マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

エピックスペルウォーズEpic Spell Wars of the Battle Wizards: Duel at Mt. Skullzfyre

  • エピックスペルウォーズの画像
  • エピックスペルウォーズの画像
  • エピックスペルウォーズの画像
  • エピックスペルウォーズの画像
  • エピックスペルウォーズの画像
  • エピックスペルウォーズの画像

お前は魔法対戦に臨む最凶の魔術の腕前を持っているか!?

海外版の日本語解説ルールでは、『イケイケ魔術師軍団のめちゃスゴ魔法大戦 : 火吹骸骨山の決闘』という何とも物凄いタイトルで流通していましたが、2020年に完全日本語版が出た際にタイトルが『エピック・スペル・ウォーズ』という無難なタイトルに変更されました。

プレイヤーは魔術師となり、派手な魔法を互いに繰り出して、直接に相手を叩きのめすという過激なゲームです。

内容はこの手のゲームとしては過激な部類に入り、年齢指定も「15歳以上」と明記されているだけでなく、パッケージにも「警告:成人向け内容を含みます」とか「注意:ヤバい系の言葉やめちゃくちゃ暴力的なイラスト入り」と書かれています。(と言ってもイラストはかなり海外のユーモラスでマンガ的な描写となっていて、血や暴力の描写はあるもののリアルなものではありません。)

アメリカ本国ではそれなりに好評らしく、拡張・続編がいくつも発売されているようです。

ゲーム内容は基本的にカードのみの構成で、3種類のカードを自由に組み合わせて、膨大なパターンの「魔法」を作り上げ、相手にダメージを与えたり、自分のHPを回復させたりします。
当然3種類を組み合わせるのが強力なわけですが、より少ない枚数で発動させることもでき、カードが揃うタイミングを待つより早く発動さえることも有効な戦術になります。
(各40枚の効果は同じものが2枚ずつで、基本的に異なるので、単純計算でも20×20×20=8,000通り!これに2枚のみの発動や1枚限定の発動が加わるので…かなり膨大!)

生き残っているのが最期の一人になったらマーカーをもらって1ラウンド終了となり、この勝利マーカーが2つになった魔術師が最終的な勝者となります。

ご想像の通り、露骨な叩き合いの直接攻撃なので、好みは分かれると思いますが、ちょっと独特な雰囲気のゲームなので、もし気になるようでしたら触れてみて下さい。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. BluebearBluebear
マイボードゲーム登録者
  • 9興味あり
  • 21経験あり
  • 6お気に入り
  • 36持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見1
作品データ
タイトルエピックスペルウォーズ
原題・英題表記Epic Spell Wars of the Battle Wizards: Duel at Mt. Skullzfyre
参加人数2人~6人(30分前後)
対象年齢15歳から
発売時期2012年~
参考価格4,180円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

68名が参考
(2021年05月08日 16時37分)
2012年にクリプトゾイック・エンタテインメント社からリリースされた、魔術師同士の魔法対決をテーマにしたカードゲームです。2012年に、ゴールデンギーク・ベスト・パーティ・ボードゲーム賞にノミネートされた作品で、海外ではすでにいくつもの拡張セットが発売されています。2020...
続きを読む(Bluebearさんの「エピックスペルウォーズ」のレビュー)
Bluebear
Bluebear

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿