マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 5分~10分
  • 9歳~
  • 2017年~

日本60名山カードゲームあんちっく@11/14-15ゲムマ2020秋さんの戦略やコツ

15
名に参考にされています
2020年09月28日 09時51分

『日本60名山カードゲーム』は
ダブルスートメイフォロートリックテイキングであり、
親番が「地域」または「高さランク」を指定できます♪
このため、指定時の切り札をある程度、把握したり、
全体的な傾向をつかむ事で勝率をつかむ事ができると思います♪
(途中からカードゲームなのか、日本の地理的特徴の話なのか
訳が分からなくなりますが、ご了承を~♪)

なお、作風としては同時出しする作品であり、
メイフォローなので、
どのカードをいつまで温存するかなどの
読み合いと戦略が楽しめる作品です♪

■地域別枚数分布

北海道・東北  :12枚
上信越・関東  :12枚
中部      :16枚
北陸・関西・中国:10枚
四国・九州   :10枚

まず、高さS級A級は白山(高さA級)の1枚を例外として、
中部、上信越・関東に集中しています♪(日本列島は中央部が高い!)

ちなみに富士山以外の高さS級は中部に集中してますが、
地域的に枚数が多くて稀少価値は少ないという
バランス調整になっているものと思われます♪ ※個人的推測です♪


■各地域のTOP3

地域:北海道・東北のTOP3~♪
1位:大雪山
2位:鳥海山
3位:トムラウシ山
大雪山は有名ですが、そもそも北海道最高峰なんですね♪d(^^)

地域:上信越・関東のTOP3~♪
1位:富士山
2位:八ヶ岳
3位:金峰山

地域:中部のTOP3~♪
1位:北岳
2位:穂高岳
3位:間ノ山

地域:北陸・関西・中国のTOP3~♪
1位:白山
2位:大峰山
3位:大山

地域:四国・九州のTOP3~♪
1位:石鎚山
2位:剣山
3位:宮之浦岳

■高さランク別枚数分布
S級:11枚
A級:10枚
B級:10枚
C級:19枚
D級:10枚
C級が圧倒的に多いです♪(^^)<これをどう活かすか?

■各高さランクのTOP3

高さランクS級(3000m以上)のTOP3~♪
1位:富士山
2位:北岳
3位:穂高岳
1富士2北3穂高~ですね♪(^ω^) これは有名♪

高さランクA級(2500~2999m) のTOP3~♪
1位:剱岳 2999m←分かりやすい切り札♪
2位:甲斐駒ヶ岳
3位:木曽駒ケ岳
駒ケ岳が続くので覚えやすくもあります♪(^ω^) なお、全て地域:中部!

高さランクB級(2000~2499m) のTOP3~♪
1位:男体山
2位:妙高山
3位:大雪山
ちなみに大雪山は 地域:北海道・東北の1位(切り札)なので
高さランク指定時に使用するよりかは 地域指定時に出したい♪

高さランクC級(1500~1999m) のTOP3~♪
1位:月山
2位:石鎚山
3位:谷川岳
石鎚山は地域:四国・九州の1位! 高さランクでも2位!
実は富士山の次に使い易いぞ♪

高さランクD級(1500m未満) のTOP3~♪
1位:阿寒岳
2位:雲仙岳
3位:天城山
低いけど有名どころが多いのかも?です♪
阿寒岳は地域:北海道・東北では最下位ですが、 高さランクDでは1位です♪

■最後に
覚えたら勝てるという訳ではないですが、
有利にはなると思います♪v(^^)
基本的には思い出を語りながら
ワイワイ楽しむ作品とも言えます♪(^ω^)

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
日本60名山カードゲーム
日本60名山カードゲームの通販
登山愛好家山岳部必見の山のカードゲーム!(日本版)
残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 660(税込)
あんちっく@11/14-15ゲムマ2020秋さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 4興味あり
  • 2経験あり
  • 1お気に入り
  • 3持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトル日本60名山カードゲーム
原題・英題表記Japan 60 Famous Mountain Card Game
参加人数2人~6人(5分~10分)
対象年齢9歳から
発売時期2017年~
参考価格500円
クレジット
ゲームデザイン善勝寺 有常(Aritsune Zenshoji)
アートワーク山岳写真提供 PIXTA(ピクスタ)
関連企業/団体あんちっく(Antic)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

あんちっく@11/14-15ゲムマ2020秋さんの投稿

会員の新しい投稿