• 1人~5人
  • 120分~140分
  • 12歳~
  • 2007年~

アグリコラy村さんのレビュー

107
名に参考にされています
2017年12月06日 20時11分

どうぶつの森!(ただし餓死者がでる)


ぼくのかんがえたさいきょうの農場を作るゲームです。あなたは2人の家族をもつ農場主になって、動物を飼ったり、畑を耕したり、家を丈夫にし、家族を増やし、ご飯を供給し、授業を受けさせ、様々な道具を作ってあげる必要があります。

動物を飼うには、木を切り、柵を引き、動物を森から獲得する必要があります。

畑を上手く機能させるには、畑を作り、種を入手し、植える必要があります。

そして、こんな準備をしている間もあなたの家族はご飯を食べます。

中世の農民の苦しさを体験するでしょう。

ただし、動物はつがいでいれば増えますし、種を植えれば収穫があるでしょう。家族を増やせばできることも増えます。(ご飯も食べますが)また、授業を受けさせたり、道具を作ってあげれば、木を切る効率を上げたり、漁の効率を上げたりなど、様々な恩恵を与えてくれます。

苦しみを乗り越えた先に、最強の農場生活が待っています!自分のプレイ結果がボードに残るので、勝っても負けても楽しいですよ!ぜひプレイして見てください!



隣の農場、とんでもない奴らで構成されてる!?ほら吹き???毒味役???愛人???それは職業なのか???

y村さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 312興味あり
  • 542経験あり
  • 197お気に入り
  • 423持ってる
プレイ感の評価
運・確率5
戦略・判断力28
交渉・立ち回り16
心理戦・ブラフ3
攻防・戦闘0
アート・外見12
作品データ
タイトルアグリコラ
原題・英題表記Agricola
参加人数1人~5人(120分~140分)
対象年齢12歳から
発売時期2007年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

アグリコラのレビュー

  • 215
    名に参考にされています
    2017年07月26日 23時22分

    ワーカープレイスメント系ゲームの代表作。材料集めて、畑耕して農作物作って、家畜飼って、家作って、子供作って、、、ととにかく忙しい。周りの人とバッティングしないようにアクションを考えていくのが、なんとも悩ましいが勝ちパターンがいくつもあるため、やりがいは大きい。やはりスタートプレイヤーをいつ狙いに行くかが非常に肝である。やればやるほどはまっていくまさに沼ゲー。時間はかかるが、是非みなさんにも沼にはまってもらいたい。

    kiteさんのレビューを読む
  • 136
    名に参考にされています
    2017年07月12日 14時26分

    運を味方にして、戦略的に農園経営!最初に配られる職業カードと進歩カードを駆使して、戦略的に農園を経営します。カードは他のプレイヤーにアクションを躊躇させたり、自分のアクションをサポートしたりと様々。誰がより良い農園を経営できるのか、ぜひプレイしてみてください。

    1__rsさんのレビューを読む
  • 155
    名に参考にされています
    2017年06月23日 23時55分

    ボードゲームを始めて、初めての重ゲーがこれ。当時geekでランク上位にあったので日本語版を迷わず購入。世の中ではガチ勢の波にのまれやれ戦略だやれドラフトだとハードルが高めだが、何よりも内輪でほっこり牛や羊を飼いながら「うおおお羊殺さないと飯がねえ、、すまん羊、、」とか言いながら楽しむのが好き!!面白い!!永遠の傑作です農場系のゲーム、というかウヴェのゲームをやったことがない人はここからスタートがおすすめ!2人用とかリバイズド~とかをやった事がないのでなんとも言えないが、私は少なくともこのゲームを2人で何十回と楽しみました!ただやはりカツカツなゲームなので人によっては好き嫌いがありそう、、...

    けーさんのレビューを読む
  • 114
    名に参考にされています
    2017年06月11日 13時08分

    茶色のコマは木材。黄土色のコマはレンガ。これさえ覚えておけば大丈夫。初めてじゃないっぽく振る舞えますよ?木材みたいな色のコマはレンガ、レンガっぽい色のコマは木材と言ってもいいくらい。全然違う話なので、ちょい戻して……アグリコラは、ボードゲームに深くはまりつつあった頃に7000円くらいで売り出されたので、重いの買う時期っていつか来るよねという気持ちで買おう買おうみたいなイメージでした。まずは友達宅にあったので、そちらで遊び……おああ、これは買うわーと即決。で、とりあえずやってみるよね的な。ヒトリコラことソロプレイしてみたわけですよ。1人でも遊べるって面白い(つらい)選択肢が多いソリティアだ...

    星野屑彦さんのレビューを読む
  • 553
    名に参考にされています
    2017年03月26日 00時45分

    人気のゲームだが、あちこちで戦略論が語られ、カードの強弱がハッキリした結果、カードバランスの悪さと(一般的に用いられている)ドラフトとの食合せの悪さが露呈してしまった。このゲーム、職業や小進歩カードによって打ち回しを変える必要があるのだが、その打ち回しに大きく影響を与えるようなカードは大概強力なカードなので、慣れたプレイヤーならドラフトの最初でピックしてしまう。その結果、どのアクションが人気になるのかドラフトの時点で全く推理ができない。さらに、ワーカープレイスメントとしては古い方のゲームであるため、大体のアクションは代えがきかないアクションで救済措置がない。その為、ドラフト時点で思い描い...

    不破(仮)さんのレビューを読む
  • 271
    名に参考にされています
    2017年01月15日 11時55分

    職業カードと小さな奇跡のカード次第で農場生活の方向性がガラリと変わってしまいます。カードも相当数の枚数があり、そのうちの職業・小さな奇跡各7枚計14枚しか使わないので、前回と同じ戦法になることはほぼ無いかも。カードによって、方向性が変わるといっても、カードを使うにもワーカープライスメントのゲーム、先にアクションを取られると使えないので、タイミングを逃すと折角の効果も半減したり…と、流石名作ゲーム良いバランスですね~

    鬼島彪さんのレビューを読む
  • 207
    名に参考にされています
    2017年01月03日 21時30分

    このゲームは、まさにその人の生き様を如実に表すゲームと言えます(ほんとか?)農村民として田畑を耕し、生き物を世話し、四苦八苦しながら食べ物を確保する人がいる傍ら、勉学に励み、土地を開拓し、職業に就きながら優雅な暮らしを進める人もいます。夫婦で細々と暮らす人もいれば、子だくさんでいろいろ手を出して、和気あいあいと暮らす人たちもいます。逆に夫婦で協力し合い繁栄していく人もいれば、子供を作ったはいいけど管理しきれず物乞いに落ちぶれる人もいるでしょう。プレイヤー1人1人に土地開拓の進め方があることでしょう。しかしそれはきっとプレイヤーの生きざまと似通っていると思います。それまで自分が歩んできた道...

    retan0712さんのレビューを読む
  • 536
    名に参考にされています
    2016年05月09日 00時12分

    「ワーカープレイスメントゲームといえばコレ!」という定番ゲーム。です十数人にゲームを広めたけれど、ほぼ全員が、「面白い」と評価してくれたゲーム。17世紀の農業経営が非常に苦しかった時代、プレイヤーは2部屋の木の家と1組の夫婦だけという慎ましい状態からスタートし、草原に牧場や畑を作ることで、農場の発展を目指します。ワーカープレイスメントの基本的なこととして、ワーカーとなるコマ(この場合は夫婦なので2個)を各プレイヤーが持った状態でゲームがスタートし、スタートプレイヤーから順番にワーカーの数だけ、アクションが行っていきます。アクションには、「木を取得」、「小麦を取得」など、資源や食料を取得す...

    oshio_senseiさんのレビューを読む

会員の新しい投稿