マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 45分~55分
  • 8歳~
  • 2013年~

サンスーシyururirariiのリプレイ日記(2020年9月10日)

46
名に読まれています
2020年09月10日 12時26分

サンスーシ宮殿の庭園を造っていく箱庭ゲームです。ゲーム開始時にランダムで個人ボードを配りますが、それぞれ既に描かれているモチーフ(噴水や階段、東屋等)が違ったりしますが不公平感はありません。その後ボーナスカードが2枚配られますがこれはゲーム終了時にそのモチーフ担当の貴族が下に進んだ分の点数が再度得点できるのでこれは重要です。悩まずこのボーナスカードを指針にゲームを展開していくと良いでしょう。あまり露骨だと他プレイヤーの妨害(先に取られる)を受けますがこのゲームのインタラクティブはそこだけなので柔軟に受け流してあげましょう(他の得点要素で頑張るかやり返す等)

開始時に個人ボードに各モチーフ担当の貴族コマを配置、全員同じ構成のカードを18枚配られますのでそれをカットして山札デッキにして上から2枚手札にします。後は毎手番に1枚プレイして1枚デッキから補充していくので全18手番でゲームは終了します。

個人ボードは一見空白マスだらけなので最初は全部埋めたいと思いがちですが、各自18枚しかタイルを取れないので取捨選択は大事です。

カードの構成はモチーフ9種各1枚、色カード9枚(青と白のように2色描かれているカード8枚、オールマイティ1枚)です。2色の色カードがどちらの色としても使えるので使い勝手は悪くないようです。

中央のボードにプレイヤー人数に応じたモチーフタイルを近くの裏向きタイル山から各色(5色)エリアにランダムに置きます。

各色エリアは其々2か所あるので全部で10枚のモチーフタイルが表向きに配置されたらゲーム開始です。

①カードのプレイ 手札から1枚プレイします。モチーフカードなら該当のモチーフタイルを中央から取得します。この時に取得したエリアの色が重要です。個人タイルの横列が色区分されているので同じ色とモチーフ(縦列)が交わる座標に基本的には必ず置かなくてはならないからです。置きたいマスには置けないのです。尚、中央ボードに該当のモチーフが無い場合には、好きなモチーフを取得することができますが配置条件は一緒です。

色カードなら2色のうち好きな色エリアにあるモチーフタイル4枚の中から選ぶことができます。勿論、取得したモチーフタイルはさっきのエリアの色横列と交わる座標にしか置けません。

☆横列の完成時得点=10-上から数えて何段目 

☆縦列の完成時得点=5点

但し、既にそのマスが何かしらで埋まっている場合には、違う色マスに置くことができます。その際には裏向きにして庭師(完成時はモチーフ扱い)を表示して配置します。このテクニックを利用して目標のモチーフを完成してボーナスカードの達成を狙うのが得策ですが、デメリットもあります(後述)違う色マス(縦方向)も埋まっている場合には横方向にも置けるようになります(十字方向)それも埋まっていたら任意の空白マスにおけます(庭師として)

②貴族コマの移動 任意で一つの貴族コマを移動することができます。なんと移動距離、方向は無制限です!その代わり各種縛りがあるわけですが、

(1)空白マスには移動できない(2)庭師タイルの上では止まれない(通過可能)(3)最後に止まるマスは自分の担当のモチーフの下段のいずれか且つ前に置かれていた列より一段以上下段であること。これを守れば移動中は他の貴族のいるマスを通過しても良いですし、一旦上方向に移動したり横に移動したりと庭園内を縦横無尽には歩き回ることは可能です。終わり良ければ総て良しなのです。

③貴族コマの得点 貴族コマが移動したならその横列に書かれている数字が得点となります。必ず下方に向かって進んでいたはずなので得点はどんどん増えていきます。この毎手番の得点の積み重ねが大きいです。モチーフの配置によってはいきなり2段以上完成することもありますが、貴族は必ず最下段に行かなくても良いので手番を重ねてちょこちょこ得点していくこともできます。5→7で計12点でなくて、5→6→7で計18点とか?

④手札の補充、モチーフタイルの補充を終えたら手番終了!

全員が手番を終えたら最終得点計算です。

それぞれの横列、縦列の得点を計算、加算した後にボーナスカードをオープンして、そのモチーフ担当の貴族がいる横列の点数を加算します。まあ殆どのプレイヤーが最下段を目指すのでここで差がつかないようにしましょう。

拡張ルールとして、ゲーム開始時に個人ボードに載せる特殊タイルがあります(ピラミッド状で10マスぐらい)そこにはタイル配置時にプラスやマイナスのマスや庭師のマスも描いてあります。2回目は是非こちらを!

個人的には貴族コマの加算(最大18回)が大きいと思います。庭園の完成(貴族ルートの完成)頑張りましょう!



勝敗プレイヤー名最終得点
yururirarii

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!

参加者 1人
2020年09月10日

このリプレイ日記をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 14興味あり
  • 37経験あり
  • 1お気に入り
  • 17持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力2
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルサンスーシ
原題・英題表記Sanssouci
参加人数2人~4人(45分~55分)
対象年齢8歳から
発売時期2013年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインミヒャエル・キースリング(Michael Kiesling)
アートワーク未登録
関連企業/団体ラベンスバーガー(Ravensburger Spieleverlag GmbH)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿