マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

太平記 ー血戦 楠木正成ーTAIHEIKI

レーティングの登録/分布

  • 太平記 ー血戦 楠木正成ーの画像
  • 太平記 ー血戦 楠木正成ーの画像
  • 太平記 ー血戦 楠木正成ーの画像

太平記システムの元祖。細部に渡り考え抜かれた名作。

 『太平記』は1990年に翔企画よりいわゆる<SSシリーズ>で発売された作品である。
その後、ゲームジャーナル誌で発表され(筆者注:2001年第二版として)、近年では『WARRIORS OF JAPAN』というタイトルでMMP社からライセンスされた(筆者注:2018年)。発売当初はそのテーマが南北朝の動乱というマニアックな時代を背景にしたことと、その斬新なシステムに驚かされた人も少なくない。(中略)そしてその歴史背景の魅力に取りつかれた人々を中心に、この作品は認知度を高めていったのだ。(以上、「COMMAND MAGAZINE誌152号」じんぼただとし氏の紹介記事)

 発表当時、Simulator誌32号に特集記事が組まれています。
その扱われ方から、当初は1991年に放映されたNHK大河ドラマを当て込んだミーハー作品と考えられていたと思われます。
 ただし、中嶋真氏の開発した斬新なシステムは南北朝というテーマの特殊性とマッチして好評を博し、上記記事(COMMAND MAGAZINE誌152号)では「細部に渡り考え抜かれた名作」と評価されています。
 
 具体的には、「流動性の高い展開を生む主導権ルール」「質と量の対決を簡潔に再現する戦闘ルール」「"何度も再起する忠臣"や"あっさり敵方へ寝返る後継者"などの個性を表現する武将ルール」の三点が特徴的です。
 さらに、本ゲームのルールの凄さは汎用性を持っていることで、多くのデザイナーに模倣された結果、「太平記システム」と呼ばれる共通のフレームワークを持った多くの派生作品を世に送り出しました。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. nmachidanmachida
マイボードゲーム登録者
  • 1興味あり
  • 15経験あり
  • 5お気に入り
  • 15持ってる
テーマ/フレーバー
舞台の時代背景
地域や文化圏など
ゲームの基本目的
主要登場人物/職業や生物
その他のコンセプト
メカニクス
その他のメカニクスや仕組み
作品データ
タイトル太平記 ー血戦 楠木正成ー
原題・英題表記TAIHEIKI
参加人数2人用
プレイ時間120分前後
対象年齢未登録
発売時期1990年~
参考価格本体価格1500円
クレジット
ゲームデザイン
アートワーク未登録
関連企業/団体
レーティング
レーティングを行うにはログインが必要です
10点の人-非公開
9点の人-非公開
8点の人-非公開
7点の人-非公開
6点の人-非公開
5点の人-非公開
4点の人-非公開
3点の人-非公開
2点の人-非公開
1点の人-非公開
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘2
アート・外見0
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 1件

59名
0名
充実
本ゲームの特徴として代表的なルールが、「流動性の高い展開を生む主導権ルール」「質と量の対決を簡潔に再現する戦闘ルール」「"何度も再起する忠臣"や"あっさり敵方へ寝返る後継者"などの個性を表現する武将ルール」の三点です。主導権ルール将棋の振り駒のように、ランダムにて先攻/後攻...
続きを読む(24日前)
皇帝
nmachida
nmachida

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿