、どの数字でも出すことができます。もしリードスートのカードを持っていなければ、制限なしにどのカードでも出すことができます。

-------------P.5-------------
トリックの勝者の決め方
プレイヤーがどちらもカードを出したあと(そして能力の解決:7ページを行ったあと、)トリックの勝者を決定します。典型的なパターンでは、トリックのリードスートの中で、もっとも高い数字のカードが勝利です。ただし、決まりカード(切り札)のスートはリードスートよりも強くなります。

・もしどちかのカードのみ切り札の場合、切り札のカードをプレイしてもっとも高い数字のカードをプレイしたプレイヤーがトリックの勝利です。

・どちらのカードの切り札でない場合、リードスートを出したプレイヤーでもっとも数字の大きいプレイヤーの勝ちです。

トリックの勝者は2枚のカードを伏せてテーブルの脇におきます。トリックで勝った数は公開情報で、ラウンド中両方のプレイヤーから見えるようにしておきます。しかしながら既に終わったトリックのカードを表向きにして見ることはどちらのプレイヤーもできません。

トリックの勝者は次のトリックのリードをします。13トリック繰り返します。

-------------P.6-------------
フレーバー

-------------P.7-------------
能力
奇数の全てのカードには、特殊能力がかかれて、プレイしたときに発動します。それにより、相手の敵はプレイできるものが変わり、トリックの勝者が決まります。もしくは、次のトリックのリードが。そのカードをプレイしたとき、特別なアクションを取らせます。トリックの勝者に。能力が発動する正確なタイミングはテキストに書いてあります。
(よくある質問は9ページへ)

ラウンド終了時の得点計算
13トリックが終わると、各プレイヤーはトリックをとった回数を数えます。下の図の通りです。相手よりもトリックはとりたいのですが、取りすぎるのはいやです。

-------------P.8-------------
ラウンドの得点計算のあと、どちらかのプレイヤーが21点に達していたら、ゲーム終了です。そうでなければ、次のラウンドを行います。(ディーラーは前のラウンドでディーラーをしていない人に移ります)

ゲームの終了

21点に達したプレイヤーがいたら、そのラウンドでゲームは終わりです。もっとも得点の高いプレイヤーの勝利です。もし同点なら、最後のラウンドでより点数のとったプレイヤーの勝利です。

オプション:短時間や長時間のための別の点数
短時間:16点
長時間:35点(紙がいるかも)

-------------P.9-------------
よくある質問
・3(狐)と5(木こり)が一緒に出たらどうなる?
カードがプレイされたら即実行。

・もし敵が9でリードしてきたら、9のスートか切り札でフォローしないといけない?
可能な限りマストフォロー。

・もし敵が切り札でリードして、切り札を持っていた場合、切り札でない9はプレイできる?
いいえ。

・両方9が出た場合、どっちが勝つ?
切り札。なければリード。

・両方1のトリックのあとのトリックは誰がリード?
両方のプレイヤーが1の場合、トリックに負けた人が次のトリックのリード。


特殊能力サマリ
1(エース)→トリックに負けると、次のトリックではリードになる。
3→手札と切り札を入れ替えてよい
5→1枚カードを引いて、どれでも好きなカードをデッキの下に裏向きで戻す
7→勝つと1勝利点
9→9が1枚の場合、そのターンだけ9のスートが切り札になる
12→リードで使った場合、相手がこのスートを持っていれば、このスートの1かもっとも大きいカードを出さないといけない。

==================

以上です。

まつながさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 17興味あり
  • 18経験あり
  • 4お気に入り
  • 13持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルザ・フォックス・イン・ザ・フォレスト
原題・英題表記The Fox in the Forest
参加人数2人用(30分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

まつながさんのルール/インスト

会員の新しい投稿