マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分前後
  • 13歳~
  • 2008年~

ドミニオン:ギルドボードゲームカフェプラス@梅田さんの戦略やコツ

25
名に参考にされています
2020年04月09日 20時50分

ドミニオン ギルド 攻略


この攻略には、カード名などがそのまま出てきます。お手元にカードを用意するか、ドミニオンwikiなどでカードを調べながら読み進めていただきたいです。


ギルドでは、コイントークンと購入時の過払い効果が増えました。


まずは、ゲームを大きく変えるコイントークンとについて書いていきます。


コイントークンは、貯金できる財宝です。

パン屋は、1ドロー1アクション1コイントークンという効果です。

これは、市場の1ドロー1アクション1金1購入と比べると、購入権がなくなり、1金が1コイントークンに変わった形です。

1金と1コイントークンの大きな違いは、金量の調整ができることです。このターンは、10金出たのに、次のターンは6金しか出なかった。こうなると、属州は1枚しか買えません。


8金とコイントークンと2つが出たターンと、6金が出たターンがあると、2ターン連続で属州を買うことが出来ます。


コイントークンがあると、安定度が増します。そのため、ゲーム速度が速くなる傾向にあります。


次に、コイントークンつながりで肉屋の説明をします。

肉屋は、使うとまず2コイントークンが出てきます。そのあと、任意効果で手札の1枚を廃棄した場合、好きなコイントークンの数を支払うとコストアップできるカードです。

このカードの強みは、廃棄を任意で選べることです。

廃棄せずにコイントークンを集めておきたい時、手札の呪いを廃棄して銅貨に変えるときなどは、2コイントークンを余らせることが出来ます。

他の改築系カードにない柔軟性を持っているため、どんな場でも強いカードとなります。


商人ギルドについて書きます。

このカードは、テキストを読むと地味に感じます。1購入するたびに、コイントークンを1つ得る。そんなに強いのかと感じますが、この強さは、商人ギルドを複数枚並べると話が変わります。

例えば、商人ギルドを3枚並べた状態で、3購入を行うと、コイントークンは3×3で9枚入ってきます。

このように、複数枚の商人ギルドを並べることが出来れば、20コイントークンなどを一気に集めることも可能です。

ただし、注意点があり、商人ギルドで得たコイントークンは、基本的にはそのターンに使用することが出来ないため、注意が必要です。

コイントークン40個集めたけど、ゲームが終わってた!とならないように、ゲーム速度を見て、購入を行いましょう。


次は、購入時の過払いについてです。

購入時で追加で金を支払うと、線の下の効果が得られます。

石工であれば、7金出た時に、7金で石工を購入することで、5コストのカードを2枚獲得することが出来ます。

これにより、サプライからすぐにカードがなくなっていくので、3山枯れが起こりやすくなります。

また、石切場や橋の効果などで、サプライのカードのコストを下げておくと、石工の効果はさらに強くなります。

石切場でアクションカードのコストを2下げると、石工は0コストで研究所は3コストとなります。それにより、3金で研究所2枚と石工1枚が手に入ります。

このように、サプライのコストを下げるカードがある場合は、石工の存在に気をつけましょう。


購入時の過払いについては、医者の説明もします。

初手5金スタートの時に、いきなり医者で過払いをすると、山札の残りの5枚のカードの内、2枚を廃棄することが出来ます。

基本的には5金が出たら、強い5金のカードを買うことが定石ですが、このようにゲーム開始時から廃棄を進める方法もあります。

また、死の荷車(アクションで5金を生み出す)など1度に金量を出すことが出来るカードを使用してから、医者に過払いすることで、一気に圧縮を進めることが出来ます。

ドミニオンにおいて、圧縮はとても強いので、購入時に圧縮できる医者は使い方によっては、化けます。


その他のカードとして、熟練工があります。

このカードは、指定したカード名のカードを飛ばしながら3ドローできるドローカードです。初期デッキであれば、屋敷もしくは、銅貨を指定すると、山札を大量にめくることが出来ます。

他のドローカードと違い、山札を大量に巡ることを利用して、デッキの回転速度を大幅に上げることが出来ます。

デッキの回転速度を上げることで、購入したカードがすぐに山札に入り、デッキが強くなる速度が速くなります。

このように熟練工は、ただのドローカードとしてだけでなく、山札をめくるカードとして見るとその優秀さがわかります。


ギルドに関する攻略情報は、以上となります。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
ボードゲームカフェプラス@梅田さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 92興味あり
  • 356経験あり
  • 72お気に入り
  • 322持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルドミニオン:ギルド
原題・英題表記Dominion: Guilds
参加人数2人~4人(30分前後)
対象年齢13歳から
発売時期2008年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

ボードゲームカフェプラス@梅田さんの投稿

会員の新しい投稿