マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 120分前後
  • 12歳~
  • 2009年~

インペリアル2030Rei Asanoさんのレビュー

206
名に参考にされています
2016年10月09日 17時21分


インペリアル(Imperial)』のリメイク的続編。
西暦2030年を舞台にプレイヤーは大国を影で操るグローバル資本家となって富の獲得を目指す。
6つの大国(ロシア、中国、インド、ブラジル、アメリカ合衆国、ヨーロッパ)が登場するがプレイヤーはあくまでもこれらの国に対する「債権者」であって代表者ではない。なので債権を他のプレイヤーに購入されると支配権を奪われてしまう。
なので見た目はウォーゲームのようだが実際は投資ゲーム。描かれているのは『アクワイア(Acquire)』と同じように資本主義、金がすべての世界。
世界中で戦争が起こって国の勃興と衰退が頻繁に発生する。しかし、国家はマネーゲームの道具に過ぎないので弱体化したら見限って別の国に肩入れしてしまえば良いのである。

一握りの資本家の都合のために人命(ゲーム中では陸軍コマ、海軍コマ)が儚く散っていくさまを思い浮かべてプレイしてほしい。
アクワイアがマッチポンプ的に会社を潰したり興したりすることで資本主義のエッセンスを描いたように、インペリアル2030では債権者の為の戦争を通して資本主義を恐ろしさをあぶり出している。


初代インペリアルとの違い

  • 債権に30millionのものが追加
  • 運河(ある中立国を支配しているプレイヤーが他のプレイヤーの海軍の行動を一部制限できる)の導入
  • 徴税(Taxation)時、国の担当プレイヤーが得られる報酬が若干変更
  • 大国の本土エリアが各国とも4つに減少。中立国は増加。
  • ロンデルを4枠以上進む場合のコストが変更
  • 他、デザイン等で細々変更
0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Rei Asanoさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 17興味あり
  • 18経験あり
  • 7お気に入り
  • 13持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力2
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘2
アート・外見0
作品データ
タイトルインペリアル2030
原題・英題表記Imperial 2030
参加人数2人~6人(120分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2009年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク